« 2020年5月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年6月

【健康】突きつけられた、現実。

今日、かかりつけの病院へ問診に行ってきました。
先週の採血結果を聞きに。

2月でコレステロール値を下げる薬を一旦やめて、3ヶ月間経過観察するものでした。

結果は、たった3ヶ月で悪玉コレステロール値が過去最高値になっていました。
これは飲まないとダメだねって話です。とほほ
それ以外の数値は、実に健康なので、これは体質として持ってるものですね、、、
なので、ここからは、今後の未来への健康投資で、薬で抑えるしかありません。

DHAのサプリメントとかで解決する数値ではないですね。
ま、病院からも肝油はもらいましたので、保険も効いて一石二鳥です。(笑)

薬を初めて1か月過ぎた頃から、身体の分張りが効いていました。
そして、薬をやめた3月、、、4月に入って、途端に疲れがひどかったのです。
自粛とはいえ、実感してたのですから、これは血液って大切なんだな、、、って思いました。

定期的な検査も、健康への投資。
皆様もお気をつけくださいね。

| | コメント (0)

【Live後記】三ヶ月ぶりの舵輪ライブ

コロナ自粛から、やっとこの日を迎えました。
全くもって、「歌を忘れたカナリア」状態(古っ!)で、
練習も、準備も、段取りも、本番も、全てが「大丈夫なのか?」って思いでした。

いつも応援くださる皆様のお顔にお目にかかれ、本当に感激しました。

6月に入ってなぜか「Almost Like Being In Love」が頭の中でグルグルしてたので、1曲目に選曲しました。
歌いだしたら・・・・わたくし、、、出落ちしてしまいました。

この場に戻れたことの嬉しさや、
唄えることの喜びや、
聴いてもらえることへの感謝や、
何より、人と共に音を紡ぐことの出来ることの幸せを、
感じているうちに、、、
歌いながら涙が出て、止まらなくなってしまいました。

105388604_3256810577760130_1766206305256 
それは、正に「清めの涙」だったな、、、と振り返って、今そう感じています。
共演してくれた、ピアノの佐藤まさみさん、ベースの日下部史貴さんの温かく、優しい調べが自分の心のひだに一つ一つ染み入っていくようでした。

何とも、今までに感じたことのない感情と思いに、未だ上手く言葉にできませんが、
今までだって、震災時など歌えない状況というのはありましたが、
このような環境的に歌えないことによって、色々思うことが今回は大きかったです。

自粛の間、先の見えない、目途が立たないことから、歌えないことへの「失望感」がとても大きかったのです。
こんなに歌えないことが自分を廃人するのか?と自身に驚きました。
もちろん、だからこそ、一度歌から離れて、出来ないことを楽しんでいましたが、そうすると音楽をやっていた自分が見えなくなって、、、どう戻っていいのかも分からなくなってたんです。

私にとって、練習は、プロとしてひと様に見せることを意識してのパフォーマンスなので、
そのモチベーションがなくなると、どう練習していいのか分からなくなりました。
(基礎レッスンとかは、別ですよ)

改めて、自分の中での音楽の大きさと、ライブへの想いに気づかされました。
私はそんな人間関係を好む人間ではありませんが、だからこそ、人と共演したり、一緒に何かを創り上げていく中から「学び」を謙虚に真摯に得ようと心掛けているんですけど、だからこそ、「今、ここに存在する音」にどれだけ渇望していたのか、という気持ちになりました。

やっと「禊」も終わり(笑)、音楽と向き合えそうですよ。あはは

一気にギアを上げていけない環境ですので、
私も無理せず、地に根を生え巡らせておきましょう。

どうぞ、今後とも応援をよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

【TVドラマ】「中学聖日記」再放送

今、再放送してる。(笑)オンタイムでは観てなくて、今さら1話を観たら止まらなくなるね。(笑)

Uuzvq3lml_bkiqyakc1vfs5m5vwpmdnzwfmhswx0
前にさ、「高校教師」ってあったよね。(笑)
あれもテーマが重すぎて、実は見ていない。真田広之ファンとしては、余計見れなかった。あはは

なんかさ、先生と生徒って、、、犯罪色強いよね。あはは
もう見てらんないわけ。危なっかしくて、、落ち着かない。
未成年って、、、怖いね。あはは。
大人は、ハラハラするよ。

まだ、再放送では最終回を迎えてませんが、今は便利なParaviで観ちゃいました。
今回は、恋人役の俳優さんが、「ギルティ」(4月放送予定だった!)にやはり元恋人役て出てるから。
そして、、、吉田羊さんが良かった。(笑)
「自立」とは何か、「自立した女性」とはどんなものか?これは、一面でしかないけれど、ちょっと「理想」も込めて、観ちゃったね。

先月は、実は、マンガを読み漁っておりました。
最近のドラマはマンガからが多いね。だから、それを見てたら、あれやこれやと見あさってしまいました。
どんどん、世俗から離れていってますね、、、あはは

ああ、日常に戻りたいね。
服装はもう夏。(笑)

| | コメント (0)

6月に突入

今日、やっと、やっと給付金の封書が届いた。
とっとと出してやる。ふっ。

3.4.5月、、、音楽が出来なくて早3ヶ月が過ぎようとしてる。
私は、ほんとに絶望の域に達しております。
こんなに「先が見えない」ということが「失望」させるんだ、と絶句しております。

こうして、音楽が出来なかった時期は、私には過去ある。
それは、音楽をやめようと思った時だ。その時も数ヶ月あった。
本当に心がボロボロで、死にそうだった。
あの時の自分と今の自分すら比較してしまうほど、、、現状はつらい。

私も御多分もれず、「この先の人生」を考えていました。
おかげ様で、副業があるので、それなりに忙しいながら、「音楽」の抜けた日常の空いた部分で、ふと思案してしまいました。
兄から定期的にメールをくれて、そのたびに現状や近況や心情を語っているうちに、自分の気持ちを形にしていくうちに、、、「今の気持ち」「今の自分」が見えました。驚くやら、心がザワつくやら、、、

音楽がやれないことの沸々として感情だけでなく、もっと根本的な「問題」を実は今年に入って見ている気がしてる。
かなり個人的心情なので、敢えて語る気はしないが、、、実に悶々としている。
ここから、いつ浮上するんだろうか?
私は、いままでも「浮上する」のは、自分で起こす感情ではなく、もっと自然な「動き」に身をまかせてきた。
「カラ元気も元気」という名言をかつて友人に頂いたことがあるが、確かにその連動性が自分の気持ちに変化を起こす、脳へのアプローチとして科学的なことも知っている。

しかし、私は「浮上する」のは、それでは上手くいかない。
そこで頑張っても結果に結びつかず、神経がすり減り、、、自滅する。
無理は、やっぱり無理だ、ということが身体が知っている。

特に、音楽は「感情」そのものだ、と思っているからだ。テクニックはそうではないけれど、「成果」を導くには、「感情」との連携と感情との密接な関係によってると感じている。実に悩ましいのだ。
今、正にその渦中なのだ。

コロナの収束と共に、自分のモチベーションや身の整理がついていたら、、、と、自分に切に願っている。

でも、こんな気持ち半年も抱えると、、、重症だ。
浮上の仕方すら忘れる。
SNSも離れていますが、、、、元気ですから!!(笑)

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年8月 »