« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

7月27日、あれから10年・・・

7月27日、

それは、私にとって、忘れることの出来ない日です。

私が新人の頃から、圧倒的なパフォーマンス、ライブ感に魅了され、

刺激を受け、影響を受けた一人と言っていいです。

越智順子さん。

彼女が亡くなって、今年、10年になります。

Ochijunko

関西出身の関西弁で軽快なトークとお客様を笑わすセンス。

それにも勝る、ライブパフォーマンス。同じ曲を同じに歌うことなどない。

その圧巻なステージングにどれだけ惹き付けられ、そうなりたいと思ったか。

ジャズ、ゴスペル、ソウル。。。どれを取っても素晴らしい。

今でも歌っていたら、間違いなくトップシンガーで大活躍してると思います。

彼女のパフォーマンス、歌が恋しいです。

今も色あせない、CDで歌を聴きますし、参考にしますし、、、、

今の私の原型がそこにある気がします。

彼女のような、記憶に残るいい歌を歌いたいと、

改めて、命日に思うのであります。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

そして、今日は父の命日でもあります。

学生時代に他界したため、夏休みに入っていて、、、

私の中では長年染み付いたサイクルになっています。

以前、子供の頃、10年余り、命日月の7月に毎夜(笑)、

枕元に立って、夢に出てきました。

それからも、折を見ては、父は出てきました。

しかし、今は全く出てきません。

多分、霊界も随分遠いとこへ行ったんだろうと、、、

私を心配する事がないのかもしれません。(笑)

おいおい、出て来いや~、とか思うんですけど。

でも、念は送ってるので、分かってると思います。

私が間違った方へ、迷った方へ行かないように、

見守ってくれていると思います。

ま、最近は、迷いもないし。出てこないんでしょ。

と感じています。

暑い夏、、、それは、命日とリンクしてしまいます。

今日は、錦糸町・東武ホテルで仕事です。

二人のために歌います。

| | | コメント (0)

徒然なる、、、、(笑)

6月で梅雨明けするという、衝撃から、

あれよあれよと、ピーカンな真夏で、、、

食欲が減退しております。(笑)

そこに、、、、W杯という昼夜逆転の放送が始まり、

畳み掛けて、ウィンブルドンがあって、、、

もう、観戦疲労状態で、そこに来月のサテンドールのリーダーライブの事、

別件で色々抱えてる事案があって、、、

またblogが後手になりました。。゜゜(´□`。)°゜。

当然ながら、今月後半は、来月のライブのために

集中します。

歌詞が、、、何語??私は、何ヶ国語を歌うんだろう??

的な状態なのであります。焦るわ~~~歌詞の落としこみしないと。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

そんな中、今日は、実はすんごい久しぶりにエステに行ってきました。

ま~、私には珍しい女子力万点?満点なネタ。(笑)

Estheticsalon

肌メンテも仕事のうち(笑)

かっけ~、あはは、半分そう思ってはいますが、

体のメンテの方が優先順位は高いですね。あはは

でも、肌チェックしたかったので、行ってきました。

まあ、目がデカくなりました。(笑)

顔がちっちゃくなりましたし。久しぶりにやると効果がはっきりくっきり。

美容チャージしてきました。

さ、頑張ります。

| | | コメント (0)

【噺家】『落語を聞いて情景が眼に浮かばせる、そして、、、』

2018年7月2日、桂歌丸さんの訃報が飛び込んだ。

巷は、W杯本戦トーナメントを目前に盛り上がってる時だった、、、

Cf77890d

私、歌丸さんのファンで、子供の頃から!!

既に笑点が磐石の番組として君臨してて(笑)、

それを見てた私が、注目したのが歌丸さんだった。

子供ながらに、時事ネタを風刺したり、時にストレートにネタに、、、

そんなキレのある姿が、美しかったのだ。子供をも魅了したのです。

余談ですが、

今の私が、社会ネタに関心を持ち、音楽だけが良ければいい、

なんて思えない、その根底のマインドを持ち続けたのは、

歌丸さんにアンテナが受信してるところからして(笑)、納得です。

(ま、私のアイデンティティはそれだけではないので、それはまた今度。)

_02

歌丸さん、このレギュラーの時、真打ちではなかったのですね、、、

この大先輩の中で、そこから50年ってすごい。

この番組がなかったら、私は落語に興味なんて持たなかった。

出会わなかったのだよ、北海道の土地でさ、、、、

いつだったか、TV番組で歌丸さんのことをやっていて、

歌丸さんで、横浜の花町に生まれて、、、、

だから、子供の頃から、お姐さんたちの化粧してるお部屋とか

平気で出入りしながら、そんな大人の世界を垣間見ていた、と

聞いたことがあります。

最初は、古今亭だったのね、、、師匠は新作落語の人で、反発して、

で、桂米丸さんのことに移籍して(笑)、桂だったのね、、、

この落語の一門ってのも、面白いね、、、

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

歌丸さんの落語は、楽太郎さんが6代目円楽襲名の興行で、

公演会のときに聞いたことがあります。

それが最後になってしまったことを残念に思います。

出てくるだけで、空気を作ってしまうところはベテランですね。(笑)

TVのインタビューで名言があります。

『落語を聞いて、その噺の情景が目に浮かばなきゃいけない。

でも、その上に情景に色が付かなきゃいけない。』

私の落語の聞き方に間違いないな、、、とか改めて思った。

どこか、私は勝手に芸の師匠になってるかもしれません。(笑)

ああ、、、ほんとに歌丸さん、好きだったのよ~。

ご冥福をお祈り致します。

| | | コメント (2)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »