芸能・アイドル

米津玄師の世界観の考察に苦しむながら、、、楽しむ。

「STRAY SHEEP」のMVが解禁になり、早くもミリオンとか。
私は、音楽アプリでなんか有料会員だったみたいで(笑)、全曲聴けてしまった。
なんか珍しく、ここ数十年で(笑)邦楽をアルバムまるっと聴くことは、実はなくて、それだけ中毒性があります。

Om3ckw4

歌詞が全く理解も解釈も出来ず、でもメロディーに乗せたときの絶妙なバランスが、、、惹きつけて病みません。

でも、やっぱり歌詞の解釈に難航して、こんな動画を発見しました。
この「STRAY SHEEP」の1曲目の、「カンパネルラ」。
カンパネルラ??と無知な私の一発目の感想。
そして、聴いているうちに「頑張るな」って聞こえてきたわけですよ。

その程度の私に、この動画は貴重な解釈の一案をくれました。
https://youtu.be/qejzYWBHfzU

米津玄師さんは、歌詞については宮沢賢治の影響を受けているというのが周知に事実。
カンパネルラも、「銀河鉄道の夜」からインスパイアされたものと解釈していいでしょうね。(笑)

この動画を観て、改めて彼の表現方法が、文学的という意味が理解できるし、深いんだ、と分かる。
いや、深いというか、こういう表現をしてくるか??という衝撃。
ストレートに語る言葉とは違った、趣(おもむき)を私は、今、味わおうとしています。

これを機に、宮沢賢治も読んでみようかな。
コロナ禍にあって、もう少し内向的に、内なるものと向き合うっていう視点ではいいかも。
この半年、私、音楽とは違う視点で、自分の人生を内向してたんだけど、そろそろ音楽的な視点に向けていかないとね。

今も、昨日のTV番組でトーク番組に出てて、「MIU404」の主演、綾野剛さんと星野源さんとのトーク番組を観ている。
あの落ち着いた話し方、28歳とは思えないね。(笑)
声のトーンもシビれるね。あはは。
しばらくは、彼の世界観を共有してみようと思います。

| | コメント (0)

<備忘録>志村けんさんの訃報 

2020年3月29日、新型コロナウイルス感染により、
志村けんさんが亡くなられました。満70歳。

誰もが知る、今も第一線で活躍していた志村けんさんの訃報に、
やはり、、、言葉がありません。

今日土曜は、「志村どうぶつ園」の番組。
私はオンタイムで見れない時は、いつもTverで見ていました。
なので今、亡くなられてからの初の番組を見ていて、、、
やはり涙が止まらなくて、、、

Euuhqlqucaaf7ze
志村さんのことを語るには、余りに見てきたので、語り尽くせない。
この番組一つ取っても、色んな数多くの動物との物語があります。
パンくんもその一つだったな。
種族を超えた(笑)愛情とコミュニケーションには見てる者の心に響くものが多かった。

しばらくは、、、泣いてしまうね。
コロナを恨むね。
油断しないで、今あと少し辛抱しましょう。

87c631aaab69f1bea088a57408656958_1585826

先日、志村さんが愛した和菓子で、麻布十番の今川焼を追悼を込めて買いに行きました。
地元密着の、、、最初素通りしちゃいました。

Center_0001_burst20200402144643083_cover
麻布十番「月島家」の今川焼。
つぶあんとカスタードクリームを購入。

今川焼がこんなに美味しいと思ったことありませんでした。お世辞でなくて。
皮は、色味があって、ほんのり黒糖のような甘さと香りを感じたので、
今度店主に聞いてみようと思います。

行ったときに、店主に
私「ここ、志村けんさんが買いにいらしてたお店ですか?」
店主「それでいらしたんですか?」
私「はい、、、、(少し胸が詰まってしまい)供養に買いにきました」
店主「昔から、、、もう40年くらいかな、事務所もここにあるから、来てくれてて、僕が小学生の頃から」
(ああ、店主、2代目だんだね)

少し、そんな話をさせてもらって、、、

ちょうど、作り始めだったからと思いますが、仕上がるまでに10数分かかるって言われて、
出来立ては本当に持ち帰ったあとでも本当に美味しかったです。
お気に入り和菓子が一つ増えました。

ご冥福を、、、というには、まだ気持ちが整理ついてなくて、
コロナが原因ってこと、しかもまだ終息もしてないどころか、まだ序盤な感じすらある。
そして、こんな大衆の愛する人が亡くなったことのショックと、、、
だから、まだその言葉は書きません。

| | コメント (0)

【芸能】和田アキ子さんの衝撃の真実

金スマで、和田アキ子さんを見た。
初めて知った。デビュー当時は先輩芸能人から多くのいじめを受けてことは知っていたけど、デビューして5年、最優秀歌唱賞を受賞したのが、「あの鐘を鳴らすのはあなた」阿久悠さんの名曲です。

T02200240_0336036712952217945

花束、、、、菊なの。
びっくりだわ。これを渡したのは、当時の関取の輪島関。横綱だったかもしれません。
でも、彼がそれを持ってくるというより、関係者が手渡したものと思う方が順当で、これはすごいことだ。

当時の芸能界のすさまじさを、今になって垣間見るものでした。

ちょっと気が早いですが、
師走、年末に浅草「舵輪」で総集編ライブの予定です。
今年は、色々なジャンルの曲をやりましたので、昭和歌謡、Rock,Soul,Funk,Jazzと振り返ろうと思っています。

そういう意味では、今日の和田さんのことを見れて有意義でした。
阿久悠さんの込めた思いも聞けたし。💓


どうぞ、お楽しみに!!

| | コメント (0)

記者会見と吉本と芸人

選挙の前日というタイミングに、
吉本の悪意すら感じてますが・・・(笑)

全ての発端は、私の心象は、宮迫さんの「嘘」から始まった、と感じている。
軽く考え、判断を見誤ったことが、会社も後輩芸人も巻き込んで、ゴシップのネタになってしまったね。

「宮迫・亮のノーカット記者会見」
https://youtu.be/rURTpvnUFt4

Sirabee20190720miyasakotamuraryo4600x400

全ては、そこが発端で、嘘に対して、企業(吉本)が許さなかった。
が結論で、、、
しかし、解雇でなく、引退を強要する権利が、企業にあるのか?疑問だよね。
芸能界の世界は、契約書の世界ではないから、
一般人には理解できないよね。
ただ、時々、こんな不当解雇などの問題で、記者会見したときの内容も同様だけど、ひどいよね。

しかし、、、
もし、この会見の内容が本当だとしたら、吉本の在り方に限界があるんじゃないか?って感じてならない。

吉本興業の歴代社長一覧がこれ。
https://www.weblio.jp/wkpja/content/吉本興業_歴代社長

現社長の岡本さんって、ダウンタウンの元マネージャーなんだね。
そうやって実績を上げてきた人間が、役員になっていくんだと思うけど、
段々、考えがおかしくなってるんじゃないかな??

随分、昔、日経新聞の「私の履歴書」のコラムに当時の社長のヒストリーでした。
当時私は商社OLで、海外含め世情を知る必要があって、通勤時に電車の中で日経を読んでいた、、、(笑)
キャリアウーマンしてました。あはは
私が、いまだに覚えてるということは、財界人の履歴書の中で、吉本興業が載る時代なんだ、、、と思ったのと、どんどんメジャーになっていく組織に姿が面白く、芸人とともにある姿も面白かったこと、そんなことを読んでいたと記憶しています。

色々調べて、
https://www.nikkeibook.com/item-detail/16901

●第三十七巻
根本二郎(日本郵船会長)/小倉昌男(ヤマト福祉財団理事長)/後藤康男(安田火災海上保険名誉会長)/中邨秀雄(吉本興業会長)/石川六郎(鹿島名誉会長)

ここにある、中邨秀雄氏だと思われる。
90年代、全国区に押し上げた、敏腕プロデューサーの経歴の社長就任かと思われる。

横山やすしさんの解雇が、ここで起こって、
そこから、芸人の不祥事に関して、厳罰化していったんだろうな、、、
しかし、契約形態も曖昧で、しぼり取る形態であるこの世界で、
その反面、組織として、巨大化し、権力を持ったことの弊害がまさにここに在るなと、怖いな、って思う。

「ニュース7days」
https://youtu.be/hwyB-N2C40o

たけしさんが、珍しくはっきりモノを言いましたね。。。。
44分頃からコメントがあります。コメント全てを聞いてほしいです。
芸人に、社会性や品行方正を求め、一方で面白くなくなったという世論に一石を投じています。
メディアの在り方から、出演者も難しくなり、演じにくくなり、やりにくくなっていく。
社会のモラルってどうあるべきなのかね?
以前は、TVの仕事もやってたけど、今のTVには興味が沸かなくて、、、
残念だ。

一方で、歪んだ思考の人間が狂気と化す事件もあって、
世論がネット上で、一斉に同じ方向を向いてバッシングする、脅威しか感じない。

宮迫さん自体が、事件を起こしたわけではないが、
「嘘」の公表は、視聴者に対してNGだと私は思う。
しかし、それこそ、たけしさんなんて暴力事件を起こして、前科あるんだから。(笑)
それでも、こうしてメディアに復帰してさ、、、
吉本の圧力を抑止して(笑)、もう一度復帰をしてほしいと、
私は記者会見を見て思いました。
記者会見見るまでは、そうは思ってなかった(笑)。ということは、記者会見の意味って大きいよね。

「ワイドナショー」
https://youtu.be/viH71S8XI_8

松本人志さん、東野幸治さんの番組、特別生放送に。
話を聞いてて、松本さんは、芸人というか、もう中間管理職だよね。話してる内容が。
それだけ、芸人ファーストであるべき組織、企業なんだけど、、、
なんか、、、吉本芸人がTVに出まくってるから、こんな不思議なことになるんだね。
とても、不思議な現象だと思わないと。

| | コメント (0)

【芸能】美女と野獣とか言われますけど、、、

昨日の芸能ニュースには、驚いた。(笑)
お笑い芸人、南海キャンディーズの山里さんと女優の蒼井優さんの結婚!!

Maxresdefault

記者会見見てて、なんか、とってもお似合いだって思ったの。
ネットでは、色々思う人もいるみたいだけど、
二人の応答を聞いてても、自然だし、相性が合ってるんだな、って
すぐわかる。

山里さん、私、嫌いじゃない。(笑)
数か月前に、深夜番組の「しくじり先生」に出てて、
相方のしずちゃんとの確執を赤裸々に語っていた。

そこにあった、沢山の思いと葛藤とプライドと、
そして、しずちゃんのブレない愛情に、
山里さんの中で変化していった経緯を隠さず話してた。
どんなに大変だったんだろうか、、、と推察してね、、、
男・山里の覚醒(笑)を感じたのね。

番組最後に、しずちゃんに、本当に頭を下げて詫びていたの。
なかなか、出来ないよね。
この人、すごいなって。
その素直さが、とても魅力的に見えた、私には。

今では16本もレギュラーを抱える、売れっ子で、
出演者も、スタッフも、そして視聴者も、
人を傷つけない、嫌な思いをさせない、でも番組を盛り上げる。
番組を邪魔しない。
この技術は、すごい。

中には、AKBのようなアイドル相手の番組もある。
そういう意味では、大変だと思うけど、MCをこなしてる。
アイドルには興味ないけど、山里さんがどうさばくか、
興味あるから、見たりする。(笑)
何気にチェックしたりしてた。あはは

余談なんだけど、男って、波に乗って「いい時期」ってあるよね。
その時に、やっぱり女も寄ってくるよね。
そんなときに、調子に乗らないで、しっかり身を固められる人は、
その後のプライベートは安定して、いい仕事するよね。
それを、浮ついて、やってると、女も、仕事も、変なプライドだけ
持って、失敗するよね。(笑)
波を読んで、ちゃんと乗らないと。
ただ、女はちょっとそういう潮の目が違う気がする。

そんなときに、私は頭の中で「Wave」が鳴る。(笑)
英語の歌詞がそんな内容なんです。
参考までに、英語版でフランク・シナトラの王道を。
https://youtu.be/ZIrNtAq-t8w

News_20190605213200thumbautox380158984

蒼井さんが、魔性の女と言われるのは、
女優さんと思って、身構える相手に対して、
たぶん、「気さくさ」で、女優さんというフィルターを超えてくる感じが、
親近感を超えて、好感を持って、周りの人をファンにしてしまう、
魅力があるんだと。女優さんの持つ、「オーラ」を超えた、
独特な「雰囲気」を持ち合わせているんだろうな、と思う。

私も、女優さんにお目にかかった時、そういう「雰囲気」を持ってる人、
出会ったことあります。
「はは~ん、これね」って思うのよ。(笑)
それが、その人の魅力になるわけで、でも、本人は意識してないってとこが、
既に魔性よね。(笑)

結婚会見は、完全にプライベートな話で、
会見を見てて、蒼井さんの言葉一つ一つがとても現実的で、
リアルで、「あ、この二人は幸せになるな」って感じる。
女優さんとしての「気難しさ」も、山里さんは上手く支えてあげるんだろう、
と見ていて、思う。そう思えことが、こういう会見の意味があるね。(笑)
単に、芸能人が結婚しました!というのと、ちょっと質が違って、よかった。
本人が(夫)が、妻(女優)にツッコミするっていう、
なかなか見かけない、本当に、ほっこりしちゃった。
何度も、見たいと思う結婚会見。(笑)珍しい。あはは

どうぞ、お幸せに!!

| | コメント (0)

【訃報】女優・赤木春恵さんの訃報で思うこと

女優・赤木春恵さん(92)の訃報が飛び込んだ。

482c36396d7de683635f559c4205b6ba201

このくらいの若かりし日の姿の方が、印象的ですね。

ちょっと違う話ですが、

10年くらい前にTV番組の「金スマ」で森光子さんのヒストリーをやった時、

森光子さんは、二十歳そこそこの時、進駐軍などで歌っていたことがあり、その時の映像は若い女優さん(笑)を使ったんですけど、ジャズを歌うシーンなので歌声の吹き替えという形でやったことがあります。(その話はまた)

Original

で、その時の話の中で、時代は戦時中。

森光子さんは、満州など慰問に行ったことがあるという話しでした。

その慰問の仲間に赤木春恵さんもいた。それからの長い長い友だという話を当時知って、こうしてTVで活躍する赤木さんの姿を、感慨深く観ていました。

慰問経験者、数少ない生存者だな、、、って。

・・・・ふぅ。

ご冥福をお祈りします。

先日、前田憲男さんがお亡くなりになって、業界に激震が走っておりますが、、、

今年に限らないのに、、、なんか多いなって気持ちに師走前に感じています。

| | コメント (0)

目につく、お笑い芸人

最近、彼らをよくTVで見る。

メイプル超合金。

なんじゃ、その名前?って思った。

Ba1a14528d97714fd97d600a4af656c7_co

そして、この風貌を見て、更に、なんじゃそれ???

って衝撃だった。

特に、男性のカズレーザーさん。

見れば見るほど、聞けば聞くほど、不思議です。(笑)

金髪に赤のシャツにパンツ。そして、色白のマッスル。

違和感になんか心ざわつくんだけど、見ちゃうっていう。。。アハハ

不思議な、異彩を放ってると思います。

でも、結構、漫才は嫌いじゃない。

そして、同志社大だっけ、結構な秀才なの。

最近は、クイズ番組を席巻してる。

その意外性が好感を呼ぶ。

そして、深夜番組で、現役大学生の相談に乗るってコーナーで、

真面目なコメントのような、実に的を得た、ユニークな回答だったりと、これまた、違った一面を見て、脱帽。

今後の活躍を期待して。。。

| | コメント (0)

【芸能】芸人の妻

今日、歌舞伎役者・愛之助さんと女優・藤原紀香さんの結婚記者会見だったね。(笑)

E_08945071

久しぶりにゴシップネタを。。。書こうっかな~~~。

下世話に書くつもりはないと前置きして。。。

紀香さんのイメージって私の中では、「男を立てる女」「男を立てたい女」「尽くす女」「尽くしたい女」。

前後の言葉じりは意味合いと印象が随分と違うんですけど、

変な話、前夫はお笑い芸人。でも夫の方が藤原紀香というブランド、ブッグネームとの結婚に舞い上がって、甲斐甲斐しく世話してた事も、一つ一つのストイックさが徐々に「感に触った」。プレッシャーになってしまった。。。

そんな印象を持っている。(笑)

だから、「芸に身を置くような人」は、しっくりハマった感じがするのだ。(笑)

尽くせるじゃん。尽くしてる自分に「やってる」充実を感じる人じゃん。

って思えたの。

そして、愛之助さん。

「結婚を考えない男」だった。「結婚しない」でも「結婚できない」でもなく(笑)、結婚を望んでなかったタイプだった。

だから、「付き合えば、別れがある。だったら、友達のままがいいか。と思った。でも会えなくなったら、心に穴が空いたような感じになり、自分の気持ちに気づいた。」だったね。(会見)

それが、結婚を決意したんだから、世の中は分からない。

本当にご縁があれば、色んな形で縁は繋がっていくのである。

だから、何か条件に囚われず、心に素直になって進まねばいけない。

私の回りにも、そんな臭いをプンプンさせてる男性は多い。

だから、ダメなのである。あ~あ。言い切る。

彼の心の変化を記者会見を聞いていて、面白いな、、、と思った。

一重に、紀香さんの甲斐甲斐しいお世話の賜物であり、タイミングだった感じもするが、これから、40代、歌舞伎役者として大切な時期に入る。成熟と老化とのバランスが段々必要になる年代になる。外食中心と言っていたから、愛之助さんも「胃袋掴まれた」一人と言えよう。(笑)アハハ。

互いに色々あった大人の結婚って感じの圧迫感が半端なかったんですけど、私はいい夫婦だなと思う。

梨園の妻を私は演じきると思っている。(笑)

それはそれで、私は楽しみにしている。「紀香はやっぱり紀香」って思うから。

| | コメント (0)

定期的に出没するお笑いスタイル

最近、話題のコントをご存知?

「ラッスンゴレライ」(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=N4Z46GxZtd4

こういうコントを私は「リズムコント」と呼んでいる。

一般的にも言ってるの??(よくわかんないけど。)

このスタイルって誰が初めなのかな?とか思ったりしてね、、、

最近の思いつくとこを出してみた。アホや。。。アハハ。

●テツ&トモ

1998年デビューで、ブレイクはそれより4~5年後だと思う。

Photo

NHK番組にも出てるし、とにかく地方営業と老若男女選ばないとこに、強さが。不動の地位であります。

最近見ませんが、ヒットしましたね。

●レギュラー

1998年デビュー、あるある探検隊もこのカテゴリーで入れてみた。

Photo_2

で、ここからが乱立であります。(笑)

●オリエンタルラジオ

2005年デビューですぐヒット。武勇伝、武勇伝。

Photo_3

今、オリラジの「ラッスンゴレライ」のパクリの完成度が話題らしい。(笑)

そして、

●藤崎マーケット

2005年デビュー、ヒットはここから数年後だったと思う。

Photo_4

「ラララ ライ♪」  完全にリズム系ですね。

少し、ズレますが(笑)、

●どぶろっく

実は2004年デビューと古く、2008年あらびき団出演でジワジワ。

深夜のあらびき団でブレーク前に見ていた者としては、嬉しい限りです。

Photo_5

なんで、あらびき団が終わってBSに移ったんだよ~、と納得いきませんが。

次に、、、

●はんにゃ

2005年デビュー。彼らもデビュー間もなくブレイク。

Photo_6

「ずんだんずんぶんぐんゲーム」 今見ても強烈。(笑)

●2700

いたいた。これも典型リズムだね。(追記です)

2700

最近、、、、出てないが、まだネタやってるかしら?

この後、

●波田陽区

ギター侍?(笑)個人的に好きでしたけどね。

Photo_7

そう考えていくと・・・・・

元祖って誰なの??

D8d09828a7

・・・・・なのかしら??アハハ。

言っておきますが、あたし、、、、暇ではないよ。おほほ~~ぉ。

| | コメント (0)

今ごろ、つぶやく。3x3=・・・??(笑)

昨今のISISの話題で、すっかり吹っ飛びました。

年末年始の珍騒動。・・・・覚えてます???アハハ。

あの問題は、大きくわけて二つかなぁ。

1)紅白出場時の、バックの映像と本人のちょびヒゲが放ったものが反社会的メッセージがあったように誤解された。

2)年末コンサートで、国から贈られた勲章をポケットから出して見せたという、無礼行為と批判を浴びたこと。

ネットで色々出回って、訳わからん輩もさも批評家ぶって動画で事細かく、歴史認識が違うとか言う始末。

色んな角度で捉える人もいると思うのですが、

私は、表現者(芸術家)が、その人が思う事を表現するものには、愛とか恋愛とか、家族とか人生とか、色々あると思うけど、そのカテゴリーとして、社会とか政治とか、金とかあると思うんです。

だから、音楽家が政治的メッセージを歌ったとて違和感は私には無い。

このビッグなグループは、元々デビューヒットの「勝手なシンドバッドの冒険」(湾曲し過ぎ)って曲などで過激な演出でTV出演が出禁になるようなバンドグループだったわけで、いつの間にかメジャーというか大衆化の中で、視聴者の方が見方が変わったんだと思っています。

だから、今もこのような挑戦的発想は、私には違和感がない。

Photo

↑ま、こんなもんよ。(笑)

ただ、勲章というものは、皇室とか天皇とかへの洒落は通用しないという事は、十分に考慮すべきだったんだと思う。

でもこんなに大事(おおごと)になるんだよね。

それだけ、やはり大きいアーティストになってしまったわけですね。

ま、この一件でファンを止めるとか自由ですけど、彼らの意図する事の説明とか聞かないで、不買運動とか断捨離発言(笑)とか、、、違うと思うんだよね。。。

と思って、、、、ほとぼり冷めた今、少し書いてみた。(笑)

昨日の久しぶりのウンチク、閲覧数がポンと飛び出た。ビックリ。

最近、ウンチクも皆するから書くの止めちゃってたんですが、

blogが大切な発信源なので、書きたい事はblog、最近は写真だけのつぶやきはInstagramで、情報源、速攻的つぶやきとしてTwitterとそことリンクしたfacebookとしております。

使い分けにしております。

とても面倒ではありますが・・・・ご興味ある方、それぞれ見てみてください。

| | コメント (0)