« 珈琲を愛するモノ | トップページ | 【TVドラマ】「半沢直樹」最後まで激走だった »

コロナ禍でのマンションの修理工事後に見えたもの

5月下旬から7月の中旬まで、大型なマンションの外壁工事が予定されていました。
しかし、長雨が予想より長く、8月の下旬までかかり、
しかも、私の部屋の給湯器の配管破裂も重なって、、、、
私だけ最後まで手こずっていました。

やっと骨組が撤去されてすっきりしたら、下階のおばちゃんが引っ越して空き家になっていた。
そういえば、最近沢山のゴミが出てたな、、、と思ったり。
このおばちゃん、近くでスナックやっていたみたいで、、、、
コロナでたぶん、店も畳んだんだのだと思われる。

そう考えると、最近のゴミの収集所のゴミが減っているな、、、(笑)
違法ですよ、でもこういう小さなお店は個人ゴミとして出している可能性があった。
そんな感じがする。

画像に含まれている可能性があるもの:雲、空、屋外

ここにも、コロナ禍の影響を垣間見た気がする。

| |

« 珈琲を愛するモノ | トップページ | 【TVドラマ】「半沢直樹」最後まで激走だった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 珈琲を愛するモノ | トップページ | 【TVドラマ】「半沢直樹」最後まで激走だった »