リンク他

  • Youtube「りんご追分」
  • Youtube 「Moondance」
  • ポチッと
    ポチッとよろしく!

お気に入りサイト

音楽関係リンク

« 【グルメ】秋の味覚 もんびゅりゃん! | トップページ | 今年最後の健診 »

【美術】「ゴッホ展」@東京都美術館

げーじつの秋。

「ゴッホ展」に行ってきました。

2021_vangogh_l

コロナ禍になって、美術鑑賞もチケット予約制。
結構な人が出ていました。
チケット制でなければ、もっとすごいことになってるんでしょうね。

Dsc_2989
私は絵については、全くもって疎く、善し悪しすら判断できないんですが、ゴッホだけはその人生にまで興味を持ち、これまでに知識が、ち~とばかりあります。

ゴッホの「ひまわり」が1987年に安田火災海上(現:損保ジャパン)が当時53億円で落札し、それを一般公開した時に本物を観たことがあるんです。
大行列で、、、それだけのために!でしたが、、、並んで。。。。

Phpvpjqbj_57b6d68511689
これ、こんな感じで展示されてました。当時も。(検索から拝借しました)

その時、「ひまわり」を観た時の衝撃を今でも覚えています。
色彩の明るさ以上に、絵画からオーラを感じたのです。
こんな感想は、後にも先にもこの時だけです。

なんなんだ、この衝撃は??という感想です。
それから私はゴッホに興味を持ちました。

ゴッホは、画家を志したのは遅く27歳。そして、自死するまでの10年ほどしか活動していません。
しかも生前は世に出ることのない画家でした。
それまでは牧師の息子として、牧師の道を志して挫折するんですね。。。
唯一の理解者は弟。
数奇な運命です。

今回の展示は、ゴッホの作品を収集していた、ヘレーネ・クレラ・ミュラーの偉業です。
彼女の亡くなる前年に美術館を開館し、ゴッホ以外にも多くの画家の作品を貯蔵しています。

今回、東京都美術館は、1階がミュラー美術館で貯蔵してた、画家の作品。
2階は、ゴッホは初期に黒クレヨンの素描と言われる作品の数々です。
先日TVで観ましたが、初期の作品はやはり画風も未熟で、
人の手の長さや、遠近による大きさが正しくないという、作品も展示されていて、見れて嬉しかった。

3階に更に上がって、中期から晩年の油絵の数々。
本当に沢山の作品でした。

Dsc_2991
この作品は、印象派の影響を受けていることがよ~~く分かります。
そして、印象派の後に、点描画法という点で描く新印象派があって、その画法の作品もありました。

Dsc_2990_2
晩年になりますが、この作品、木の質感は、浮世絵の影響を受けた感じが出てるものです。
ゴッホは、自ら浮世絵を収集して研究してたと言われています。

気に入ったので絵葉書を買いました。

Dsc_2992_2
これは、晩年の画法ですね。
有名な「夜のプロバンスの田舎道」
クリアファイルを買いました。楽譜入れに使おうと思います。

ここらへんの画法を観ると、「ムンクの叫び」を思い出します。
素人ながら、この時代の画法なのかな?と思っています。

ゴッホは、色んな画法や画家の影響を受けながら、苦しみ、もがき、、、
自分を追い込んでいったものはなんだったのか??
未だに私の中でもその答えを見つけられず、ゴッホの作品を眺めています。

今回のミュラー貯蔵の中には、有名な自画像やひまわりなどはありませんでした。
作品数も多く、最後は沢山のグッズが。(笑)
なので、、、、2時間くらいかかります。

今度は、ガイダンスをつけて、もう1回見たいかな。。。

ち・な・み・に、、、
美術館の隣は、、ZOOよ、パンダのいる上野動物園よ~~~。あはは

« 【グルメ】秋の味覚 もんびゅりゃん! | トップページ | 今年最後の健診 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【グルメ】秋の味覚 もんびゅりゃん! | トップページ | 今年最後の健診 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ