« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

ボーカリストって、、、

最近、いや、もう何年も思ってることなんですが、

私も常に気をつけてることなんですが、

歌っていると、段々、余計な「アカ」が溜まっていきます。

26239649

時々、自分の歌唱に対して、メンテナンスが必要だと思うのです。

人のご批判をするほど偉そうなものはないのですが、、、

ただ、久しぶりに聴いた方の歌を聴いて、「なんて、クセをつけたんだ」と残念に思うことが多いのです。

同業者の耳は誤魔化せないってことだ。

ピッチが合えば、歌として聴いていられます。

でも、そんなの「歌」じゃない。

ジャズって言って歌うなら、音楽的基本のSwing感がなければおかしい。

もっと言えば、もっと沢山ある。

リスナーは、「楽しければ」良いとしたとて、表現者はそれに甘んじてはいけない。

英語の歌は、英語の単語の長さ、抑揚、その単語の意味においてグルーブが発生する。

日本語は、1音符に一語でも英語は1音符に一語ではない。HappyだBeautifulだって言葉が多い。だから、Swingしてグルーブ感が言葉で「必然」として出るのだ。

なのに、それが、日本人らしい演歌的「節(ふし)」になってる人が余りに多い。

雰囲気で歌うのも、勘違いに等しい。その違いがわかってない人は多い。

私はそれを「気持ち悪い」と言っている。

私もブルージーな曲など、特に節が付きやすいので、結構気をつけている。

節と欧米的フェイクは違う。

私は最初のころ、日本語の曲はやっていなかった。

やはりグルーブ感が出にくいし、節がつきやすい。だから、その延長でジャズを歌えば、おんなじに聴こえるからだ。

私が今、心がけてること、挑戦してることは、ブルースはブルージーだし、ジャズはスウィングだし、ロックは縦ノリだし、ソウルはフェイクフレージングがあるし、、、そういう音楽的なものをきちんと分けて表現したいって思って、努めてる。

エラ・フィッツジェラルドがビートルズを歌ってもエラである。

キムタクが何を演じてもキムタクである。(笑)

それは、エラはエラという絶対的な存在として「あり」と思う。

でも、私は、その音楽のレンジの広さを覚悟で、その音楽的な違いとライブ内での融合を目指している。

いや、そうであるべきだと思っている。

聴いてる方は、そんな部分を気にしてはいないかもしれない。

やる側は、そうではいけないのだ。

スタンダードを歌えばジャズなんて、そんなレベル、やめましょうよ。

私は強くそう思っている。

これは、すんごいレベルの低い話なのだ。

しんどいな、こんな話。

| | | コメント (2)

健康診断2017

先月、健康診断をして、ちょっと遅かったが検査結果が届いた。

Mig

健診時に分かったのが、血圧が、、、低いってこと。

確かに以前から上が100くらいしかなくて、昨年が90で少し低いな、、、と思ったのですが、今年は80でした。

1年で10下がるって、、、あんまり良くないですね。

でも病気ではないから、血圧を上げるって薬はないし。。。

「適度な運動」が必要なのかもしれませんね。

血液自体は、赤血球・白血球など健全でしたので、まあ、安心してますが、

以前気にしていた中性脂肪はかなり前から揚げ物、コンビニ弁当を辞めて、今年の数値は完全に完璧なGoodな数値でした。

そして、2年前に大変悪かったのが、コレステロール。

とんでもなく高かったんです。で、1年かけてリコピン(トマト)やサプリで下がって、このまま推移したら、いいな、と思って、トマトサラダが日常的に取ってみたんですが、

今年は、昨年の数値とあまり変わりませんでした。

ショック。

一生懸命、食事改善してたのに、効果が出なかったということになります。

・・・困った。

なので、一応、以前に摂っていたリコピンのサプリメントを半年~1年、長期で摂り続けてみようと思ってます。

やっぱり、運動なんだろう。

これは、その時間が取れてないので、初秋までには計画を立ててみようと思ってます。

そして、今年、気になったのが、な、なんとγーGDPが基準値を少し超えた。

Σ( ̄ロ ̄lll)

な、なんで~~~???

私、お酒を飲む習慣がありません。

ま、気にする範囲ではないようですが、、でもショック。(笑)

ここまでくると、たぶん運動量が決め手な気がしてなりません。

新たに、生活のバランスを考えなければ、、、と思うこのごろでした。

| | | コメント (0)

【Live後記】諸々、ライブでした。

余りに書かなさすぎ(笑)、ライブ後記が後手に回ってしまいました。

7月14日(金)@六本木「club t」

3ボーカルスタイルで、いろんなミュージシャン・メンバーで共演しております。
ああ、こんな曲、こんな感じで?と勉強になったり、、、
はじめまして、のことも多く、少し緊張がありますが、
ゆったり出来る店内です。

8月は、8月3日(木)出演です。

気心知れたボーカル仲間の、甲斐久仁江ちゃん、藤本涼子ちゃんのお二人と共演で、今から楽しみです。リラックスして歌えると思います。

お楽しみに。

7月25日(火)@浅草「舵輪」  ★映画音楽特集★

20258311_1571791876228992_252836724

(pf)上長根 明子さん、(sax)南雲 麻美さん

お二人は、ほんと品があって、ステージ上からその品の良さがかもし出され、そして優しい空気感が広がります。

映画音楽は、その映画の背景がありますから、哀しい映画、古い映画、色気や(笑)、タップダンスなどのミュージカル映画などなど、その楽しさが伝わればと思いました。

映画音楽も、このお二人ともまたやりたいと思います。

次に歌いたいと思う難曲もありますので、準備してお送りしたいと思います。
頑張ります。(笑)時間がかかる。ちゃんと練習してやらないと。
時間との勝負ですよ~。おほほ

7月28日(金)@錦糸町 東武ホテルレバント東京

20476282_1146349792133653_902100681

今回初出演させて頂きました。

私はかなり上を向いていますが(笑)、2階吹き抜けで上から聞いてくださってる方もいて、かなり上を向いています。

今回SNSで告知をしなかったのですが、既にSNSと関係ないところで聴きにきて下さる予約が多く、ありがたかったです。

なかなかライブに来れないけど、私の歌を聴いてみたいという方がいて、今回こちらで歌う機会が持て、待ってました、とばかり、大変好機でありました。

そんな中、さすがの情報通(笑)、某岡田さんが来て下さいました。

私が目をぱっちり開けてる写真が珍しいので(笑)掲載します。おほほ

20294050_1146349692133663_807385170

この写真でも分かるとおり、背後は普通にホテルのフロントなので、ライブ感満載にゴリゴリとはいきませんが、楽しく歌わせて頂き、不特定多数の方に耳馴染みな曲を選んだり、日頃のライブでは歌ってない曲を歌ったり、、、

それはそれで、楽しく、いい機会を頂いたと思っています。

9月も出演しますので、ちょっとスタンダードを聴きたいという方はいらして下さい。

と、色んなチャンスと機会が増えてまして、スケジュール管理をしっかりしないと、、、と気持ちが少し焦っております。(笑)

今までもその憂き目の繰り返しで、でもここをクリアしないと、次のステップにいけない。

何でもそうなんですけど、音楽って音楽的スキルだけでなく、人間関係もあるし、公私も含めたスケジュール管理、練習も含め健康管理もあれば、時間確保も必要で、、、

それに失敗すると、「音楽」に出るんですよ。

あ、練習不足だな、体力ないな、集中力ないな、、、

って客にバレる。

何度目の追試だろうか?(笑)と苦々しく思いますが、

頑張ります。もう私ものんきにしれられません。うふふ。

どうぞ、ライブへいらして下さいませ。

来週は、8月3日(木)六本木「club t」です。

サックスの南雲麻美さんともまたご一緒です。いらして下さいね。

何やろうかな??と楽しみです。

| | | コメント (0)

タクシーでの初体験

先日、タクシーに乗ったら、

Taxi_driver_untensyu2

助手席に人がいて「ええええっ」とビックリして降りようとしたら、
助手席の人「研修で2人ですがお乗り下さい」
運転手「いらっしゃいませ」
???(初めての経験)...
私「えっと~、●●から高速で●●で降りて、●●街道を●●方面で・・・」と説明。
運転手(新人)「・・・はい。」(笑)
助手席(先輩)「●●方面ですね?」
私「はい」
一つ目の赤信号で停止中に、先輩「運転、代わろう」
私(ええええ?代わるの??)(笑)

話を聞いてみると、
運転研修は1日しかないんだそうです。
その前に1ヶ月余りの研修を経て、今日という1日しか先輩がついての研修なんだそうです。
そんな最後の最後で高速デビュー。。。(笑)
そして、何言ってるかわかんない話になって、先輩曰く、高速は速度がある分説明が難しく、コース取りも説明しにくいから代わったと。(なるほどね~)
なんか終始緊張気味の新人さんで、、、
こっちが緊張するよ。アハハ
研修のタクシーに出くわしたことがないので、面白い経験でした。
お支払いもマゴマゴしてて。(笑)
やはり最後は「明日から一人デビューですね、頑張ってくださいね。」と声をかけてしまった。
誰も、何事も最初の一歩は大きなハードルだね。
なんかとっても新鮮でした。

| | | コメント (0)

【Liv後記】6月末のソウルライブ!

遅くなりましたが、6月30日(金)は、舵輪の半年に1回のソウルライブでした。

写真をお願いしておりまして、手元に届きましたので、ライブ後記を・・・。

Dsc_08062

この衣装は、前回空輸が間に合わなかったもの、やっと着れました。(笑)

Dsc_08642

これ、難曲だった「A Song For You」だな。(笑)

今回頂いたメンバーの写真は、リラックスしたナチュラルな表情が印象的です。

Dsc_09092

こんな感じや、

Dsc_09182

こんな感じ。はたまた、

Dsc_09222

こんな含みのある笑み!!!!

和むや~~~ん。(笑)

Dsc_08192

今回は、ファーストとセカンドでチェンジ。

Dsc_09982

Dsc_10182

躍動感ある写真を撮って頂きました。

Dsc_10302

ソウルライブは、こういう写真が楽しいですね。

ライブについて、時間が経つと全く書けないということが分かりました。(笑)

色々思うことはありましたが、もう次にビジョンがクリアに明確にあるので、もう選曲から始動してるんですよ。(笑)

年末、昨年同様に、忘年会兼ねての企画かと思います。

是非来て観て踊って、飲んで、忘年、して下さいね。

ちょっとテイスト明確にしますんで。すっすっす、あ、違った、ふっふっふ。

いつも楽しみにしてくださってる方も多く、今回来れなかった方もいらっしゃるし、特筆するのはどうかと思いつつ、でも、わざわざ下関からこのライブのために休みを取って、金かけて上京してくれた、T氏に心からお礼を申し上げます。

そう、10年来に知人のS氏も神戸から時々いらして下さったりしてますが、、、(笑)

本当に有り難いと思っております。

そういう来場一人一人が、私たちのライブ活動を支えているんです。

どうか、これからも足を運んで頂けたらと切に願います。

次回のソウルライブ、、、ほんとにお楽しみにね。

もう頭の中にはビジョンはあるから!!!

| | | コメント (0)

【ライブ鑑賞】ライブの真髄

自分のライブ後記は、まず置いといて・・・(笑)

7/2(日)亀有「jazz38」にて、ペコさんこと伊藤君子さんのライブでした。

なかなか珍しい場所でのライブでしたので興味が沸き、かなり前から予約をしておりました。

1st少し遅れてしまい、途中から来店。

Dsc_0408

ペコさんをかぶりつきの位置から見れる、聴ける、こんな場所は貴重だ。

ピアノとの臨場感も肌で感じる。

熱気を感じる。。。。

ペコさんのひばりさんへの敬愛は有名でございます。

縁あって、こうしてCD制作になるということが、やはり神がかった何か大きな力を感じます。

いつもそうですが、ペコさんの声、第一声を聴いただけで、私は涙が出てきます。

その一音に集中し、魂を感じるんだと思います。

そして、「ああ、この声、この力、、、」と思うのです。

そして、ひばりさんの名曲の数々、ぺこさんに歌われてしまうと人生の喜怒哀楽に対する重みが全く違います。

一本の鉛筆という曲、実は知りませんでした。これは平和への願いを込めた曲でした。

https://www.youtube.com/embed/2iennv9YhlA

画質が悪いですが、いい動画がありました。

Dsc_0423

今夜のパートナー、ピアノ若井優也さん。

実は、2ndでハプニングがありました。

お店のキャパを色んな意味でオーバーしていたようで、曲の最後の部分にさしかかった所で、な、なんと停電!!!!

Σ( ̄ロ ̄lll)

何事もないかのように、真っ暗の中歌い切るペコさん。そして、最後まで曲を弾ききった若井さん。。。

ほんとにすごいと思う。

どうしてそんなことが可能なのか?と思う。

なんか、似たハプニング、前に小曽根真さんのときにもあった気がする。

その時も、弾き切ったと記憶している。。。。

演奏は、簡単には終えないという教訓。(笑)

勉強になりました。

実は、、、

ペコさんの誕生日が7月10日(納豆の日で覚えています。(笑))なので、お店のマスターに事前に了承を得て、ケーキを準備して、知る人ぞ知る岡田さんに前々から相談をしてて、サプライズを企画しておりました。

そのサプライズも無事敢行出来、良かったです。

残念ながら、決行者にて写真がございません。(笑)

ので、ライブ終了後のオフショット。

Fb_img_1499005402158

今回、岡田さんには、本当にお世話になり、遅れた私の分まで全て段取りをつけてくれて、、、岡田さんが居なかったら出来なかったんです。

本当にありがとうござました。

岡田さんは、多くのミュージシャンに精通しております。ほんとにミュージシャンのサポートをして下さり、差し入れしてくれたり、それはそれは、、、周知ですが。(苦笑)

しかも、この日もセカンドセットまでの休憩時間、色んな段取りをしながら、更にペコさんの立ち位置の部分にマットやシートなどがあり、よれた部分を直していました。

こんなことをするファンがいるだろうか?と思った。

小さな感動すらありました。

ミュージシャンはこういう愛情に守られ、応援されてるんだ、と忘れてはいけないものを感じた夜でした。

その日のペコさんは、ピンヒールで立ち歌でした。

その気丈さに敬服し、歌う姿に敬愛を抱き、

「CDも良いですが、日常の中にライブへ足を運んで頂けることもあって欲しいと思います。」と。

それは、私もいつもblogで言ってることでも、やはり、ペコさんのこの言葉の力の大きさには敵いません。

そして、私たちは、それに見合うだけのパフォーマンスが求められるわけですね。

ペコさんのステージングを見て、本当に勉強になり、感動し、高揚し、全ては自分の芸の糧となります。

もっとペコさんのステージを見て勉強しないと。。。

強く思った夜でした。

| | | コメント (0)

伊達直人のその後

そういえば、

伊達直人のランドセルを養護施設に贈ったのが、2010年12月25日。

約6年半前。

Tgr100jlp10304004

かなりの話題になって、施設へランドセルを贈るというブームが起こった。

いい話ではあったけど、施設が欲しいものはランドセルではないという現実が、、、なんとも残念な話になっていったと記憶していた。

で、昨年、この発端となった本人がリング上で顔を公表するという流れになり、小さく話題になった。

小さかったのは「なんで顔を出したの?」みたいな風潮だったのか?

でも、この2010年の出来事から、初代タイガーマスク・佐山聡氏が「初代タイガーマスク基金」を設立。

そこで、ご本人が佐山さんとコンタクトを取って、2016年にリング上で顔を出すことになったらしい。で、本人も現在この基金の理事だそうだ。

Yjimage

ご本人の動機をかつて聞いていて、ご自身が幼少の経験でご苦労され、20年余り養護施設への寄付や活動をずっとされていた方だった。

だから、もっと認知してもらえるよう話題になる方法で、それがランドセルであり、でも目的はそこではなかった。

ご本人の話で、養護施設から自立するときに必要な資金が45万、そのうち国の補助が27万、でも15万が不足で、高校時代にバイトをして自己負担を余儀なくされる。

しかも、その後大学への進学となると、自活資金、授業料などの負担がのしかかり、結局中退者は一般家庭に比べて比率が高いんだそうです。

なので、本人は行政の力が必要だ、という事を思っていて、現在お住まいの群馬県、前橋市、市長より打診があり、遂に行政が動いてくれて、

この3月より「タイガーマスク運動支援事業」が出来、現在数ヶ月で1000万を超えたそうです。

http://www.city.maebashi.gunma.jp/kurashi/23/30/p003807.html

016

前橋市のサイトで検索したのですが、ちょっと申込み先がイマイチふるさと納税サイトのように簡単に見つからず・・・・(泣)

でも、本来の納税として、「正しい形」な気がして、、、

肉を求めて検索してた自分が恥ずかしいですが、、、あはは。それも納税ですけどね。

なんか、まだ納税しようと思っていたので、候補がいくつかあって、調整しようかな、と思います。

この河村氏の行動力が、健全に人を動かす、活動の輪が広がる。

最初は、きっと大変だったと思うけど、それも覚悟の上での行動とは思いますが、立派ですね。

色々思いながら、私もあれもこれもと出来なくて、個人での活動にはほんと限界がありますね。

でも、思ってるだけじゃ、何でもそうだけど、叶いません。それだけは言えます。

行動しましょう。

すぐに直接その「事」に取り組めない状況なら、その準備をする。その準備のために必要なことがあればリサーチする。自分がどの段階にいるのか?、現実を把握する。そして、その覚悟があるか、自分を確認することも、時に事柄によっては必要かもしれませんね。

つくづく、感じますね。。。

偶然、TVで見て、、、ちょっと勇気をもらいましたので、

備忘録ついでに書きました。

昨夜のソウルライブの後記もありますが、写真が用意で来てからにしま~す。

色々、バタバタなライブでした。

反省なのか?ステップアップの思案材料なのか?少し考察します。

続きを読む "伊達直人のその後"

| | | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »