リンク他

  • Youtube「りんご追分」
  • Youtube 「Moondance」
  • ポチッと
    ポチッとよろしく!

お気に入りサイト

音楽関係リンク

文化・芸術

【ラジオ放送】小樽チャンネル

先月に行われた、ふるさと小樽にて、
母校、稲穂小学校へ校歌の寄贈にあたり、
翌日同級生がナビゲーターをしております番組内で
紹介をしております。
期間限定ながら、まだ視聴できますので、
是非どうぞ。

https://youtu.be/ogpk1dhqfVU?si=fLKxawtu2ZUCqhgG


続)小樽 稲穂小学校 校歌寄贈 FMおたる

私の同級生がナビゲーターをしております、
小樽ちゃんねるのFMおたるの番組で、
翌日放送内で話題にしていただきました。(笑)

山田耕作先生作曲の校歌、是非イメボで聴いていただければと思います。
期間限定のようなので、いつまで聴けるかな??

https://youtu.be/ogpk1dhqfVU?si=UENhQD9iNxEey4Fd


母校への寄贈 贈呈式

4月17日 小樽市立稲穂小学校 校歌 贈呈式

D65abd7e25fb4e8e941349b741974702

98f1622523374dfa951c661adba52ffc

一昨日、実は故郷小樽へ帰省しました。それは、この寄贈のためでした。
1月に5年に一度の大型同窓会(コロナで一年延期)で開催したときに、
毎回同窓会では校歌を歌っていますが、今年は音源を作って欲しいとのリクエストを受け、デジタルで音源を作りました。
制作には、ドラムのAbbeyさんにご協力いただきました。
校歌の1番を女性の声、2番を男性の声で、それは声優のようなイケボな声で制作しました。
それを同級生が「学校に寄贈しては?」と言ってくれたので、その気になって(笑)、市議の同級生に教育委員会へ掛け合ってもらい、順調に寄贈の話が進み、昨日に至ります。
そして、CDの盤へ落としてジャケット作成も地元同級生に適任者がいまして、制作していただきました。

現校長は、私が6年の時担任だった先生を知っていて、この地区で校長までなさっていたのですが、若くしてご病気で亡くなられて久しいのですが、生前の先生のお話も伺うことが出来、本当に嬉しいひとときでした。
また教師になった同級生で、かなり近しい知り合いだったということも分かり、笑ってしまいました。

稲穂小学校も来年130周年を迎えるとか。
何か更に貢献できることがあれば、と誓って帰ってきました。
早速、ネットニュースやFMおたるで先ほど14時過ぎにも流してもらったようです。
あとで、同級生から音源をもらうといたします。

宗山流胡蝶さん演舞 舵輪17周年イベント3日間

今年2/14に浅草「舵輪」は、17周年(18年目)を迎えました。
今年の周年ライブは、2/15-17で昨年同様、胡蝶さんのステージ。
そして3日間という日程となりました。
私は、企画ものは必ず!(笑)お手伝いで入るスタッフ要員。
楽しませていただきました。

428326519_24712293995085807_388873245323
426550227_24712293991752474_286802429448
初日は、雷門隆さんの歌が入りました。
雷門さんの声にも特長があって、歌ってくださった曲の歌詞もいいんですよ。
今年も聴けて、大満足。

426570623_24712293998419140_278120898373
426539774_24712293988419141_538524132109
二部まで15分くらいしかないのに、早着替えするんです。
本当に凄いです。

428640000_24721552957493244_744276047019
428631584_24721552960826577_805297408424
二日目の着物も素敵で、
帯締めが左右で赤白、ご祝儀袋のようで、
隠語があるんですね。(笑)
この帯も珍しい。後ろ姿も美しい、これが着物です。
428660789_24725254770456396_314341553310
3日目の衣装もまた、違うお着物。
ほんとに楽しませていただきました。

浅草「舵輪」は、やはり浅草なので、こういう興行も観れたり、
色んな芸能人に出会っていくところが、本当に面白い街です。
マスターのお陰で、そんな奥深い浅草に出会うことが出来て、
人との出会いって改めて不思議で、面白いものだ、と思います。

そして、パーカッションの仙道さおりさん、
特筆しますが、バルーンアーティストだということを初めて知り、衝撃でした。(笑)
428677106_24725254963789710_154812820117
427822431_24725255093789697_669350743217
428703215_24725255207123019_677116539793
作品もしっかり撮影いたしました。
かわいい~~!!

舵輪18年目に突入。
出演だけでなく、陰ひなたとなり、これからも舵輪とは関わっていくことでしょう。(笑)

どうぞお店共々、応援を宜しくお願い致します!!

【Live後記】舵輪Duo Live 「Shinamon」

昨夜1/25(木)@舵輪
Shinamon Liveへお越し頂きました皆様、ありがとうございました。
オフショットを撮り忘れてしまったけど、史門ちんも演奏再開して、精一杯元気な姿を見せてくれましたよ。
昨年7月の小樽帰省ライブ以来のShinamonライブでした。
でもDuoってのは、いいですね。(笑)
ピアノの音や史門の呼吸を感じながら、一緒に次の展開を紡いでいく感じ。
ああ、やっぱ史門ちんとのDuoって素敵だな。
って有難くもあり、質の良い音楽の世界を感して感謝の気持ちでした。

今夜のテーマは「優しさに包まれて」です。(笑)
たまにはセットリストでもご紹介しましょう。

It could happen to you
Gentle rain
In a sentimental ​mood
川の流れのように
Fever
Alone together

Bie mei bist du schon
But beautiful
Like a lover
The good life
That's what a friends are for
Side by side

encore) Caravan

アレンジなども多岐に亘って、文字では語り切れません。(笑)
やはり演奏を生で聴いて頂くことが一番。
「百聞は一見に如かず」ならぬ
「百文は一聴に如かず」です!
今年は、Shinamonを深化させたいという大きな抱負がございます。
どうぞ応援よろしくお願いします。
今後、いい活動報告出来たらいいな~ん。ははは

沢山のお土産、ありがとうございました!!!
240126111555875
240126111718586
240126111806170

プチ旅【番外編】富良野「森のプロローグ」

「森のプロローグ」横島憲夫氏作

富良野の新富良野プリンスホテルの敷地内に、
ニングルテラスが建ち並んで、店舗になっています。

420532232_24518276667820875_232078310019

このろうそくの作品、
今週表参道で展示があると知り、
行ってまいりました!!

420532240_24518276661154209_204796965527

420544815_24518276684487540_487829054135
すると、なんと言うタイミング!!
作家の横島さんが入ってきました。
写真撮らせて頂きましたー!

420536124_24518276674487541_468207657252

話によると、昨年春から夏にかけて、
映画にも関わった様で、昨夏は小樽で撮影だったとか。
いつ上映されますか??(笑)

木の切り株をモチーフに、動物なども彫られています。
そして、香りも付いているので、
明かりを灯すと、香り立つと思います。
勿体なくて、まだ使えない。

それ以外に、木を使ったアレンジ作品が、
展示、販売しておりました。

420597857_24518276664487542_919044448667
420535363_24518276677820874_464864911203

つい枝があると、これ使えるかも、なんて見てしまう、などお話をさせて頂きました。
富良野は、アジアの観光客で賑わっておりました。

420613838_24518276671154208_446689296871
420551296_24518276681154207_656088854755

半月経って、現実に戻りつつ、
懐かしくもある冬の北海道☃️
表参道の展示は明日までです。

【美術】「ゴッホと静物画」SOMPO美術館

23/10/17~24/1/21で新宿・SOMPO美術館で開催中。
愛しの(笑)ゴッホ。

最近ゴッホの絵画展が多く開催されますね。
行ってまいりました。
231028164406097
今回は、ゴッホだけでなく、19世紀後半に活躍した画家の作品も多く展示されていました。

<<ルノワール>>
231028170346719
231028170402896

ルノワールは、油絵でも色彩が多彩、陰影、描写の正確さなど、
素人の私の目にも美しく、魅了してくれます。

231028173046523
231028173037860
この果実の描写は素晴らしく、いつまでも観てたい気分でした。

<<モネ>>
231028171130177
 231028171147418
同じ花も表情が変わる、二つの作品の対比展示は、素敵でした。
解説にもありますが、19世紀後半は、日本の影響も受けていることが見受けられます。
この一輪挿しが日本っぽいです。

<<ゴーギャン>>
231028172938567
231028172928085
ゴーギャンは、ゴッホと一緒に住んでいたことがある画家。
たった2ヶ月ですけどね。
芸術館が嚙み合わず、ゴッホの元を去るわけですが、
その日にゴッホは自分の耳を切り取ってしまうんでうんですね、、、。

ゴーギャンも金に苦労した人のようで、
旅をしながら制作をし、タヒチには何度か訪れ、生活し、
妻を娶り、、、
酒の席でのトラブルから、怪我をしたり、
当時の医学的な問題から、体調も崩したりと
波乱万丈な人生です。

さ、ゴッホへまいりましょう!
「アイリス」
231028171752859_20231030173701
231028171742503
有名な作品ですね。撮影OKでした。

231028171710948
「ひまわり」
これは、バブル当時、現損保ジャパンが50億で買ったと言われる
話題の絵画。

一般公開されたとき、私も観に行きました。
数十年ぶりの再会です💛

当時、この作品にオーラを感じました。
後にも先にも、あの時だけです。そんな風に感じたのは。

やはり、ひまわりの絵の前は混みあっていて、
じっくり眺める、とは行きませんでした。

年内、まだ展示してますので、もう1回くらい平日に静かに鑑賞したいかな。

絵画を鑑賞したら、必ずクリアファイルを買うんですが、
物販のお会計が、、、、もう50分~1時間とかかかって、、、
そっちが疲れた。
なんで、こんなに若者が沢山いるんだろう???
そんなに好きだっけ??って感じ。(笑)

そして、ゴッホについては、
「ゴッホ アライブ展」と題して来年早々、また開催があります。
開催概要|東京展|ゴッホ・アライブ (goghalivejp.com)

2024/1/6~3/31まで。
これも行こうと思います。
毎年、ゴッホ展があるのは、、、何なのだろうか??
ま、嬉しいけど。

物販で、ゴッホの「ひまわり」作品7点が箸置きになって、
「これは欲しい!」と思ったわけですが、
231028174847632
箸置きで、4600円!!
買うの、、、躊躇った。
でも、素敵。。。気持ちは欲しい。あはは

楽しいひと時でした。

【Live後記】小樽ライブ 7/28②

さ、翌日7/28は小樽「Y’s」でのライブ。
史門ちんは昼の便で到着。
夕方に合流して、お店に向かいます。

Cfd4abdf6f29f23cf5bc9955a24c13c5dsc_3662
荷物を抱えたまま(笑)演奏です。

途中、アーケード通りに設置してるピアノで遊ぶ。
聞いてくれてる、おば様もいて拍手を頂きました。(笑)

お店には、早めに開けていただき、リハもしっかりさせていただきました。

364173631_234780398952759_32704872656832
この左のま~るいのは、ライト。通称:女優ライト!
美しく写真映りも良いでのはないでしょうか??(笑)

364219839_286874747328275_23221857336456
沢山の方にお越しいただき、満席で動けないほどの賑わいで無事終了です。
本当にありがとうございました。

そして、切り絵パフォーマーのFuruta Chiakiさんが聴きに来てくださり、
私たちの切り絵を作ってくれました。

00a8d45d99ea6ee612c57ae61f3b0d5923090514
C50d59dbef0f0da4b58e8ad9b5fe62cb23090514

当然ながら、切り抜いた外側も保存しております!
今後、こちらもチラシで使わせていただきましす!
本当にありがとうございました。

そして、、、Y’sの隣、同級生のお店に顔を出し、夜は更けていきました。

【写真展】西本喜美子さんは94歳

今、有楽町にあるエプソンスクエア丸の内で
西本喜美子さんの写真展を行っています。

私が、彼女を知ったのはコロナ前だった。
89歳の時だったか、、、そのお歳でカメラを駆使し、楽しい写真を撮るとメディアで話題になったのだ。
息子さんだか、お孫さんだか、、、のご指導のもと始めたとか、そんなうる覚えです。

数年前にも、合同の写真展も見に行ったことがあり、喜美子さんのファンであります。
94歳にしても尚、ご壮健に楽しく生きる、そんな生きる姿が美しいと思います。

Tripart_0001_burst20230516143907947_cove
ライト位置で加減が難しく、少し光が入ってしまいました。

Horizon_0001_burst20230516144005518_cove
普通では、笑えないような写真なんですけど、ついフッと笑みになってしまいます。
こういう画像の編集もやっているんだから、凄いです。

Dsc_3482
キュート💛

Tripart_0001_burst20230516143253826_cove
一つひとつの動きも撮影したんだろうな、と想像するだけで笑えます。

Center_0001_burst20230516143509333_cover

Dsc_34812

もうシュールなんだから。(笑)
真ん中の光は、フラッシュです。ライトの加減が難しい場所でした。

喜美子さんは74歳から始めたんだそうです。
そのパワーもすごいですよね。
やりたい、は年齢は関係ないってことですね。

ご来店の方に、ブロックメモ、プレゼントでゲットできました。
まだもらえそうですよ!
ちょっと気分転換になりました。

【ライブ鑑賞】舵輪16周年記念企画

2/14で16周年を迎えた、浅草「舵輪」。
私は舵輪が2年目からお世話になっているので、早15年か、、、

2023年は2/17、2/18と2夜連続で、胡蝶さんの日本舞踊のスペシャル企画でした。
ムード歌謡、演歌や昭和歌謡などの曲に合わせての新日本舞踊の踊り。
これはかなり異例の催しだったんだと思います。
生演奏であること、ぞうりでの演舞、横ではなく縦に移動する動き。。。
それは、本当に大変だったと思います。

初めて胡蝶さんの踊りを鑑賞しました。胡蝶さんは宗山流日本舞踊だそうです。
踊りと共に、日本舞踊について、自分についての話を挟んで、
また、初日は2名の歌い手さん、2日目は1名の歌い手さんを入れて、
曲によっては一緒に胡蝶さんが踊りました。

本当に濃い内容で、2セット目は衣装を変えるというなんという早業。
舵輪には十分な控室がないですから、
近所に関係者のお宅があるので、そこまで行って着替えてきたんです。
十分な環境ではない中で、精一杯の準備と舞台を作る、その姿勢に本当に敬服しました。
長年、そんな舞台を支えていらっしゃるんだと思うのですが、
スタッフが数名いらっしゃって、胡蝶さんのサポートだけでなく、
お客様のフォローも全て、座席から上着の扱いから、、、全て!してくださって。
私はお客様のサーブに集中することができて、本当に感謝しかありません。

さて、本題のライブですが、
胡蝶さんんの踊りの合間にトークを挟んで、
そのお話の中で、印象的だったのが、
踊りで語れるのは6割だと。型や踊りの動きなどその事実などを伝えられても、
残りの4割は、受け手の想像力や経験値によるもので補うものだ、という話でした。
悲恋の話も、観た方の経験した事に共鳴するものだ、ということです。

音楽でも全く同じ理論が通じるわけで、胡蝶さんの発信者としての共通の思いに、共鳴した次第です。

Horizon_0001_burst20230217203742438_cove

331936794_862887848337890_12793298004696
これ、一部のお衣装。
扇子や手ぬぐいなど小物も使って色んな場面を表現していました。
胡蝶さんは背が高いので、見映えします。
この首のラインが美しいですね。

331876095_577323057644352_44565983384948
これは2部のお衣装。あでやか。かつらの変わったのよ!

ギターの梅田さん、ご一緒したのがコロナ前でしたので、随分とお久しぶりでした。
りんご追分は、三味線のごとき奏法。これは梅田さんの真骨頂です。
演舞に深みを増す、演奏となり、改めて感動しました。
シンセサイザーから尺八の音が鳴り、
パーカッショニストからは鼓(つづみ)の音を手で鳴らす。
音楽的にも、多彩な音に魅了されました。

ミュージシャンからも胡蝶さんからも「あれはどうしたんですか?」と
裏話を聞いて、どのように創り上げていったのか知ることもできました。

長年、浅草の夜を巡回するマスター(笑)にとって、
舵輪らしい周年記念だったのではないか?と思いました。
来年も再演して欲しいという声しかないので、私からも再演を強くお願いし、
私もお手伝いを頑張ります。
いや~~、マスターも疲れておりましたね。あはは。
忙しかったけれど、いい疲労感。なんか久しぶりですね。

胡蝶さんともお話することも出来て、その芸に対する姿勢、
腹のくくり方に感服しました。
いい刺激を頂いて、私も自分の中のパワーを循環させないと!と栄養をいただきました。

より以前の記事一覧

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ