音楽

【Live後記】昭和歌謡の世界 8/26(木)

8月26日(木)は、浅草「舵輪」にてペガサスとの2回目の昭和歌謡でした。
最近ライブレポを書いていませんでしたが、
こんなコロナ禍こそライブレポが必要だな、、、と思ったので、
今回は頑張って沢山書きたいと思います!(笑)

240785183_6028651020543033_1520001900799

本日のラインナップ
1.魅せられて(ジュディ・オング)
2.君は天然色(大滝詠一)
3.スローなブギにしてくれ(南佳孝)
4.異邦人(久保田早紀)
5.二人でお酒を(梓みちよ)

1.17才(南沙織)
2.モンローウォーク(南佳孝)
3.北の宿から(都はるみ)
4.この木なんの木
5.真夜中のドア Stay With Me(松原みき)
6.いい日旅立ち

今回は、7月に亡くなった音楽プロデューサー酒井政利さん、5月に亡くなった小林亜星さん、今年50周年の作詞家松本隆さんをフューチャリングしてお届けしました。

なんせ沢山あるので、選曲に悩みますね。(笑)

「魅せられて」は酒井政利さんがプロデュースでチョイスです。
好きな男の腕の中でも、違う男の夢を見る~♪という実に、大人な背徳感ある歌詞の世界です。
やはり、イントロのフレーズは外せない(笑)、ペガサスのお二人にお任せでスタートです。

「君は天然色」大滝詠一   作詞  松本隆
松本隆さんの歌詞は、1度読んだだけでは歌詞の意味が解釈出来ません。(笑)
当時80年代くらいから、こういう歌詞の解釈の難しさや、リズム優先にワードチョイスしてるかのようなフレーズ、メロディー優先に課しを乗せていくテクニック。この時代は、桑田佳祐さんとか台頭してきますね。

君は天然色はAメロ、Bメロ、歌詞の音の譜割りが違います。敢えてそんな面倒な(笑)難しくしてるのはなんでや?と作曲の大滝さんに聞ーときたい気分です。
でもその手の込んだ点も、自然に聴こえるシンガーのテクニックの高さを感じます。
改めて、歌って勉強になる曲でした。

「スローなブギにしてくれ」も、松本隆さん作詞。
これは、ストレートな歌詞で、出だしのWant you~♪がカギとなっています。先日TV番組で送られてきたデモテープにこのWant you~と入っていて、そのまま採用したという裏話でした。
作詞家も納得させた、出だしだったんですね。(笑)君を知りたくて、と甘えつつ、弱い部分を見せてしまった、と男ごころ揺れ動きをストレートに歌詞にしてる、女ごころくすぐる歌詞です。(笑)そして、ラストに、お前が欲しい~♪と口説き文句ですね。
このスローで3連のアレンジが心地よく揺さぶりますね。
大人な歌詞ですね、歌っていても楽しかったです。

「異邦人」'79 久保田早紀さんヒット曲。酒井政利さんプロデュースです。
これは、当初スローなテンポだったそうで、これは違うとテンポを上げたという裏話があります。
テンポを上げたことで、よりエキゾチック感が増してる気がしますね。
オリジナルの透明感を残した声質で、癖をつけないで歌いたい曲です。

「二人でお酒を」 '74梓みちよさん
ショートヘアでファッショナブル、カッコいい女性のイメージでしたね。
そしてこの曲は、Bメロでしゃがんで歌うというスタイルが斬新で目を引きましたが、私はやはり歌詞の深さに注目しています。
人生の甘いも酸いも超えて、それでその先にあなたと会いたいという気持ちを私は感じ取ってしまいます。(笑)
ふとした時に思い出す人、でも会えば似た者同士で合わない。(笑)でも会いたいという、大人な世界がこの歌詞にはありますね。
なので、女の醍醐味を梓みちよさんのように男前に歌うのがいい。可愛いだけの女には歌えないな。。。あはは

「17才」 '71 南沙織さんのヒット曲で、酒井政利さんプロデュース。
タイトルどおりの17才という年齢を感じる、初々しさを前面に出てる曲ですね。歌の出だしは、ウン(8分休符)タータタタ タタというリズムが休符からターと伸ばす部分に行く点で、甘ったるくなります。(笑)譜面上、イーブンにフラットに歌えなくはないけれど、それでは味気ない。ここは敢えてそこにアクセントがある気がしてならないのです。それが、17才の若さ、甘さを表現さえしてる気がします。
好きなんだもの 私は いま 生きていると最後の歌詞は、好きという思いそのものが17才には生命力のような、エネルギーを感じます。
歌っていて、楽しかったです。

「モンローウォーク」'79 南佳孝さん
これは、スローなブギにしてくれをチョイスしてたら、タクさんのギターが聴きたくて選曲しちゃいました。(笑)
歌詞を見ると、まるでイパネマの娘。(笑)作詞は来生えつこさんですが、男心を詠んでいますね。
南佳孝さんのこのエロい感じの歌詞が似合いますね~。そして、南佳孝さんも、メロ有りきな感じ。(笑)歌詞に充てたメロではなく、メロに充てた歌詞って感じが、歌って分かる。だから、歌いにくいと言えば歌いにくい。ま、今のJ-POPはこれが主流ですけど。
だから、抽象的な歌詞になると、余計言ってることがわからないんですよね。

「北の宿から」'75 都はるみさん 作詞 阿久悠さん 作曲 小林亜星さん
今回は、ド演歌を選んじゃいました。以前に、阿久悠特集をやった時は、さすがにあのサテンドールでド演歌を歌うわけには躊躇われましたが、今回はやっちゃいました。私は、今回新境地となりました。
阿久悠さんは、女の情念を書かせたら天下一品。(笑)この歌詞は、語りの歌詞なので、歌うより語る想いに重きを置きました。
サビは、ガ鳴りーの、節つけまくりーの、しゃくりーの、やりたい放題です。あはは
Cメロになると、あなた 死んでもいいですか?という歌詞。今では、コンプラだの、メンハラだのと言われそうですね。
情念を死んでもと言ってしまう、怖~~い曲ね。(笑)魂で歌う曲です。

「この木 なんの木」 作詞 伊藤アキラさん 作曲 小林亜星さん
亜星さんと言えば、このCMソングが外せませんでした。今は無き社名のNational!そして、同じ5月にこの作詞家伊藤アキラさんも亡くなられいて、歌うしかないっしょ!と思ったのです。
譜面も入手出来て、やっちゃいました。とてもHappyな歌詞だったんだ、、、と、歌っていて心温まる歌詞でした。
タクさんが「日本はCMソングもフルバージョンで制作する」とMCを挟みつつ、楽しく歌いました。
お二人へ、合掌。

「真夜中のドア Stay With Me」 唄 松原みきさん
これは、TV番組で紹介してるのを聞いて、ああ、こんな曲あったな、、、って思って、今回選曲に挙げました。
シティーポップ感が心地よくて、いいですね。ちょっと小慣れなくて、次回はもっとうまく歌いたい。
この曲は、海外の方がYouTubeに載せて、リバイバルヒットもしたそうですよ。

「いい日旅立ち」 '78 山口百恵さん 
酒井政利さんプロデュースで選曲しました。酒井さんは、この後松田聖子さんなど80年代のアイドルを手掛けますね。
百恵さんの声質の質感を大切に、抑揚をつけず、歌詞へ思いを込める。そんな唱法が、歌詞をサビのフレーズを活かしてると思います。

昭和歌謡は、オリジナルをなぞりつつ、その上で自分の解釈を上手く載せていきたいと思わせます。
それは、より昭和歌謡の解釈と歌手としての実力も問われるな、と思いながら、「あ、こんな曲った!」と発見しながら楽しんでいます。
今になって、日本の曲から学ぶもの多く、表現力をスキルアップしてくれてる気がします。

ペガサスのあんぽさんとタクさんとご一緒すると、お二人の長年共演するからこその息のあった演奏に安心して身をゆだねていける、幸福感があります。
タクさんは、まさにその時代をリアルに弾いてきた方なので、そのリアリティーたるや(笑)、それを音で感じてるって幸せですね。
そして、お二人はラジオ番組をされているので、二人のトークはラジオを聴いてような、軽妙さを感じ心地よいんですね。
それも楽しい一つです。

今回は、コロナ禍ということもあり、自分でレポを熱心に、ほんと久しぶりに書きました。
少しでも興味を持っていただけたらと思いますし、遠方の方は聴く機会がないので、楽しんでもらえたらと思いますし、ライブに来れなかった方は、次回の楽しみにしてもらえたら、と思い、書きました。

どうぞ、次回の昭和歌謡を、、、、お・た・の・し・み・に💛

| | | コメント (0)

ライブフォト

6月のレコ発ライブの一枚

218964326_1003009953858383_1289099296764

頑張ろう。

| | | コメント (0)

【SWAK】Jazz雑誌「Jazz Japan」132号に掲載されます!!

2021年7月26日創刊の
Jazz雑誌「Jazz Japan」132号に
SWAKのインタビュー記事が、
見開き2ページで、ど~~~んっと掲載されます!!

Img009-3

皆のバンドや音楽性について思う事、
私のバンドに対する思いなど、徒然なるままに語りました。
記者さんが上手にまとめくださいました。あはは

是非、ご購読ください。

| | | コメント (0)

【SWAK】レコ発ライブ

昨日7月3日(土)は、昼・夜の2部制でレコ発ライブ@六本木「All Of Me Club」でした。

209366866_1739050682954399_3237858138473
お足元、また交通機関状況が悪い中、本当にありがとうございました。
コロナ禍ではありますが、地方からもお越し頂きまして、感謝に耐えません。

SWAKは5人、ゲストミュージシャン2名を含め、7名編成という大所帯でのレコ発ライブが出来たこと、充実した、そして本当に楽しく、改めて贅沢なレコーディングだったんだな、と実感しました。
リーダーとしては、滞りなく終了したことに、ひたすらホッとしております。(笑)

210055273_1739050512954416_3381412033835
リスケジュールでのライブにて、時期的にワクチン接種やタイミングが付かなかった方もいましたので、次回はSWAKのステージを楽しんで頂きたく思います。

211403579_802493870431164_52829382118137
211706961_183058720449541_35990289323597
212103714_331437678427174_55699075509016
208220636_189033753067096_66319538306425
208759365_1739050859621048_4708395633095
208148656_322021229657690_25527129806273
ミュージシャンも昨今は、ライブ活動もままならないご時世、それに20時までの営業とステージが短い中で、この日は50分x2回の2回転でしたから、今日の私の身体は喉も含めて、完全に休息が必要な状態でした。
身体がその時間をこなすだけの気力・体力、集中力が結構ギリギリなんだという現実にショックを受けました。
でも、それでもそこをやる、ミュージシャンとしての意地を自身に課した、そんな気分にもなりました。
このご時世に負けてはダメだ、弱気になってはダメだ、と自分を鼓舞してる、いやSWAKが後ろ向きになせない存在になっているのかもしれません。
そんな事も思う一日でした。

これからもメンバーが持ち寄るサウンドに刺激を受け、紡ぎ出す音に歌を躍らせ、聴いて下さる方たちの心に届く音楽を、私たちの音楽を楽しんでもらえるように、愛してもらえたらと思います。

どうぞ皆様、オリンピックありそうですから、
ご自愛くださいませ。

| | | コメント (0)

【SWAK】レコ発ライブ@浅草「舵輪」

更新が遅くなりました。
緊急事態宣言の中、舵輪にてレコ発ライブを行いました。
お越しくださいました、皆様ありがとうございました。

197571825_5575919152483245_2291565636498
今夜は、SWAKのオリジナル曲の発表もありました。
コンポーザーは、ギターの鷲尾広太さん。
「Sealed With A Kick」
正に、SWAKのテーマ曲が出来ました。

ラテン、スイングと切り替わりながら、他の楽器が入っても
セッション出来るアレンジです。

195111425_5575919155816578_6576889525034

193240902_5575919159149911_2431588065876

194946184_5575919149149912_2049004682689

192440994_5575919145816579_8245541471110

195793385_5650459921695480_4568991509049

197706601_5650459911695481_8787787420777

ライブ時間も短いので、MCも少なめにコンパクトに
アルバムナンバーを全曲、無事に終了です。

今、水面下で配信や媒体への展開をまだまだ計画中ですので、
追ってお知らせ致します。

本日、アルバム1曲目の「Take Five」を配信しました。
https://youtu.be/e9tPGYBOy8M

チャンネル登録、是非お願いします。


| | | コメント (0)

【SWAK CD発売】CD発売のチラシです!

Img005

色々、ネット通販、動画配信など準備が整いましたので、
一旦チラシも作成となりました。

もう面倒ですから、全て(笑)SWAKで検索が簡単よ~♪
どうぞよろしく!!

| | | コメント (0)

【SWAK CD発売】MV配信になりました!!

続きまして、動画配信、ミュージックビデオの配信です。
この小出し戦法。(笑)
いや、単に発注、納品のタイミングなんだけど。あはは

SWAK Youtubeチャンネルを作成しましたので、今後も配信していきますので、
よろしくお願い致します。

https://youtu.be/M8-R010PygI

Swak

お楽しみください。

私の大好きな、ドラマでも使われるバーがありまして、
そこで撮影しました。

どう??メジャー感出てるでしょ??

| | | コメント (0)

【CD発売】ネット販売が開始になりました。

Photo_20210520162101

本日、ネット販売が可能になりました。
予約販売開始です。6/4(金)発売になります。

Amazon、楽天も可能です。
簡単に「SWAK」でジャンルをCDで検索すると簡単にヒットします。
私の個人名では出てこないので、ご注意を。

どうぞよろしくお願い致します。

| | | コメント (0)

今朝の夢心地の悪さったら・・・

今朝、珍しく覚えているくらいの、目覚めの悪い夢を見た。

大先輩のミュージシャンと一緒に仕事して、
1stセット終わった後に、その先輩から
「そのままセカンドセットをやるつもりか?」
「そんなんでやるつもりか?」と
嫌味と圧力をかけられて、
怒りに譜面をビリビリに破って、セカンドステージを捨てて帰るって夢。

Yume_man

目覚めて思ったのは、悔しかった感情より、
ああ、練習不足の警告かな。

コロナ禍に負けずにがんばれ、という啓蒙かな、、、って。

その割には、一時給付金の申請手続きに3時間くらい集中してたりして。。。
あはは

歌ってナンボ。
歌いたい。とっても。

コロナの収束の目途も立たず、
音楽活動が壊滅的で、本当にしんどいですが、
とにかく、シンガーとしても身が死なないよう、精進します。

| | | コメント (0)

文化庁申請でお世話になった方々

今回の、文化庁の芸術家向け活動支援補助金申請は、
多くの同業者が申請したと思います。
私もその恩恵を受けることが出来ました。
 
今日はその中で、お礼がてら特筆したいなと思って書くことにしました。
まずは、菊ちゃんことSWAKのベーシスト、菊田茂伸氏。
彼も自身で私より早いタイミングで行っていたので、色々熟知しておりました。
なので、何かって言えば、彼に昼夜問わず、聞いていました。
もう菊ちゃんは本当に優しい人で、嫌な感情を全く表に出さず、
即レスで答えてくれて、困ってると手伝おうか?とまで言ってくれて。。。
彼のサポートが無ければ、文化庁の言ってること、意味が分からず、
何往復もやり直ししてたと思います。
 
改めて、菊ちゃん、ありがとう。
最後は、意味不明な質問に「そんな事書かれてましたっけ?」と言われ、
私は『テヘペロ』状態でした。
 
それから、私が毎日参考にしてた動画をご紹介しておこうと思います。
今も経産省や文化庁のAFFなど申請可能なものがいくつかあり、
紹介していますので、ご紹介とお礼がてら特記いたします。
 
申請書作成にあたり、いくつか動画を観てて、
この方の動画が一番為になりました。
 
『オンカク音楽家がお金に強くなる税理士チャンネル』
https://www.youtube.com/channel/UCGQIrTs2JJBrEZjOxl9XgOw
 
栗原さんという税理士さんの動画で、
特に音楽家に特化して説明をしてくれています。
なので、何にみんな困ってるのか?とか、こんな経費はどうするの?とか、
あるあるな問題が、本当にこの動画で解決して、
私は申請時に困ることが実は一つもありませんでした。
 
それ以上に、申請の事務手続き以前に、
「あなたの音楽家としての心構え」という導入部分から解説があり、
それが私には大変大きかったのです。
本当に背中を押してもらいました。
 
音楽家こそ、お金に強くあれ
 
会計処理と言うより、栗原氏はコンサルティング、マーケティングを得意としているようです。
だから、私もその辺を含めて、動画を拝見しております。
大変、面白いです。私自身がマーケティングとか嫌いじゃないという側面もありますが。
 
私が一番、素敵だな、と思ったのは、栗原さんが動画を発信しながら、
こんな質問が多かったです、と解説し、最後に相談があればお寄せください、
それを解説することが、同業の仲間を助けることになります、って。
この苦難を皆で乗り越えようぜ、というスピリッツです。
なので、ご興味あり方は、栗原さんの動画、ご覧ください。
 
そして、余談ですが、
そこから私は、音楽とは全く関係ないんですが、毛筆の筆耕関係でお世話になってる某企業にですね、、ちょっと思いついて「企画書」を提出したんですよ。
サラリーマン時代だって、そんな「企画書」出したことないのに。(笑)
パワーポイントで企画書作って、起承転結にまとめて、施策の工程まで考えて。。。
我ながら自画自賛状態ですが、
でも、上から、今期の事業計画に組み込みますと、言ってもらいました。
実際の動きはこれからですが、企画が通るのは、嬉しいものです。
自分の中での創造力がアップしてるんだ、と嬉しくなりました。
Da71e7e5582284a4c9e4bc6e589f7b57_w
 
また、そんなことが、間接的にても仕事に活きればいいな、と思います。
今自分にできること、、、そんな思いです。
 
今日は、本来ならレコ発ライブ。
7月3日(土)に延期です。
また改めて告知します。
今日、予定してくださった皆様、申し訳ございません。
延期ですが、次回お待ち申し上げます。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧