« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

【TVドラマ】「半沢直樹」最後まで激走だった

一昨夜は、多くの方が最終回を観たことでしょう。(笑)
私は録画で、皆さんを後追いで、、、観終えました。

私の中では、今、半沢の名言を聞くには、7年前とはご時世が変わったな、、、
という気持ちが片隅にあって、サラリーマンの在り方も様変わりしたと実感します。
よって、余りに理想論の言葉が並び、私の心には正直響かなかった。

いや、最近、コロナに始まったころではないが、「正論」を「正義」を勘違いして振りかざす人が多いね。
気持ちが悪くなるのです。
その振りかざした「言葉」は、自分だけ「正しいことを言ってやった」という自己満足に終わり、
相手への指南にはなっていなかったり、相手の心へ届けるためのものになっていない事が多く、
痛いのだ。
半沢は、決して自分の私利私欲で言っていたり、見栄のためのものではない。
そういう「姿勢」のもとに発する言動は、見ていてわかるし、「敵」すら味方にする。
「言動とは、相手を思ってするもの。」
つくづく、難しいですね。
人の話を聞いていて、時々「めんどくせーな、おまえ」(笑)みたいなこと、多々ありますからね。あはは

さ、話は最終回へ戻しましょう。

490830

今回の話の「銀翼のイカロス」を7年前に読んだので、すっかり忘れているのと、
本には無い部分がドラマでかなり演出されているため、
私は本とは別物と思って、このドラマを楽しんでいました。
役者の演技力に重きを置いて、この展開の中でどう魅せてくれるのか?と。

Edk_iwsuyae7vbf
766eaeeaa121caea7b03ff1d2ce5650b
これは、ネットだけでなくマイブーム、、Death。(笑)

ネット上「顔芸」って言うけど、香川照之さんを見ていて、これだけ表情で複雑な感情を表現できる人は、そういないと思う。
悲しみと哀しみの違いも表現してるし、憎しみの言葉とは裏腹に相手へ向ける瞳の奥の想いすら感じる、重厚感ある演技は実に見ごたえがありました。ドラマを観ていて、よかったと思う瞬間です。

Ei7aotgu4ai_qbc
やはり、北大路欣也さん、大好きです。
かっこいい。本当にかっこいい。
あの物腰が、更なる風格を加味させている。
最後まで、良い人でよかった。(笑)

最後のシーンの言葉が印象的だった。
「もの事の是非は決断した時に決まるものではない。評価が定まるのは常に後になったからだ」
もしかしたら間違っているかもしれない。だからこそ、今自分が正しいと信じる選択をしなければならない。」
これは、音楽をやっていて、常とするところであり、私には名言でありました。
最後に頭取からお言葉を頂けて、私も光栄です。(笑)

Eixh8hlvgaey5d2
今回、黒崎さんが大活躍で、このシーンは声を出して笑ってしまった。
シーズン2の今回は、ドラマの大筋のスパイスとして効いていましたね。見ごたえありました。

みっちーの同僚魂の演技や、
柄本明さんの狂演っぷりや、
白井大臣のコミカルさから、最後の清々しい透明感を演技した江口のりこさん、
もっと沢山の重量感ある役者にも見ごたえありました。
割愛してごめんなさい。💦

Ei7nmydvoaiyie5
最後に、はなさんは、原作にはない配役で、
昨今、役者さんの訃報が続いていただけに、「生きていれば、何とかなる」という言葉は違った形で重く記憶に残る名言となったわ~。

最後の終わり方から、、、半沢直樹は役職は何になるのでしょうか??(笑)
私は「お色気なしの島耕作」って思っています。あっはっは。

45c05df272e86b9091fbe0fd204213af

最後に、、、
O0640048013840349821
私が昔から大好きだった「りんどう」。
花言葉を聞いて、笑っちゃった。
私の、、祖父譲りの竹を割ったような性格に、マッチしてるじゃないの~。(黒崎口調)

ドラマって、やっぱり楽しい。
私はTVドラマ、好きですね。

| | | コメント (0)

コロナ禍でのマンションの修理工事後に見えたもの

5月下旬から7月の中旬まで、大型なマンションの外壁工事が予定されていました。
しかし、長雨が予想より長く、8月の下旬までかかり、
しかも、私の部屋の給湯器の配管破裂も重なって、、、、
私だけ最後まで手こずっていました。

やっと骨組が撤去されてすっきりしたら、下階のおばちゃんが引っ越して空き家になっていた。
そういえば、最近沢山のゴミが出てたな、、、と思ったり。
このおばちゃん、近くでスナックやっていたみたいで、、、、
コロナでたぶん、店も畳んだんだのだと思われる。

そう考えると、最近のゴミの収集所のゴミが減っているな、、、(笑)
違法ですよ、でもこういう小さなお店は個人ゴミとして出している可能性があった。
そんな感じがする。

画像に含まれている可能性があるもの:雲、空、屋外

ここにも、コロナ禍の影響を垣間見た気がする。

| | | コメント (0)

珈琲を愛するモノ

9月に入りました。
コロナ禍で、一体この半年は何をしてたのか?と思う。
季節は着実に進んでいますね、、、空しいとはこの事か??

さて、自宅の楽しみを深めたいと、思わず買ってみました。

118586293_4270834959658344_8117136344642
「セラミックフィルター」です。
これは、コーヒーだけでなく、お茶や紅茶もOK。
118352786_4270835076324999_5965242409299
私が買ったタイプは、外側に陶器の器があるタイプ。
118413153_4270835152991658_4069740643676
こんな感じで、お湯がじわ~~~っと。
紙フィルターですと油分も取ってしまいますが、このセラミックは、本来のコーヒーの油分も残ります。
淹れ方がまだ安定してないから、どれが美味いポイントか?まだ掴めてませんが、
美味しいコーヒーを淹れたいとおもいます。

ただ、神フィルターみたいに捨てられないのが、面倒です。(笑)
そして、お湯を通して濾(こ)したものの色が出ないまで洗浄して、、、

時々、直火で加熱して目の詰まりの洗浄とか。。。あるみたい。あはは
慣れないと。。。

| | | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »