« 自粛ムードの中、私は・・・ | トップページ | 【映画】「娼年」松坂桃季 »

日本アカデミー賞2020年「新聞記者」

「新聞記者」3冠

最優秀作品賞
最優秀主演男優賞
最優秀主演女優賞

Esbjygsucae0xmy
映画館で見れなかった。だから、、、今、観た。
もうね、感動でちょっと言葉がありません。映画館で観てたら、たぶん席から立てなかったと思う。

一貫したトーンの重さが、もう苦しくて、、、苦しくて。
本当の世の中の「闇」を見る思いになった。
リアルすぎる。

圧力やいろんな興行上の問題があって、宣伝のできない中、素晴らしい作品内容と興行成績を収めたといえる。
日本人女優さんたちは、その後の自身の進退を鑑みて、辞退があったとか、とにかくいわくつきな作品ながら、素晴らしい作品だった。こうだ、などという説明など全くない。

外国人女性を起用したことで、日本語の不自由さがより言葉を必要としない、映像のこの作品のトーンを決めている感じがする。

今だからこそ、観るべき社会派作品ですね。
心が震える。

多くの方に観ていただきたく、そして個々に思う感情を大切に感じてほしい。
今の社会に置き換えてみてもいい、作品として感じてもいい。焦点を当てたことに思いを寄せてもいい。
あなたの心で感じてほしい。

| |

« 自粛ムードの中、私は・・・ | トップページ | 【映画】「娼年」松坂桃季 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自粛ムードの中、私は・・・ | トップページ | 【映画】「娼年」松坂桃季 »