« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

【CATV】昨日から放送になりました!

4月に収録したトーク番組「下町東京人図鑑」の放映が始まりました。

放送日は、5月27日(月)~6月2日(日)
(月)15:00 19:00 (火)12:30 20:30
(水)15:00 19:00 (木)12:30 20:30
(金)15:00 19:00 (土日)19:00 20:30

①番組は地上デジタル11ch(j:COMチャンネル)で放送します。

61028024_685783988548431_870974540196138

収録も結構オーバーして撮りましたので、どのような編集になっているか??
私もまたチェックしておりません。
墨田・台東地区のJ-COM加入の方、是非見てくださいね~。

ネットでの視聴は、来週、放送後に公開になると思いますので、
追ってお知らせ致します!

なんか、いろいろお話したいような、オフレコのような気もしますが、、、
またそれは追って!

| | コメント (0)

6月9日の、ロックライブが近づいてきた。。。

ロックライブ(6/9)が近くなってきた。
20190609all-of-me-club_2

色々、欲が出て、こんな選曲がいいんじゃないか??って思ってたら、
自分の首を絞め過ぎてることに気づいたけど、、、遅かった。(笑)

やるしかありません。
とても楽しみです。いい選曲です。
是非お楽しみに。

今週は比較的、ゆるいスケジュールにしたので、
ギアチェンジして、加速しております。
でも、焦ってきました。

他のライブの準備もありますし、、、
ジャズでしょ、ロックでしょ、歌謡曲でしょ、、、
もう、頭ん中はグチャグチャです。😵😵😵
心身のバランスをとるために、ウォーキングしてこようっと。

どうぞ、お楽しみに。
そして是非、いらしてください。
新しい扉が開く瞬間を、、、あなたが証人です。
(コピーライターか??)

| | コメント (0)

【TV】「きのう何食べた?」の何気ない、ムーブメント。

初回から、Twitterで話題になっていた、
「きのう何食べた?」。

190124_01

ゲイの二人の何気ない、同居生活の話なんだけど。。。
二人の演技にネットで沸いている。(笑)
ま、そこも面白いんだけど、
私は、なんと言っても、この食卓メニューに惹かれる。

実は、毎週のメニューを作ってみている。あはは
作ってみたくなる、すごい求心力。

1週目の「ごぼうとシャケの炊き込みご飯」

Img_20190410_161316_363

我が家は、雑穀米。美味でしたよ~。

2週目は、「ラザニア」
これは、近くのスーパーへ行ったら、ラザニアシートが売ってなくて、インスタントな箱売りの、ひき肉だけ買うタイプで我慢しました。(笑)
なので、写真は撮りませんでしたー。

3週目は、「サッポロ一番みそラーメンのインスタント」
これはね、、飯テロ級の映像でした。(笑)
ただ、私は、もう何年もインスタントは食べてないので、
作りませんでした。すごい、凝ってた。気持ちは食べたいけど。あはは

で、4週目は、「手羽先の水炊き」

Dsc_1611

鍋に昆布を入れて~、水から炊く。

Dsc_1612

はい、ちゃんと作りました。
もう絶品です。締めは雑炊ね。
私は、今、卵禁止してて、卵は入れず、つみれを作ってたから、小さいつみれも混ぜての雑炊にしたの。(笑)
激うまでした。

ほんとね、、、面白い。
メニューに困るから、私にとってはレシピと化しています。
来週は、何かな~??

| | コメント (0)

【展示】「80周年 トムとジェリー展」は感動だった。(2)

これは、最初のところで展示してました。

Dsc_1587

Dsc_1588

Dsc_1589

かわいかったので、違う角度でトムとジェリーの造形、表情を追ってみました。

トムとジェリーは、私の原風景と言っていいんです。(笑)
本当に、大、大、大好きなの。今も。
吹き替えの声も素敵でしたね。
あり得ない形状になったり(笑)、いじめてるようで、いじめられ(笑)、
でも友情があったり、その中に芸術性もあって、、、
すべてが凝縮してましたね。

トムとジェリーはアカデミー賞を7回も取っていたんですね。
この「猫のコンチェルト」なんて、名作です。(笑)
なんでこんな芸術性を損なわず、ユーモアを織り交ぜることが出来るのか?
と今見ても感動します。
https://youtu.be/NW0PxVi1Qfw

私の中で、潜在的に音楽の情操教育になっていたんだと思わずにはいられない。

あと、私も歌っている「Is You Is Or Is You Ain't My Baby」という曲を
なんと、トムも歌っていたんですね~~。
気が付いたら、私は幼少のころからJazzを聞いていたのか??
とさえ、感動します。
https://youtu.be/yJxmfaSlbFc

ウィリアム・ハンナジョセフ・バーベラ がトムとジェリーの製作者ですが、
彼らは、本国より日本でヒットした「チキチキマシン猛レース」の製作者だったのね。

Cn_program_img_pc_1229370760 99cc7eb26d094a459d29b763aff01bab

ここらへんの原画も展示していました。

本当に、ものすごい展示物の量で、結構見るだけで時間はかかり、
更に物販もすごい量で(笑)、悩んじゃった。

クリアフォルダーとランチョンマットを買いました。

もし、収集する時間と金があるなら、間違いなくトムとジェリーの原画を買いたい。
楽しい、童心にも返った、GW最後にいい時間を持てました。

さ、、、
現実に戻るか。(^^;

| | コメント (0)

【展示】「80周年 トムとジェリー展」は感動だった。(1)

5/6まで、松屋銀座にて「トムとジェリー展」をやっていました。
忘れるところでした。
行ってよかった。本当にすごい情報量で、もっと見てたかった。

そう考えると、先日の、ローランド展の薄っぺらいこと。(笑)

Dsc_1603

子供のころ、北海道ですがTVで本当にやっていたの。再放送だったのかな??
良く分かんないけど、夕方といえばやっていた。
私は、大好きだった。(笑)
なんか、、、、夢があったんだよね~。

ラフな構図やセル画、本当に沢山の構図の展示で感動だった。
そして、こんなに長く愛されてるアニメーションだったのか、
とか再確認した。

実は、TwitterでTaku Inoueさんという方が、
以前からトムとジェリーのワンシーンを立体的に制作したものを、掲載していたんです。
それが、ほんとに素晴らしくて、楽しんでいたんですけど、
今回オファーがあったらしく、それも見ることが出来ました!!

Dsc_1590

Dsc_1593Dsc_1594

正面から見ると、こんな顔でした。  

Dsc_1595 Dsc_1597

ね、映像そっくりでしょ??
結構大きいサイズの作品なんで、驚きました。

Dsc_1599 Dsc_1600

このチョイスがすごいです。

Dsc_1598 Dsc_1602

このクオリティーの高さ!!
彼の作品展、やってほしいくらいですよ~。感動だった。

原画は写真撮影禁止で、かなり写真は限定されます。仕方ないですね。

=つづく=

| | コメント (0)

初めての経験

針金ハンガーで、干していた。
シャツとかさ、トップスを!

60m9twe5_400x400

そうしたらさ、、、
トップスが干してるポールとかとなりの干し物に引っかかってるわけ。

????

って思うよね。でもハンガーが見つからない。
半乾きだから、干し直ししてさ、、、

そしたら、しばらくしてベランダを見たら、
またトップスがベランダに落ちてるわけよ。

えええええ????

そして、また、ハンガーだけないの。
ど、ど、泥棒??
それもハンガーだけ???

・・・・・

分かった。
これ、春だし、カラスだね、、、きっと。

43783886

でも、ハンガーは飛ばないように専用のフックに掛けてるんだよ。
それさえもくちばしで取ったってことでしょ??
言葉もない。
こんな盗難は、初めてでした。
驚くわ~~~~。油断ならない。

| | コメント (2)

改元という祭事

令和になりました。
崩御による平成時代を迎えたときと違い、この高揚ムードは否めない。
譲位により改元されるって、悪くないな、という感じに思った。

その反面、必ずこのお祭りムード、高揚感に異議を唱える人が出る。
ま、私もそこまでの高揚感はない。
気持ちの少しに、「そこまで、騒ぐことか?」みたいな感覚も存在する。

色々、考察してみたんですけど、
右とか左とか以前に、
この天皇制が日本には存在して、伝統というか、文化というか、
風習というか慣習というか、マインドの根底にこの天皇という存在がある。

今日は、デモがあったみたいですね。
天皇譲位の儀式が、宗教的だ、とか。。。
だって、天皇は無宗教ではないよね?しかも、歴史的にも神事だよね?
なんか、矛盾してて、よく分かんない。

時代とともに、価値観が確かに変化してるんだな、って痛感する。

~~~~~~~~~~~~~~~~

話が変わるが、
私は、雅子皇后の笑顔が美しいなと感動した。

Photo_48

無理のない、笑顔にホッとした。

As20190501001222_comml

この立ち姿を拝見して、皇后の風格、
それは、美智子さまとは違う、
しかしながら、ぬぐいようのない(笑)醸し出るインテリジェンスな品格、
高貴さ、を私は感じた。
令和天皇・皇后の歩みを、私は楽しみだ。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »