リンク他

  • Youtube「りんご追分」
  • Youtube 「Moondance」
  • ポチッと
    ポチッとよろしく!

お気に入りサイト

音楽関係リンク

« オコジョの怪 | トップページ | 【スポーツ】チアーリーディング日本選手権 »

【映画】「東京裁判」を観て、、、

戦後70年を向かえ、やっと「東京裁判」を観る気になった。

どこまで理解出来るか、自信がなかったから、今になってしまった。

やはり、この戦中戦後の背景を少しでも理解していないと、

この裁判そのものの流れは理解出来ない、と思った。

2年前にfacebookで孫崎享氏著書「戦後史の正体」というヒット著書を紹介していて、私も読んだ。大変「面白かった」というのも、分かりやすく、歴史認識としては大変有意義な書物だったのだ。

そこから、私は吉田茂氏、白州次郎氏について(ここは、、、時代が同じか。(笑))を読んでいった。

「東京裁判」を観ていくうちに、、、段々、怒りを覚えた。この裁判の不合理、不条理を感じずにはいられず、憤りを感じた。

Photo

この裁判は、日本という敗戦国の壊滅を狙っているのか?という気持ちになった。

問われるは、先の戦争は侵略戦争であったか、天皇の戦争責任である。

あたかも、侵略であり、天皇の指示でるかのような、一方的な流動があった。この裁判にはあった。

弁護人の中には中立に弁護をする者、裁判団の中の判事の中にも立派な方がいて、この裁判そのものの違法性、根底を問う者もいた。

しかし、流れは変わらなかった。

このDVDは大変貴重な資料にもなるし、もう1度見たいと思った。

多くの方にちゃんと観て欲しいと思った。

20140824_332909

よく分からない分、東条英機という人物の印象は良くなかった。

でも、この映像を見て、総理大臣としても責任を重々受け止めていた、死刑を覚悟してるものの姿がそこにあった。

どう言葉にしていいか、わからない感情が沸いてきた。

外務大臣だった重光氏という人物は、禁固7年だった。諸外国の方の証言は温情あるものだった。彼のことをもっと知りたいと思った。

「木戸日記」というものは、裁判でも使われ、当時の事が細かく書かれたものであり、後に貴重な資料となったいう、これも読んでみたいと思った。

このなんとも整理のつかない、言葉にならない感情のままだが、

まず、備忘録として、ここに収めておいた。(笑)

« オコジョの怪 | トップページ | 【スポーツ】チアーリーディング日本選手権 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オコジョの怪 | トップページ | 【スポーツ】チアーリーディング日本選手権 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ