« 私のアーバン | トップページ | 【Live後記】サテンドール »

【Live後記】オルガンジャズ

5月23日(火)@浅草「舵輪」

今年の初シリーズ、多分ファイナル。(笑)

私としては舵輪で初のオルガンジャズでした。

(org)保坂修平さんと初共演の(g)鈴木大輔さん。

18622098_1492746664133514_843392426

日頃からお二人は共演しているので、息が合っていて私はその中に混ぜて頂くだけで、安心して演奏を楽しみ、共有することが出来ました。

この写真を見ても、、、私もめがねすれば良かった。(笑)と。。。。

18622580_1492746587466855_484210189

次回は、『メガネーズ』になってやりたいと思います。

オルガンの特長として、ハモンドオルガンの音の残像というか、余韻があるので、それが自分のピッチコントロールとどう感知できるか?という不安要素と言うか、苦手意識がありましたが、そんなことはリハで吹っ飛んでしまいました。

演者のストーリーに任せて、出すコード感に身を任せ、その世界観を楽しむことが出来ました。実に上質な音楽であったと自負しております。

少しお客様も少なかったのですが、演奏内容は楽しく、充実したものでした。

なかなか、集客と音楽のクオリティーが比例しないことが、残念ですが、

今回お越しになれなかった方もいらっしゃいましたが、次回は是非足をお運び下さい。

『そのステージで何が出来るか?』

それは、いつも心してることですが、レンジ広く、同じ曲でも単にアレンジやリズム、テンポを変えるという小手先の「イジリ」ではなく、その世界観や音楽的意味がなければ、人に聴かせるものではありません。

そんな事を強く思いながら、自分が企画するステージングには、入魂しております。

何かを持ち帰って頂けるように、何かを感じてもらえるように、そういう意味での「心が動く」=感動であって欲しいと願っています。

時に音楽を聴きながら、違う事を考えながら『心の旅』をすることもあります。

それも音楽です。私たちは、受け手の自由さの中に発信していくのですから、、、

私は、現在やってる音楽は必ず楽しんで頂けると思っています。

どうぞ、ライブへ足を運んで下さい。

夜の女性たちのように、「来て、来て」って声をかけるのは違うと思っていますが、そして、「女」を売りに客に媚びるのも違うと思っていますが、ま、そういうキャラでも年齢でもございませんが、私たちも集客という聴き手があって成り立つ立場は、聴いて頂くことに「価値」が生まれます。

ご興味を持たれた方は、是非1度(笑)聴いてみてください。

聴いて頂くために、「宣伝」は今後もし続けていくわけですが、、、

特に、歌については「好み」がはっきりします。

気に入っていただけたら、そのシンガーを楽しんで欲しいし、応援をして欲しいと思います。

それに値するシンガーでありたいと、日々強く思います。

舵輪の来月ライブは、いよいよ半年に一度の「お祭り」ソウルライブです。

頭の中では色々選曲しながら、そろそろ急がねば、、、と焦って参りました。(笑)

好評で第8弾となりました。3年目を迎えました。

是非楽しんでください。

| |

« 私のアーバン | トップページ | 【Live後記】サテンドール »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私のアーバン | トップページ | 【Live後記】サテンドール »