« 【Live後記】8月夏のサテンドール | トップページ | もう一つのリオ五輪 »

【野球】イチロー選手の偉業

イチロー選手のメジャーでの3000本出ましたー!

Photo

なかなか、残り2本が出ないとき、私は、WBCを思い出した。

この時もヒットが出なくて、勝利に結びつくあのセンター前ヒット、、、、

その後、胃潰瘍が見つかったんだけど。

イチロー選手って、自分の「記録」というのは、一つ一つの積み重ねの結果であり、個人の記録ではあるものの、その積み重ねがなければ、チームの勝利はなくて、自分がチームの一員としての役割を果たしているんだ、という基本姿勢を感じている。

それに徹してる、という風にわたしは見ている。

だから、それに対して、ヤンキース時代は、プライドの高い選手も多かったであろう、ヤンキース内では、『お前は、個人の記録を伸ばしたいだけだ』と揶揄されてしまう。大きな誤解を持たれた。

イチロー選手は、私から見ればメジャーリーガーとなって色んな制約が発生したんだろうと思うが、松井秀喜さんとは違い、WBCに出場した。それは、一重に日本の野球界からのオファーに応え、日本のファンに応えたからだ。個人の立場では、メリットよりデメリットがあったのでは?とさえ私は思った。

とすると、イチローさんほど、観客を意識し、この気持ちに応えようと思ってる選手はいないと思っている。

だから、かつてないほどのアメリカ本土での3000本達成に対する盛り上がりに、プレッシャーを感じてないわけがなく、なかなかヒットが出ない姿を見て、私は『ああ、イチローさんも同じ人間なんだな』と苦笑したのだ。

『何よりも仲間が自分の記録を喜んでくれたことが嬉しかった』

この言葉に、どれだけ、メジャーで孤軍奮闘してきたのか、、、ホントに孤独な闘いをしてきたんだろうな、と想像できた。泣けてさえくる。

それは、一般人には分からない。それくらい、彼のしてること、いる位置が同じ野球選手でも特殊だと私は感じてる。

あそこまで、自分の感覚を信じきってやり続ける姿は、もう~説明がつかないが、彼以上の人が見つからない。

私は15年くらい前からイチロー選手に興味を持ってチェックしてきたんですけど、本で彼の語録を読んでも、ほんとに宇宙的で理解不能だったわけ。(笑)

でも、最近は、分かるものも多くなってきた。言い回しは独特ですけどね。アハハ

『達成したのもに満足して、それ以上のやる気が出ないという事はない。
小さな達成感も満足も感じて、その成功例が自分の次のモチベーションに繋がる。』

私もそう思う。

日本人って「昔」は、ここで満足してはダメだ、みたいな精神性を後生大事に持ち続けてる。

言ってる理屈は分かるんだけど、今となってはオカしなマインドで、成功例の積み重ねしか、壁の乗り越えってないんですよ。上手くいった事ない人が成功を語れるわけないやん。

これは、スポーツも音楽も両方やってきた自分としては実体験として感じる。

でも、最後は自分の体感でしかないから、自分で経験し、自分に合ったマインドを確立していくことが、人間的成長と形成なわけで、他人の押し付けな説教は要らない。

イチローさんだから、の部分と、イチローさんから見える不動な部分と、今は聞き分けていますが、でもフィジカルは年齢的な問題も出てきますけど、健康なうちは常に前を向いて進みたいですね。いい参考になる人だと思っています。

イチロー選手、おめでとうございます。

| |

« 【Live後記】8月夏のサテンドール | トップページ | もう一つのリオ五輪 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【Live後記】8月夏のサテンドール | トップページ | もう一つのリオ五輪 »