« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

【TV】完全燃焼!「グランメゾン東京」

12/29(日)注目のドラマが終了しましたー。
テッパンのサクセスストーリーで、めでたしめでたし。ふふふ。

Twitterでは直後のバズりっぷりを堪能しつつ、回想しております。(笑)

『料理っていうのは、素材の質と料理人の腕と経験ですべてが決まる。
だけど、料理人のメンタルが微妙に影響する。

最終回の序盤で、大切な事を語っている。
いい料理には、ただ上手な料理だけでなく、その人の気持ちが入るってこと。
優しい気持ちで作れば、味も優しくなる。
イライラしていれば、イライラと尖った味になる。
メンタルが影響するって。

これは、職人に共通するメッセージだったなと感じて、、、
最後に心が必要だ、というエッセンスを逃さなかったことが、
このドラマの「職人の本物の姿」を安易にドラマでコーティングしなかった事と、
偉そうに思った。(笑)

常に、自分と向き合い、客観視する力があるか、それがどの世界でもいえることで、
とても共感する部分でもあり、そこを、ちゃんと演出したことをが、私はこのドラマの好きなとこだった。
何度も試作品を作り、一つ一つの料理で自分が出てるわけよね?
焦ってる、ぼやっとしてる、方向が違う、と自分の今が出てるわけよね。。。
作品と向き合うことは、自分と向き合うこと。
大切なところをちゃんと演出したな。と反芻、反芻。(笑)

『人の心を動かす』ということに心血を注ぐ者たちの思いに、
共感した次第です。見てるうちに、肩に力が入ったよ~~。

そしてやはり、リンダの「いい女っぷり」が最後まで輝いていた。
https://twitter.com/i/status/1211279132446748673
颯爽と、、、凛として。カッコよかった。

https://twitter.com/i/status/1211328168658792448
このキムタクと富永さんの会話はいい。(笑)

今日一のツボはやっぱ、ここだった。
Em9exxnueaad2oj
初回から、バズった江藤オーナー、最後までありがとう。(笑)
このドラマ、全伏線を回収しまくったね。偉いよ、脚本が。(笑)

あと、早速、グーグルマップで「グランメゾン東京」って検索すると、出るの!
オシャレすぎる。(笑)
https://www.google.co.jp/maps/place/グランメゾン+東京/@35.6848554,139.7454557,13z/data=!4m8!1m2!2m1!1z44Kw44Op44Oz44Oh44K-44Oz5p2x5Lqs!3m4!1s0x601889a8906cc53f:0x25cf4b6cd6e4447d!8m2!3d35.6848554!4d139.7804746?hl=ja

仮想と現実のコラボ。

そして、今回はミシュランも協力して、実際の受賞会場の映像も本物のシェフも登場するというすごい事に。
なかなかのスケール感でした。

正月は、少し堪能しまくって、新年迎えます~。
年の瀬追い込みのドラマでしたね、、、

最後に、尾花と倫子の傑作を。
Em9fubdvaaaoyvk

Dsc_2114
ボナペティ。💓


| | コメント (0)

【Live後記②】舵輪について

舵輪は、開店12年、私がお世話になって11年になります。
今日は、年の瀬に(笑)少し舵輪というお店について書こうと思います。
12年と一言でいいますが、色々ありました。

今でこそお店の常連さんも多くおりますし、SNSも充実して宣伝も不特定多数への配信が可能になりました。
が、私が舵輪でお世話になった頃は、まだFacebookなどここまでネット社会ではなかっただけに、本当に集客が大変でした。

この舵輪にしてもそうです。集客に苦しんだのは一度や二度ではありません。
なので、満席とか多くのお客様に来ていただくと、私は万感の思いに実はなるんです。
簡単に集客というけれど、ミュージシャンによっては嫌う行為ですが、
でも、聴いていただいてなんぼ、の世界です。ライブとはそういうものです。
と、私は思って腹をくくっています。くくっていても、しんどいですけどね。(笑)

とはいえ、逃れられないことですが、そこについて、時々SNS上でミュージシャンの吐露を拝見します。
それは、視聴者に向けて適切なのか?という気持ちになるので、私は書きたくないので書いていません。
でも、色々思うことは沢山あります。それを書いてしまっては、終わりだなと、気持ちを奮い立たせています。

80269996_1533109296837734_47630820651281
集客という意味では、お店に対しては色んな思いがあります。
多くは活字にはしませんが、してはいけないと思いますので書きませんが、
マスターの男気に感謝しかありませんでした。

根気強く出演させてくれて、私も「ライブをどうしたらいいか?」と考えるようになりました。
色んな事を挑戦したり、テーマを決めてみたり、「工夫」を始めました。
それは、集客という目的ではありましたが、結果自分の音楽を深めるものとなりました。

マスターは、出演者に一任します。何やっても文句いいません。(笑)
(人によっては、違うかもしんないけど。(笑))
その太っ腹は、どの店にも感じないものです。
だから、私は自分の裁量で、時間配分もメンバーも選曲もライブの総合的統括も私に責任があると思って、今はやっています。

『何か試したいことは、舵輪から。(笑)』 
これが私のセオリーです。あはは
そうやってミュージシャンを守ってくれることを、改めて感謝しております。

人脈に乏しい私は、マスターに紹介してもらう事はよくあります。
そうやって、ミュージシャンとつながっていくことが出来たのも、舵輪です。

とにかく、面倒見の良さは本当に敬服いたします。あはは
その恩恵を受けてるシンガーたちは少なくないはず。

最近は酒に弱く(笑)、ゴルフはバリバリとやる、全然健康なマスターですけど、いつまでこのお店があるのかな?とふと思う時があります。
また今は、しっかり者のスタッフもいて頼もしい限りですが、私もこれまで通り表に裏にと、お店を盛り立てていけたらと思っています。

来年は、2020年。20年代に突入です。ちょっと、一区切りで書いてみました。

下町、浅草の人情でした!(^0^)//

| | コメント (0)

【Live後記】仕事納め 12/26(木)@浅草「舵輪」The Trio プラスワン

今年のラストは、浅草「舵輪」でした。
今年の総集編と称して、1stは昭和歌謡、2ndはSoul&Jazz and more(笑)

80635461_1289289651263840_80389935604118

昭和歌謡は、7月の阿久悠の世界のライブ時の選曲を主にしました。

80782345_3369511279790367_23299831692536

2ndは、Jazzは1曲だったかもしれない。(笑)

今夜の私は、全くの緊張がなく、頭は冷静だった。
一度でも彼らとやってきた曲という安心感からなのか?彼らの音がよく聞こえていたし、やってることや音楽的に進んでる方向を感じながら、エンディングの終結へと皆で紡いでいった感がありました。

お越し下さった方たちの感想を読んで、「あ、私が感じていたことを同じように感じているんだな」と思うようなコメントを見て、泣きそうになった。本当に嬉しかった。
そう、私も音楽的一体感を感じたし、互いに理解し合いながら、創り上げる一つ一つの曲の形があったと、深化を実感した一夜でした。

時々、言いますが、昔、小曽根真さんに言われた言葉がある。
『メンバーとは共に成長するものなんだよ』って。
私は、時々、その言葉を反芻しながら、そして、積み重ねた音楽を見て、それを感じている。
進んでる方向は間違ってない。って。

80315148_2845593305486024_64262361926221
今日は、珍しく、私がメンバーに感じてることを吐露しよう。(笑)

80659732_3369511059790389_55729009104529
(pf)鈴木史門氏
私は、彼を彼らしく、彼の個性を一番に引き出すには、どうしたらいいか?と考えた時、
彼についてはいつも「放置が一番」と言っている。(笑)
好きなだけ、好きなことをやらせるが、一番彼らしいという結論に行きついた。

だから、このTrioの時は他のメンバーもそれを理解して許容してると私は理解している。
今夜はこの真骨頂だったな、、と思った。
彼のピアノの魅力はそこにある。

そして、彼はやっぱり「歌伴」が上手い。でも、彼は伴奏者ではない。
あくまで、シンガーとの距離は、共演者だ。
歌伴というと、バカにする人もいるけれど、シンガーをちゃんと見ていないと出来ないテクニックというのがある。
シンガーとの関係性と言ってもいい。でも、これは、シンガーと共演する者には必要要素と思っている。
押せば出る音でも、弾けば出る音ではない、シンガー独特のものをどう理解するか、、、
これが歌伴の腕の違いと思う。
私は、多くは言わない男気があるが(笑)、ものすごく感謝している。
敢えて書くならば、私が苦手な部分はさりげなくフォローしている。
そんな事させないだけのものでありたいが、これはやはり積み重ねてきた証と思った。

80274303_2475199492578174_34085106347933
(bs)菊田茂伸氏
ウッドもエレキもウクレレもこなす、器用なベーシスト。
このTrioでは、作譜やアレンジを、、、結果的に担当になっている。(笑)
彼の優しい性格が、「これではリハを収拾つかない!」という危機管理能力が反応した結果だと思う。あはは
彼の演奏だけでなく、違った才能を披露して頂けて良かったと思っているのだ。

ベースとは、その名の通り、縁の下の力持ちのポジションである。
だから、ドラム、ピアノ、ボーカルのバランスを取ることにも、嫌でも神経がいくのがベーシストだな、って見てて思う。(笑)
ひと様には分かりにくい、見えない彼のリードはこのTrioには必要であり、とても感謝している。

そして、このTrioにおいては、縁の下だけでは収まらない。(笑)
ベーステクニックをふんだんに披露してもらう、ギター不在の今、ベースの役割は多岐にわたっているだけに、そのキャパをカバーしてる彼には感謝でしかないし、そういう意味での可能性がまだまだあると信じている。

80687891_3369511143123714_33900930891786
(ds)Abbey氏
このTrioのバンマス。(笑)私が勝手に任命しました。
私はAbbeyさんの人柄が大好きで、そして、その人柄がストレートにドラミングに出ていると、ステージでいつもビシビシ感じている。
この人柄が、バンドの和を紡いている。
人柄だけでは仕事にはならない。(笑)腕もあって人柄もあるのだ。

私は 、Abbeyさんのドラムからメロディが聴こえている。だから、どこをやってるのか、ちゃんと理解できる。
とても歌心があって、歌っているようだ。そして、歌い手の呼吸を理解してる、努力ではなくセンスに近い。細かい部分まで理解して反応する。だから、歌い手の下手は致命的になる。時々、「すまない、そこの下手さを」と思うのだ。

Rockはカッコいいし、Funkなんかオシャレだし、ブラシはセクシーだし。(笑)
その使い分けは、本当に気持ちよく歌わせてくれる。
レンジの広いジャンルと編曲でやるだけに、Abbeyさんの腕は必須なのです。

~~~~~~~~~~

少し真面目にメンバーへの愛を語ってみた。(笑)
このメンバーでこれから、どんなことをするのか?どこへ進むのか?分かりませんが、「何ができるか?」という挑戦と可能性を常に模索したいと思っています。それが、個々の力になったり、また、Trioの進化になると信じています。

その流動的、進行形で時にはコケることもあるかもしれません。でも、「変化を恐れない」姿勢は貫きます。
その場を共有した皆様も道連れに。。。(笑)
どうぞその臨場感を共有してください。聴いていただく皆様に楽しんでいただけるよう、これからも頑張ります。

応援をどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0)

【健康】半年かけての血液検査結果は、、、

ここ数年、悪玉コレステロール値が異常に!高くて、
いい加減診てもらい、夏からスタンダードな薬ですね、それと一緒にEPA系のサメの肝油成分ですかね、それも薬と一緒に頂いて、、、

4か月飲んでみたんですね、、、
で、ここ1か月は、確実に体の変化に自覚があって、いつもだったら仕事で深夜に帰宅すると、もう疲れて、そのまま倒れ込みたい感じ。(笑)
横になったら、そのまま朝になっちゃう感じ。。。

それが、今は、帰宅しても片づけや肌の手入れも出来るし、何よりこの時期はもう寒がりになって、、、、
今年は大丈夫ですね、、、

で、今日問診してきました。
やはりコレステロール値は、薬の効果てきめんで、正常値。
なので、あと2ヶ月は薬と肝油を飲んで、一旦ストップ。初夏の頃に採血で、どれくらい数値が動くのか?
高くなれば、また飲む必要もあるし、という事でしょう。

肝機能の数値が少し高めで、ま、先生は体質でしょうね。
まだ、想定内数値ということで、何も処方はなし。
ま、私なりに取り組んでみましょ。酒も飲む習慣ないしね、、、、しじみですかね?(笑)

で、今回は一緒に骨密度を図ったんですが、これが、、衝撃!!(笑)
なんと、年齢基準では、123%という脅威の骨密度でした。
20代との基準比較でも115%ということで、私の骨は20代でも勝る強度でした。
こんな立派な体で産んでくれた母親に、ただただ感謝です。

先生は、これからの事を考えて、ホルモン値とか気にしてくれていて、
でも現状は、数値的にいじる必要なしなので、長期的に定期的に診ていくようになると思います。
そういう意味で、診てくれる病院があるって本当に助かります。
今まで、こんな形で自分の体をチェックしたことないですから。
私が診てほしいことってそういう事なのよ。(笑)

だって、暴飲暴食もしないし、よく寝るし(笑)、ストレスはコントロールするし、
本当に頑張ってるんです。(笑)あはは
だから、これでどこかおかしくなったら、人間やめますか?っつう話ですよ。
なので、今は胃カメラだ~とか、内視鏡だ~~という事よりも、
今の時代、数値で分かること多いので、それで「私には今は」十分なんですよね~。

という事で、気持ちよく、健康に新年を迎えられます。
あと10日で2019年も終わりますね。。。

| | コメント (0)

今年最後のライブは、、、

気が付くと、今年も残り10日ほどとなりました。
油断するとblogの更新が後手でした。

なかなか師走に気が重くなっていました。
一つ一つ向き合っていくしかないですが、
重かった。(笑)
結局、逃げないから重くなるんですけど、、、
今年はそんな一年でした。がんばった、あたし!って思っています。

さあ~、今年最後のライブ、12/26も目の前です。
気持ちよく迎えられそうです。(笑)

先日、リハをして、大まかなイメージはできて、メンバーとも共有できたので、あとは本番のテイストに任せます。(笑)
それが、このメンバーのおおらかさというか、おおまかさと言いますか。あはは
構成を間違えないように、、、練習の追い込みします。

今日、衣装も決定しました。イェ~イ。
テンション上げていきます。

20191226_20191219202801

ライブ、いらしてくださいね。待ってま~~す。

| | コメント (0)

【訃報】All Of Me Club オーナー金城純一氏を偲んで回顧録

11月22日、急逝した、六本木「All Of Me Club」金城純一オーナー。

余りの突然の訃報に、ただただ驚きで、言葉が見つかりません。

All Of Me Clubと言えば、六本木で老舗のジャズクラブ。
私は、移転前の時から深夜セッションにお邪魔していました。
All Of Me Clubといえば、内装が「ザ・ジャズクラブ」という雰囲気で、
駆け出しの私には、敷居の高い場所のように感じられました。
深夜セッションはいつも人がいっぱいで、当時の熱気を思い出します。

Bg7466600x353

そこから、最近まで縁遠かったのですが、
2年前に、六本木サテンドールの井上社長が急逝し、
少し再建のお手伝いで入っていた時に、金城さんとはお話をする機会が増えました。
サウンドクルージングでも裏方でお話をしたり・・・

その時、いつも金城さんは私と会うと「サテンドールはどうだ?」と声をかけてきました。
同じ六本木の同業他社。しかし、同じ業界なだけに、自身の経営者としての目線で、
とても心配になったのだと感じました。
そして、次世代の担い手を必要とし、自分が出来ることを伝えていこうとしてたとすら感じました。

六本木の銀行で並んでいたら、金城さんにお会いしたことがありました。
いつも、自分が銀行へ行ってると言っておりました。
あの時、新札が欲しくで、両替機で用が足りなくて、困っていたら、金城さんが両替してくれた!
という今となっては懐かしい話になってしまいました。
サテンドールを手伝っていた、私にも優しくサポートくださった方でした。

ジャズクラブだけでなく、何店舗も店を経営する経営者という印象の方が、私には強いのですが、
ジャズを愛した一人と言えます。
カウンターの一番後ろで、演者を見てる。鋭い方だったとの印象も私にはあります。

Counter7806

もっとお話ししたかった。
これから、もっとAll Of Me Clubにお世話になりたいと思っているし、、、
そういう意味では、六本木のジャズシーンが変わっていくような気がしています。

10月27日に出演でしたが、昼ライブでしたので金城さんにはお会いできませんでした。
それが、今となっては悔やまれます。
「また今度」は、ないんだな、、、って。
もう、待ったなしなんだな、、、って、、、

心よりお悔やみ申し上げます。  合掌

Enter7825

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »