« 【ラグビー】W杯2015デビュー | トップページ | 【Live後記】3夜連続の、、、、① »

最難関の荒行、比叡山 千日回峰行

先日、比叡山の最難関の荒行と言われる、千日回峰行という、水や食事・睡眠などを9日間絶つ荒行を達成されたニュースがあった。

大津氏の住職で釜堀浩元さん(41)である。

M_abc20151021003

出てきた時の歩けるほどの健常さに驚いた。柔和なお顔が、9日後の形相の変わり様に壮絶さがうかがえた。

生き仏、不動明王となり、大阿闍梨の名を頂くとされる、、、らしい。

すごい修行の世界ですね。

凡人には、その荒行の先に何が見えるのか、、、計り知れませんが、僧侶に手を合わせて祈りたい思いになった。

そのニュースと共に、前回達成された僧侶の方のお言葉が紹介されていた。

『好きで選んだ道は、
厳しいとは思っても、辛いと思ったことはない。

辛いと思うのは、
それは能力不足だからである。』

という言葉だった。
なるほど、、、、と私は合点がいきました。
自分の経験から体感として実感がございます。

良い言葉だな、、と思います。
好きな道で辛い、、、と思ったら、それは能力不足ということ。
好きでない道の場合は、やはりその道は違う、ということ。
能力不足と思ったら、後は能力を上げるために精進するだけ。

変に悩んだりしないで、
シンプルに進むだけ、と私は経験上そのように進んできた気がします。

大好きな商社の仕事をしてたのですが、
あるときから辛くなっていったのです。生きるのが辛くなったのです。
それが、、、音楽へ進むタイミングだったのです。

あの時の感覚は、後にも先にもあの時だけなので、
リアルに分かる感覚です。

修行する方の話は、遠い偉業と思うより、
こうやって身近に感じれること、それが宗教と思います。

是非、最後までまだ続く荒行を達成されること、願っております。
いや、、、すごい。

| |

« 【ラグビー】W杯2015デビュー | トップページ | 【Live後記】3夜連続の、、、、① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【ラグビー】W杯2015デビュー | トップページ | 【Live後記】3夜連続の、、、、① »