映画・テレビ

江頭さんのモス愛

最近ネットニュースで話題になったのをご存知だろうか??(笑)
エガちゃんのYouTubeでモスバーガーの感想を言うの。

https://youtu.be/VtJdTKNfr2g

面白かった。
褒めまくりなの。

私は、なんと言ってもモスチーズバーガー派なので、
たまには違うのを注文!と思って行くんだけど、モスチーズにしちゃう!みたいな。あはは

で、すっかりこのネタを忘れて、今日モスに寄ってたのね。
無意識にモスシェイクコーヒーを飲んだのよ~~~~。なんてタイムリーな!と反応してしまいました。
確かに、すんごい美味いのよ、このシェイクコーヒーがっ。

変な話(笑)、マックのシェイクは、飲んだ後に水が欲しくなるんだけど、
このモスシェイクはそうはならない。素晴らしいのよ。

で、後日モス様からのお手紙が届いたという、続編がこちら。

https://youtu.be/e8qOtWYRDpY

実は、私も毛筆の筆耕業務をしてますが、
某大手企業さんで、こういう令状も書くんです。なので、大変勉強になりました。(笑)

企業は決して遠くなく、お客様と近いところにいるんです。(笑)
と、ミュージシャンとは違う脳が働きました。

実は(その2)、最近、ペン字の方ですが、人に教えてるんですよ。
どうしたら上手くなるか?この人に合った最適な、最短な策を講じなくてはならず、教えるうちに私も文字の造詣が深くなっていきます。改めて、教えることにより自分が成長するという意味が分かりました。

今、皮肉にも音楽では教えていないんですけど、
「昔取った杵柄」とはいえ、やってきたことは本当に生きてると思う時があって、、、
教えるだけのスキルも持ち合わせてた、と思えることも発見だったんです。(笑)
感慨深い最近です。

これが、もっと音楽ビジネスに生きてこないか??とも模索しています。
私は、自身の歌スキルだけでなく、ビジネスとして捉えてる視点もあるので、まだ漠然としてますが、コロナ禍でなかなかアクティブに動けませんが、もう少し模索してみます。

| | | コメント (0)

【鑑賞】韓流ドラマの今と昔(2)

Netflixの魔力に負けて(笑)、韓流ドラマ、、、
今更ながら、昨年日本でも大ヒットしてた「愛の不時着」を観ました。
そんなハマった気持ちもなかったけど、
この俳優さんの他のドラマや映画を観てるってことはハマったという事か??(笑)

Photo_20210904214701
今年の1月にこの二人がプライベートでも恋人宣言をして、余計に話題らしい。ふふっ。

男の一途な愛、国も命も超えて、、、壮大な愛を描いたわけですが、、、

2002年に、「冬のソナタ」が日本で爆発的ヒットして、ぺ・ヨンジュン、ヨン様ブームたるや、、、思い出します。
Wst1
これも、たとえ事故に遭おうとも、最後記憶喪失になろうとも、永遠を愛を貫く愛が、日本の世の熟女を虜にしましたね。

20年前も、今も、、、日本の女たちは、、、一途な愛にのめり込むんだな、、、ってちょっと笑えたの。(笑)
結局、女の気持ちって、その一途さにメロっていくのね。弱いのね。

韓流ドラマは、そこを徹底的に描くから、のめり込みやすく、作られてもいるね。
ドラマの1クールも今、日本は10~11話しか作らないけど、韓国は半年で16~20話やりますものね。
だから、話の展開の中で感情の揺れ動きも丁寧に描けるし、、、日本はその時間が無さすぎる。
根本の問題を感じるね。。。

冬ソナが20年前、、、その前後から韓流ドラマが日本で放送されるようになって、結構見ましたね。
で、10年前にもなんかブームがあって、この時も見ましたね、、、
私の韓流ドラマのサイクルは10年おきでしょうか??(笑)

愛の不時着の俳優のヒョンビンさんは、確かに10年前に数本見ています。
懐かしく見直してみたものと、最近の時代劇の映画も鑑賞しました。(笑)
色んな役どころを演じるでの、数本見ても飽きなかった。俳優として、いい俳優さんなんだなって楽しみました。

こんな役しかできない、とか、どんな役をやっても同じに見える、、、
それはやはり残念なことだね。
私も音楽の上でもそう思っております。
私は私ですが、その歌、音楽の世界観を無限大にしたいですよね。。。

9月は内需拡大しつつ、コツコツやりますか。。。

| | | コメント (0)

【鑑賞】韓流ドラマの今と昔

前々から読んでいた韓国の漫画で、実写版があることに最近知った。
なので、久しぶりに韓国ドラマを動画で観た。
そしたら、ハマってしまった。
韓流ドラマは定期的にサイクルに入る。(笑)なんだろう??おぞろじいーーー。

で、それは何か、というと。。
漫画のタイトルは「もう秘書はやめます」ドラマは「キム秘書はいったいなぜ」
相変わらずのオレ様キャラですが、それだけでなく過去の事件から家族の確執や障壁を克服する伏線があるストーリーで面白かったのです。

Kimhishoganazesouka1

これを、韓国ドラマの実写版ではどんな風に描くのか?興味があって、見てみました。
ストーリーもマンガに忠実に再現していて、オレ様キャラの俳優は、たぶん今人気の俳優さんなんだと思う。
私は、好みの顔でなかったので(笑)ハマりませんでしたが、女優さんはマンガそっくりで、ナイス!とか思って楽しみました。
そして、こん男優さんは「キスの職人」という異名があるらしく(笑)、キスシーンがとっても美しかったです。あはは

で、韓国のドラマは、ロマンチックなところはとことん!ロマンチックにする!!!
という定説を裏切らない。(笑)だから、女性はキュン💛ってなるんだねぇ。

昨年の、佐藤健さん主演した「恋つづ」も、キャラにしっかりハマった役だったし、キスシーンとかもキュンだったから、爆発的な人気でしたね。
日本もそういうのを、ちゃんと演出して、ちゃんと演じる俳優、女優さんがいないと、やっぱり、韓流に負けるって、このドラマを観て、すごく思った。(笑)

あ~あ、Netflix登録しちゃった。(笑)
今秋は、ステイホームという程ではありませんが、在宅時は鑑賞しようと思います。

| | | コメント (0)

【TV】「共演NG」に見る、制作者のスピリット。


あんまり視聴率は取れなかったみたいだけど、
テレ東「共演NG」は、面白かった。
秋元康さん脚本で、面白いって言っちゃう事が、
なんかしゃくですけど。(笑)

鈴木京香さんが、やっぱり美しかった。
大人のドラマだった。
どこまでもテレ東の反骨スピリッツを感じさせられて、、、(笑)
何よりも、スポンサーにサントリーさんとキリンさんが名を連ねた事に、何か感動しちゃった。
この粋なシャレの分かる企業さんがいてくれて。

今週、特別編をやって、裏の裏を展開する感じも、今までにない手法で、テレ東さんそこまで狙う~~~!って、
ドラマ好きの心理をくすぐってくれました。

もっと多くの人に観てほしかったな~~。
放送中に声を出す暇がなかった。。。残念。
観たい方は、Paraviで!(笑)
Dorama_kyouenng_pvscaled_20201217151201
あと、私は、柴門ふみ脚本の「恋する母たち」と「この恋あたためますか?」「リモラブ」を観ています。
結構観てますね。あはは

マスクして、ご時世を反映したドラマもありますが、それはそれで観れています。
哀しい現実ですね。
しかし、、、マンガからかのドラマが多すぎる。ちゃんと脚本づくり、、、しようよ。

| | | コメント (0)

【TVドラマ】「半沢直樹」最後まで激走だった

一昨夜は、多くの方が最終回を観たことでしょう。(笑)
私は録画で、皆さんを後追いで、、、観終えました。

私の中では、今、半沢の名言を聞くには、7年前とはご時世が変わったな、、、
という気持ちが片隅にあって、サラリーマンの在り方も様変わりしたと実感します。
よって、余りに理想論の言葉が並び、私の心には正直響かなかった。

いや、最近、コロナに始まったころではないが、「正論」を「正義」を勘違いして振りかざす人が多いね。
気持ちが悪くなるのです。
その振りかざした「言葉」は、自分だけ「正しいことを言ってやった」という自己満足に終わり、
相手への指南にはなっていなかったり、相手の心へ届けるためのものになっていない事が多く、
痛いのだ。
半沢は、決して自分の私利私欲で言っていたり、見栄のためのものではない。
そういう「姿勢」のもとに発する言動は、見ていてわかるし、「敵」すら味方にする。
「言動とは、相手を思ってするもの。」
つくづく、難しいですね。
人の話を聞いていて、時々「めんどくせーな、おまえ」(笑)みたいなこと、多々ありますからね。あはは

さ、話は最終回へ戻しましょう。

490830

今回の話の「銀翼のイカロス」を7年前に読んだので、すっかり忘れているのと、
本には無い部分がドラマでかなり演出されているため、
私は本とは別物と思って、このドラマを楽しんでいました。
役者の演技力に重きを置いて、この展開の中でどう魅せてくれるのか?と。

Edk_iwsuyae7vbf
766eaeeaa121caea7b03ff1d2ce5650b
これは、ネットだけでなくマイブーム、、Death。(笑)

ネット上「顔芸」って言うけど、香川照之さんを見ていて、これだけ表情で複雑な感情を表現できる人は、そういないと思う。
悲しみと哀しみの違いも表現してるし、憎しみの言葉とは裏腹に相手へ向ける瞳の奥の想いすら感じる、重厚感ある演技は実に見ごたえがありました。ドラマを観ていて、よかったと思う瞬間です。

Ei7aotgu4ai_qbc
やはり、北大路欣也さん、大好きです。
かっこいい。本当にかっこいい。
あの物腰が、更なる風格を加味させている。
最後まで、良い人でよかった。(笑)

最後のシーンの言葉が印象的だった。
「もの事の是非は決断した時に決まるものではない。評価が定まるのは常に後になったからだ」
もしかしたら間違っているかもしれない。だからこそ、今自分が正しいと信じる選択をしなければならない。」
これは、音楽をやっていて、常とするところであり、私には名言でありました。
最後に頭取からお言葉を頂けて、私も光栄です。(笑)

Eixh8hlvgaey5d2
今回、黒崎さんが大活躍で、このシーンは声を出して笑ってしまった。
シーズン2の今回は、ドラマの大筋のスパイスとして効いていましたね。見ごたえありました。

みっちーの同僚魂の演技や、
柄本明さんの狂演っぷりや、
白井大臣のコミカルさから、最後の清々しい透明感を演技した江口のりこさん、
もっと沢山の重量感ある役者にも見ごたえありました。
割愛してごめんなさい。💦

Ei7nmydvoaiyie5
最後に、はなさんは、原作にはない配役で、
昨今、役者さんの訃報が続いていただけに、「生きていれば、何とかなる」という言葉は違った形で重く記憶に残る名言となったわ~。

最後の終わり方から、、、半沢直樹は役職は何になるのでしょうか??(笑)
私は「お色気なしの島耕作」って思っています。あっはっは。

45c05df272e86b9091fbe0fd204213af

最後に、、、
O0640048013840349821
私が昔から大好きだった「りんどう」。
花言葉を聞いて、笑っちゃった。
私の、、祖父譲りの竹を割ったような性格に、マッチしてるじゃないの~。(黒崎口調)

ドラマって、やっぱり楽しい。
私はTVドラマ、好きですね。

| | | コメント (0)

【TVドラマ】「中学聖日記」再放送

今、再放送してる。(笑)オンタイムでは観てなくて、今さら1話を観たら止まらなくなるね。(笑)

Uuzvq3lml_bkiqyakc1vfs5m5vwpmdnzwfmhswx0
前にさ、「高校教師」ってあったよね。(笑)
あれもテーマが重すぎて、実は見ていない。真田広之ファンとしては、余計見れなかった。あはは

なんかさ、先生と生徒って、、、犯罪色強いよね。あはは
もう見てらんないわけ。危なっかしくて、、落ち着かない。
未成年って、、、怖いね。あはは。
大人は、ハラハラするよ。

まだ、再放送では最終回を迎えてませんが、今は便利なParaviで観ちゃいました。
今回は、恋人役の俳優さんが、「ギルティ」(4月放送予定だった!)にやはり元恋人役て出てるから。
そして、、、吉田羊さんが良かった。(笑)
「自立」とは何か、「自立した女性」とはどんなものか?これは、一面でしかないけれど、ちょっと「理想」も込めて、観ちゃったね。

先月は、実は、マンガを読み漁っておりました。
最近のドラマはマンガからが多いね。だから、それを見てたら、あれやこれやと見あさってしまいました。
どんどん、世俗から離れていってますね、、、あはは

ああ、日常に戻りたいね。
服装はもう夏。(笑)

| | | コメント (0)

【自粛対策】(3)「初めて恋をした日に読む話 」

今、深夜枠の再放送でやっています。
で、深キョンだしな、受験の話だしな、、、、ってスルーしようっかなと思ったら(笑)
面白くなり、結局先行してParaviで観てしまった。

Hajikoi_tbsogp
事のほか、わき役の安達祐実がいい。(笑)

これを見ながら、ぶっちゃけ、深キョンの未来が心配。(笑)
だって、どのドラマをやってもキャラが同じだし、こんなちょっと男に鈍感で、でもモテます、みたいな「かわいい」感じ、、、いつまでやるんだろう?制作や事務所はどこまでやらせるつもりなんだろう?そんな役しかできないから、面白くないんだよね、、役者として。(バッサリ)
力をつける、ってどういうことなのか?と俳優さんを見て感じる。

それから、このドラマ、最後まで見ながら、結構いいセリフ、あんだよね。
自分への応援にはいいかも。

なんかね、、、私、過去を振り返る人間じゃないけど、
このドラマ観てたら、受験の高校生に戻りたくなった。(笑)
勉強をどうとらえるか?この学習にはどんな意味があるのか?
そんな事がもっと理解できてたら、人生違ったかも。って
「たられば」な気持ちが沸いた。

唯一、後悔があるならば、学生時代はチアで日本一になって、いい夢を見させてもらったけど、勉強の上では沢山の後悔がある。(笑)やり直せるなら、、、と思う。
あの頃の私は、本当にテンパってた。自分のことでいっぱいで、受験や将来にも向き合えてなかった気がする。そんな苦い味しか思い出せない。。。

しかし、、、
普段ならそんな事も思わないものが、この在宅(以外と在宅してないけど)で、歌えない状況が自分を追い込む。苦笑
余計なことを考えるね。
人間をダメにするね、、、

もう、すっかり人生狂ってる。あはは
あああ、歌を忘れたカナリア状態さ。

今、私は、堕ちるだけ堕ちてるの。

| | | コメント (0)

【自粛対策】(2)「きみはペット」

もう、かつての日常がどんなだったか忘れるくらい、、、苦笑。
ほぼやけくそ状態です。あはは

で、ネット動画で「きみはペット」を鑑賞。
これは、もっと前に松潤がやったドラマだっけ??小雪さんが相手役ってのも。。。。(笑)
それは、どうも興味なくて観てなかったな、、、

161222_kimipe01
志尊淳くん。かわいすぎて、どうかな?(笑)という先入観から入りましたが、これがハマり役だった。(笑)

ドラマも原作マンガに比較的忠実のようなので、なんかすんなり入っていったし、
むしろマンガの絵が好きでなかった分、ドラマの方が良いかな?くらいに楽しみました。

志尊淳くんは、踊れるから、ジャニーズなのか?とチェックしたくなって、
で。。。ナベプロだった。何でもジャニーズじゃなくて良かった。(笑)

軽く胸キュンドラマ観てました。
なんか怠惰だ。。。(笑)

そろそろ後半の自粛モード、私も転換しないと。
なのに、今週正に国や都の自粛勧告や更に感染者増加に一層の自粛要請の動向です。
ふぅ、、、先が見えないというこの状況に苦しくなりますね。

でも、感染を止めなくては。

こんな時間はそう持てないから、普段できないことという意味では正解。(笑)
ま、時間と向き合って、次のステップにいい状態に持っていけるよう、
心身のバランスを取りたいですね。。。

| | | コメント (0)

【自粛対策】(1)ドラマ「ギルティ」

この自粛ムードの中、少しでも楽しく、心充実した日々を過ごしたい。
先月もwifiが96ギガ使ってしまうほど、遊んでしまいましたが、、、(苦笑)

今月は4月の新クール。
しかし、コロナの影響で撮影にも影響が出ている。
7年越しの「半沢直樹」も4/19初回が延期だ・・・(泣)

なので、、、、
夜の大人のドラマシリーズから「ギルティ」を楽しもうと思う。
ネットで、小池徹平さんのクズっぷりがいい、との評判に(笑)早速チェック!
TVerでチェックしたら、面白かった。

1024x709
皆が裏切り者らしい。(笑)
「あなたの番です」でしたっけ?見てなかったけど皆疑わしいって展開。。。

元はこちらも「恋つづ」みたいにマンガです。
467903_20200405231501
主題歌の曲調や挿入の仕方が、「恋つづ」そっくり感も否めませんが、面白いです。

あ、ちなみに、
小池徹平さんのラブシーンというかキスシーンというか(笑)
佐藤健さんには勝てませんね。あはは
確かに、クズっぷりの冷淡な表情は最高っす。

エロさが違う。

それを言うなら、元カレ役の町田啓太さんの方がエロいです。(笑)
って、この方「劇団EXILE」の方なのね、、、知りませんでした。
好演していますよ。

というところで、マンガも無料配信までは読みました。(笑)
課金してまで読むかは、検討中。あはは

さ、俳優陣の演技に期待です。

| | | コメント (0)

【TVドラマ】「とんび」2013年作品

つづきまして、2013年のファミリードラマ「とんび」を観た。

50016849_series_art__338x600_tonbi_7d831  
佐藤健さんは、息子役で、そんな感情的になる役柄ではなくて、好青年を演じていた。
これまた、違和感なく更に好青年だった。(笑)

7年前ということは、佐藤健さんは22~3歳だから、演じた役は高校性から26~7歳の範囲を演じてて、違和感なかった。(笑)不思議な役者さんだな~。

内野聖陽さん、去年は「昨日何食べた」では同性愛者を演じてて、
この落差にも驚きだけど、、、見事な田舎の頑固オヤジを演じていた。
観てる方が「めんどくせ~男」って叫びたくなる(笑)

でも、男親の子育てと回りの人間模様とたっぷりと味わった作品だった。

昭和ってこんな感じだっけ?とか平成に入っても、こんな感じだっけ?とか思いながら、、、
平成10年って言っても、もう20年以上前なんだね、、、
なんか、、、時を感じるな~。(笑)

子役の子たちが可愛かった。
心があったかくなる、ヒューマンドラマだった。

私のwifi93ギガまで来てしまった。

今月の動画は、これでおしまいにしないとMAX100ギガ超える。(笑)
あと3日。我慢しま~~す。

今日の報道でも、都内のコロナ感染人数は深刻です。
外の寒い雨のごとく、世の中も泣いている。。。

どうなるんだろうか、世界も日本も、、、
悩ましい。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧