« 【旅行】お伊勢参り~月讀宮→外宮 編~ | トップページ | 【旅行】お伊勢参り~内宮 編~ »

【旅行】お伊勢参り~猿田彦神社 編~

そして、本命の(笑)、猿田彦神社へ。

猿田彦大神が、ではなく一緒に祀られている佐瑠女神社が芸能の神様として有名なのです。

数年前に知人からここのお守りを頂きまして、自分で行きたいと思っていました。

Dsc_0089

ここも小さな神社です。

Dsc_0090

こちらが正面です。この新しい祠(ほこら)が、方位石のある本来、祠があった場所です。道を示すと言われています。

Dsc_0092

宮司さんのお話も聞けまして、昔は自分の干支から3周するというのは、噂で広まっていて、皆この周りをクルクルと回っていたそうです。そんな事は神社では勧めてはいないのですが、、、とのお話でしたが、宮司さんが初めて見たとき「何かの宗教かと思いました」と笑いを誘って楽しいお話でした。

仕事運なら・・・「亥(いのしし)→卯(うさぎ)→未(ひつじ)」
金運なら・・・・・「巳(へび)→酉(とり)→丑(うし)」
人気・才能なら「寅(とら)→午(うま)→戊(いぬ)」

というように、今はなっています。(笑)
手のひらでその干支を押さえて念じるんです。

つい先日まではこの祠の工事で触れなかったそうです。
見れて良かったです。

そして、、、佐瑠女神社。

Dsc_0091

ほんとこじんまりしています。

猿田彦も声をかけてしまうほどの美しさ(笑)という話。天照大神が身をお隠しになったのをお出で頂くために舞ったという話から、芸能の神様なのです。(詳細はネットで沢山出てますから、そちらを読んでね。(笑))

すっかり有名で芸能人も多数絵馬を残しているようです。

ここでおみくじを頂き、お守りを頂き、、、ミッション終了です。(笑)

この頃には、体も軽く、確かにこの伊勢はすごいエネルギーだと感じます。

ここから、江戸の城下町を遺す横丁を通り、内宮へ。

つづく。(笑)

| |

« 【旅行】お伊勢参り~月讀宮→外宮 編~ | トップページ | 【旅行】お伊勢参り~内宮 編~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【旅行】お伊勢参り~月讀宮→外宮 編~ | トップページ | 【旅行】お伊勢参り~内宮 編~ »