« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

引越し

今週、実は引越しをしました。
が、、、、荷物が積み切れず、積み残しが「大量!」に発生しました。焦
わざわざAート引越しさんが見積もりに来てみてもらって、トラックの大きさを概算してもらったのに、、、、
結局、総合的判断でAートさんにはしなかったのですが。

次に移ったマンションが古いので、エレベーターがなくて(泣)
想像以上に大変です。
通販とか荷物の配送業者さんに申し訳なくなりますね。

これを機に、実はウォーターサーバーを導入したんです。
やっぱ、、、半端なく便利。水ってあると思うと飲むね。あはは。
立派な浄水器も付けているんですけど、でもマンションが古いと配管とか心配で、、、
飲料としてほとんど使ってなかったんです。加熱調理は、まあ仕方なし、と思って使用してた感じで。
数日しか経ってないけど、すでに結構な消費量なんです。
使用スピードはこれからも様子見です。

で、積み残しは業者の手配をあれこれしてみたんですが、
月内はいっぱいで、便利屋とか何でも屋とかに電話してみたんだけど、
倍値を言われるし、、、階段の階数があるから、どうしても高値になるのね。泣

なので、引き渡し日を伸ばし残り数日で必死に人力作戦としました。
引越し先は実は近所なので、それが唯一の救い。

やっと目途が立ち、ホッとした次第です。
でも、、、ほんとに古いマンションで、希望全てをクリアする物件なんてないですね。(笑)
何を優先するかで、手を打っていくしかありませんが、、、
今の気持ちは、ここも長く住むつもりがないというのが本音で(笑)、
つくづく荷物は軽量化し、いつ何があるかわからないという気持ちで、色々なことを整理しようと改めて思いますね。あはは

今回、何度も荷物を運んでいるうちに、体力がついたり、荷物を上手に運べたり、、、
体力や筋力に自信なくしてたけど、やれる。という少し自信を取り戻しました。
お陰様で、腰痛が全くなく、荷物運びも正しいやり方だったようで、しかも運動不足だったんだ、、、という事が分かりました。
こんなハプニングも自戒を込めて、勉強になり、いい運動になったと前向きな気持ちで、終わりを迎え安堵です。

頂いたお花、花瓶がないので、臨時の器、、、苦笑
玄関に花。いいですね。
Dsc_3118
そして昨夜28日は、舵輪で昭和歌謡でした。
こんなドタバタで、何とかライブを遂行出来て、それが一番ホッとしています。
舵輪マスターの4/30のお誕生日会を兼ねてのライブでした。
それは、後でライブ後記といたします。

| | | コメント (0)

昭和の小樽

次兄が大学生の頃に撮った小樽運河。
今の運河に改修する前の姿。
運河に氷が張り、形状が独特で気に入ってる1枚。
何故か、私の手元にある。
見せて貰って返してない、そんな経緯だと思う。(笑)
兄よ、ごめん。💦💦

運河には、沢山の船が停留してました。
運搬仕様ですね。
昭和中期~後期でもまだ健在だったし、レンガ倉庫も使われていたということですね。
かつての豊かな商業都市、小樽。
貴重な写真で、次兄に返せなくなりました。
ごめんね、お兄ちゃん。

昔の運河は、雨が降ると臭かったぁ。
そうそう、ヘドロの臭いね、、、地元民はよくそう言ってたね。

Dsc_31092

大学時代に自分の貯めたお金で、Nikonの一眼レフカメラを買って、
楽しんでいました。

歳が離れている私は、「私も撮りたい!貸して」と言って借りようとした事があります。
でも父が心配して、私に「高価で大切なものだから、やめなさい」と言いました。
その時私は、いざ貸してくれる事になったものの、壊したら大変だ、、、と
内心思っていたので、父の言葉に反抗することなく、受け入れた、
そんなことを記憶しています。

兄の優しさと父の正論、そんなことだけ覚えています。

Dsc_31082

今となっては貴重な写真ですね、、、改めて。
フォトブックには、写真を撮ったときの日記にようなものも記されています。
本当は、兄にとっても貴重なものかもしれません。(笑)

久しぶりの回想録となりました。

| | | コメント (0)

【Live後記】Jazz Live 浅草「舵輪」

3月末のライブ後記。
遅くなりました。

3月31日(木)@浅草「舵輪」
pf)鈴木史門 bs)永松徳文

2_20220404225401
最近、終了時間が早くてお客様も早く帰られるので、
写真を撮りそこなう事が多く、
久しぶりに写真を撮りました。

永松さんのベースは、初めてご一緒した時、
「他人な気がしな~い」(笑)って印象で、
やっぱり、今日もご一緒して、フィット感は半端なくって。

史門ちんと共演が多い分、息が合ってるんだな、と思うけど、
いや、それだけではない、と回を重ねるごとの実感です。

永松さんは、ピアニストの音はもちろんですが、
ちゃ~~~んとボーカルを聞いている。
呼吸っていうか、間合いみたいな。それと空間と。
だから、と~~~っても歌いやすい。
こんなええ状況で甘えて、ええんか?とか思うくらい。(笑)

久しぶりのドJazzなライブは史門ちんとも久しぶりで、
なんか新鮮でした。
バンドSWAKですと、アレンジがかかってますので、
それはまた色合いが違うので、
私も違った気持ちで楽しみました。 

やっぱ歌えるって幸せだわ~と思いつつ。
まん延防止重点措置が解除になったことを嬉しく思いつつ。
それでもコロナの感染は衰えを知りませんが、、、
小さな喜びをかみしめて、
小さなことでも感謝して、、、

ただ歌うのみ。

今月は昭和歌謡です。頭を切り替えてっと。(笑)

| | | コメント (0)

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »