« 【映画】「娼年」松坂桃季 | トップページ | 都内の自粛要請 »

【TVドラマ】完全燃焼!(笑)「恋はつづくよどこまでも」

いや~、どんどん後半に向かって盛り上がった「恋つづ」。
楽しかった~。(笑)

ドS医師、天堂先生役の佐藤健さんがハマり役でした。
ネットで胸キュンというワードが華開いてましたね。(笑)
でも、キュンキュンしますってワード、好きくなかった。
ま、キュンキュンしてたのかも、しんないけど。あはは

20200317_takeru
でも、何度も見ていくと、本当にハマった理由が分かってきた。
最初は、佐藤健さんがカッコいいとか、勇者の健闘が面白いとかが目立つけど、
本当は違う。

このシーンで、天堂先生にナースの佐倉が言うんです。
「私は、先生に出会ったとき、2つのものをもらいました。
一つは、好きって気持ち。
そしてもう一つは、先生のように誰かを助けたいっていう夢です。」

あ、これだな、、、って最終回で分かった。(笑)
「夢」ですよ。
好きな人の延長上にある、夢。
ただの恋愛だったら、たぶん、世の中の大人は物足りない。(笑)
今の時代、やっぱり夢とか成長とか、人としての要素がないと反響しない。

そして、天堂先生の変化をしっかり表現した、やっぱ佐藤健さんという俳優の力量に圧巻です。
どれだけの少女マンガな「男」を演じて、体現したか。。。
盛り上げるためだけではないが、ドラマ中にSUGARというのを使って、直で視聴者、ファンとの交流をする。
なんという大胆さ。

4月から「半沢直樹」が始まるけど、あれは45%という脅威の視聴率をたたき出したドラマ。
その後の反響は知っての通り。主演の堺雅人さんは、そのイメージの定着を嫌って、、、
紆余曲折、色々な憶測もありますが、7年という月日が経過しました。驚きです。

それに比べ、佐藤健さんは、今日YouTubeを開設、ドラマの方の戦略はあるけど、まだまだこのドラマのソノサキを追求してる。
言ってしまえば、攻めている。(笑)
どこまで、ファンや視聴者をお腹いっぱいにさせるのだろうか?
私は、今の佐藤健氏の一挙手一投足に注目している。(笑)

いいライターさんの文章を見つけた。
SNSでも紹介したけど、備忘録として残し恋ておこう。(笑)
とても自然体な文章と洞察力で、それ以上の納得感のある文章だった。


私も本文にある、ドSとはストイックとサービス。というワードが気に入った。
私たちもエンターテイナーとして人を魅了したい。
シンガーだから、歌ではもちろん、そのステージだったり、女性としての余剰を求められることは本意でない、とどこか思うけれど、否定してるわけじゃないが、、、なぜか、気が重い。(笑)中身が男前だからだろうか??あはは

ま、それはさておき、何か佐藤健さんという俳優から摂取したいのだ。(笑)
は~~、まずは、楽しかった。

| |

« 【映画】「娼年」松坂桃季 | トップページ | 都内の自粛要請 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【映画】「娼年」松坂桃季 | トップページ | 都内の自粛要請 »