« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

【フレンチコース】神楽坂ラトゥーエル

先日、行ってきました。

10年来の知人で、旦那様がオーナーシェフでして、前々から行きたかったのですが、なかなか都合がつかなくて、やっと、やっと来れました!!

最近のやっとシリーズ。(笑)続きますね。。。

Dsc_1068_2

隠れ家的、ここだけまるでおフランスっ!テンションがここから上がってしまいました。

Dsc_1069

ランチながら、飲まないなんてセンスの無いこと(笑)できないわ。

シャンパンを食前酒に・・・

Dsc_1070

実は手前は、アイスクリームです。抹茶にレモンオリーブオイルで酸味と乳製品で胃袋をコーティングです。(笑)

後ろは、トリュフのペーストです。既に、盛り付けが和の雅さがあり、正にアートでした。

Dsc_1071

旬の秋刀魚をタルト生地の中に野菜と盛り付け。

底には秋刀魚のペースト。回りは秋刀魚の肝で作ったドレッシングで、その苦味を楽しんでください、という一品。

Dsc_1072

ブレッドすら芸術的だな、と思って撮ってしまった。バターの堅さが完璧です。

Dsc_1073

ここで、ワインが飲みたいところを我慢して(笑)、ハッサクのフルーツジュースにしました。酸味がしっかりとした、美味しいジュースでした。

Dsc_1074

そして、魚料理。鮎です。全体の器の感じはこんなんです。

余りに美しい紫。私、大好きな色なので、見入ってしまった。

Dsc_1075

鮎の肝を使ってワイン仕込みのソースです。

本当に上品な味付けで、鮎の優しい風味を損なわないソースでした。

Dsc_1076

肉料理は、山形豚です。お皿に真ん中でないとこがオサレ。(笑)

ポルチーニだけ(フランスでは違う言い方のようです)、しいたけ、まいたけ、など数種類のきのこが豪華でした。

サラの隅にある黒いのは、ブラックガーリックです。味を変えながらのボリュームある肉料理でした。

Dsc_1077

さ、最後はデザート。フルーツは桜桃。二種類のアイス、真ん中はナッツとメレンゲ。愛でつつ、堪能しました。

Dsc_1078

エスプレッソと一緒にお茶菓子が付くという、、、なんという贅沢。

もうね、全部食べました。(笑)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

シェフも出てきてくれて、撮りました。

Dsc_1081

写真に堅いお顔してますが、実物はよくお話もするし、表情も優しいイケメンです。(笑)

是非、皆様にもランチにディナーに、お使い頂きたいお店です。

ディナーはそれなりに高価ですけど。(笑)

彼女とは、不思議なご縁で、、、、

実は、当時兄の会社でありました、味の素に月3日だけバイトっていうんですかね、してまして、、、その部署に彼女がいたんです。

で、兄は本社で、私は支社。会わないな、、、と思ったら数ヶ月後、支店長で兄が来てビックリ。(笑)

神の導きと思いました。それまで、余り今のようにマメに連絡してなかったので。

で、彼女はその後もライブに来てくださって。

ベッピンさんで、しかも性格も素敵で、、、天は二物を与えましたね。(笑)

彼女の素敵な接客姿も見れて、勉強になりました。

また、お世辞ではなく、食べたいです。

【神楽坂 ラトューエル】

https://www.tourelle.jp/

| | | コメント (0)

【Live鑑賞】赤坂G's Bar

以前から聴きたかったシリーズ。(笑)その2でございます。

(g)片桐幸男 & 渡辺庸介

片桐さんは、庸介ちんの師匠であります。

そう、師弟ライブです。実は、もう10年以上もやってるのであります。

それだけ、庸介ちんは信頼される愛弟子ということであります。

(「義母と娘のブルース」口調であります。(笑))

42099767_2222854394456421_559174516

いや~~、ダブルギターってイメージつかなくて、

どうなんだろう?って思っていたのですが、、、

これが、、、面白かった。

さすが、師弟ですね、ソロを交代しても、フレーズとか似てて、ちょっと音色が変わったか?とカウンター越しで覗くとね、、、変わってるって感じ。(笑)

片桐さんの演奏中の笑みが忘れられない。

本当に楽しんでいる。

愛弟子と音楽を楽しみ、愛弟子の奏でる音に満足し、互いにあうんでのやりとり。

そこに至るまでの庸介ちんの師匠に対する、情熱と誠実な姿勢の何ものでもないな、、って感動しちゃった。

でね、、、バラードが素敵だったの。

なんか感動して泣きそうになった。

あんまり素敵だったので、11月の浅草「舵輪」は、師匠もオファーしちゃった。あはは

そして、いつの間にか私も片桐さんを師匠と呼んでしまった。ま、いいっか。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、ここ赤坂G's Bar、マスターの作るカクテルが旨いっ。

42059322_2222854461123081_165883001.

『モヒートは、ホワイトラムではなくて、、、、黒糖を使い、、、、』とこだわりの配合。
実に美味しかった。

42170091_2222854537789740_599235106

二杯目も、梨をすりおろした、ジントニックなんです。凝ってるわ!
さっぱりしてて、そんなに酔いたくなかったから、丁度よかった。
カクテルを飲むと、バーテンダーの力量がよく分かる。(笑)

これ以外に、おつまみを頼んだの。写真は撮らなかったんだけど。
『オススメって、何かあるか』って。
そしたら『イカの塩辛ですが、〇〇に漬け込みまして、そこに塩麹を入れて甘くなるのでレモンを入れまして、、、バケットに乗せて召し上がって、、、』とか言われて、これが旨かった。
野菜スティックも、マヨネーズだけでなくて、三種類もディップがあって、、ちゃんと提供してるんだな、、って感心してしまいました。

カウンターでマスターが気さくに声をかけてくれる、軽快なトークがNiceでした。
居心地良い店だったわ。

そして、ここは投げ銭だから、店主が最後に声をかけて回ってくれるんです。
そこまでお店が努力してるって、いいお店です。

大満足の夜でしたっ。

| | | コメント (0)

【Live鑑賞】初・Bar Bar Bar

実は・・・Bar Bar Bar、、、初です。(笑)
なかなか、ご縁がなくて。

今夜のメンバーは、大隅寿男Ds 関根敏行P 横山裕B 大隅卓也As 平賀マリカVoのライブ。

Dsc_1057

マリカ師匠(笑)、とお呼びするには不義理すぎて、失礼しておりました。
でも、私、私の節目節目で会ってましてね、、、多分、なんかそこに巡っていくんだろうな、、って、歌声を聴きながら感慨深くなった。
私は、このJazzy感に魅了され、都会的・スタイリッシュという言葉の似合う、洗練されたフレージングやマリカ節(笑)が好きで、レッスンに通ったんだ、、、と蘇った。
そして、話をした時の雰囲気(さばっと、ズバっと(笑))は、自分も似てんな~って、今日改めて笑ってしまった。あはは。

大隅寿男氏・卓也氏の演奏を聴きたいと思って、早何年?(笑)
やっと、やっとです。聴けました。
親子って、独特のあうんがあって、それも面白かったです。
寿男さん、色気がありますね。(笑)
来年、50周年だそうです。半世紀ですよ。すごいな。。。

Dsc_1056

そして、
ご一緒したことのある、関根さんのピアノを聴きながら、実はすんごい反省をしていた。(笑)
関根さんのピアノ、自分が共演したとき、一体どんだけ聴こえていたのか?と。聴けてないんじゃないか?って思えるくらい、溢れる音に、、、ショックを受けていました。
関根さんのピアノを活かせてないんじゃないか?と、思えて、悔しくなっていました。(笑)
歌っていていつも思うことは、共演者を活かすこと、それが結果化学反応を起こすことになるから。と私は思っている。
相手の音を聴くこと、という点でも、反省する気持ちになりました。

ちょっと苦言を言えば、シンガーを聞かない、勝手にこうだ、と思い込んで締める、終わる、俺が音楽をコントロールするんだ、みたいな人もいますね。
ちゃんと、皆の音聴こうよ。音を楽しもうよ、と言いたい。(笑)

師匠の歌を聴くと、色々初心に返って、思うわけですが、
基本に立ち返って、ジャズと向き合わねば、、、と思ったのです。

Img_20180915_012046

と言って、明日は昭和歌謡を歌うんですけどね。(笑)

Bar Bar Barも昨年オーナーが亡くなって、竹内さんが代表になったとのことで、少しお話させて頂きました。
どんどん、老舗と言われるジャズクラブも世代交代していくんだな、、、って横浜の雨に打たれながら、そう感じた。

非常にお料理もお酒も新鮮で美味しくて、ちょっと贅沢しました。(笑)
味も量も納得の旨さでした。

Dsc_1055

Dsc_1054

Dsc_1053

あ~、夜更かししてる~~寝よ。
師匠、ありがと。

これからは、もう少し関わりを持っていきたいと(笑)、思っております。
やっぱ、師匠には時間を作ってでも、お目にかかるべきだし、
聴かないと。

と、私の師匠は、平賀マリカさんと伊藤君子さんで、
マリカさんがいなかったら、歌うこと、シンガーとしての思いを作れなかったし、
君子さんに出会わなかったら、辞めていた。

これは、神の領域。(笑)その話は以前に書いたことあるんですが、、、
歌の運命をくれた、お二人。
ちゃんと義理は尽くさねば。

ちゃんとシンガーとして在る、という事が一番の恩返しではあると思っています。

でも、メンテのために、お目にかかんないとダメだね。(笑)

金を出して、音楽を聴きに行くって必要だ。

さ、がんばろう~!!

| | | コメント (0)

北海道地震

Maxresdefault

山の土砂崩れ。

Img_6231d2935792905edb0af23bb2697e0

ここまでくると、リアル感がないほどの映像です。

見事過ぎる現象に言葉がありません。

私が住んでいた時も、地震は少なくて、道産子の地震に対する防災意識は低いと思う。

それ以上に、電力供給の問題が分かりましたね、、、

全道停電って、、、最初意味がわかりませんでしたもの。

何か、ふるさと納税で、地域支援したいと思います。

って、、、全国どこもになってきた。泣ける。。。

| | | コメント (0)

【テニス】全米オープンテニス2018

勝っちゃった。

あれよあれよと、、、

20180907_naomi_546_03

若干20歳。

鉄壁のセレーナを撃破して、快勝の痛快さ。

なんでしょ、拍子抜けにも近い、、、ファンの気持ちも追いつかないほどのスピード。

22歳までに国籍を決定する必要がある立場で、、、

一体、彼女はどうするのかな。。。

E7182_1351_bdce4cce_2eaaa298

ベスト4の高き壁、ジョコビッチ。

これを超えなければ、優勝ないんだろうな。。。

彼の死闘を、、、これからも応援する。のだ。

ガンバレ、KEY。

日本人男子、グランドスラムホルダーに一番近い男。

見たい、その瞬間を私は見たいのだ。

| | | コメント (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »