« 3月の大事業は、、、 | トップページ | 震災から3年 »

【料理】TV番組から、「中華風カレー」

「モーニングバード!」 2014年3月5日(水)放送
プロ技キッチン 陳建太郎「中華風カレー」

陳建太郎さんの「中華風カレー」を作ります。
この「中華風カレー」は、四川飯店の大人気まかない飯で、
中華料理とカレーのいいとこ取りをした時短カレーです。



陳建太郎レシピ 「中華風カレー」

材料(4人分)
・豚バラ肉 240g
・キュウリ 1本

・ニンジン 1/4本
・白菜 3枚
・豆モヤシ 80g
・豆板醤 大さじ2
・市販のカレールー 80g
・水溶き片栗粉 適量
・唐辛子(粉末) 大さじ1
・サラダ油 大さじ4


<マイボトル>

・酒 大さじ1
・顆粒スープの素 小さじ1
・コショウ 少々
・水 600cc

<作り方>
1 
豚バラ肉はひと口大にする。キュウリ・ニンジンは2mm幅の薄切りにする。白菜は芯の部分はそぎ切りに、葉の部分はざく切りにする。市販のカレールーは溶けやすいように薄く刻んでおく。

(私は、ルーは添加物が入ってるので、市販のカレー粉を使用)

●ポイント
キュウリ、白菜、モヤシなどの水分の多い野菜を使うことで、野菜に味が入りやすくなります。またシャキシャキ感のある野菜を多く使うことで、食感も楽しめます。

2 マイボトルを作る
酒(大さじ1)、顆粒スープの素(小さじ1)、コショウ(少々)、水(600cc)を混ぜ合わせる。

3 フライパンにサラダ油(大さじ1)を熱し、豚バラ肉を強火で炒める。豚肉の色が少し変わってきたら、ニンジン、キュウリ、モヤシ、白菜の芯の部分を加えて、30秒ほど炒め、白菜の葉を加えてサッと炒め合わせる。

●ポイント
シャキシャキの食感を残したいので、炒め時間は全体で1分30秒ほどです。野菜は油がからまり、全体に油のツヤが付く程度(30秒ほど)炒めるだけで大丈夫です。

4 具材を炒め終わったら、豆板醤(大さじ2)を加え、香りがたつまで
炒め、マイボトルを加え、中火で2~3分ほど煮込む。

5 4に刻んだカレールー(80g)を入れて溶かしたら、火を止めて、水溶き片栗粉(適量)を入れて、とろみをつける。

●ポイント
水溶き片栗粉を入れることで短い煮込み時間でとろみがつき、市販のルーだけの時よりもとろみが強くなり、あんかけのようなカレーに仕上がります。

6 カレーがトロトロになったらお皿に盛り付けて、中央に粉末唐辛子(大さじ1)をふり、唐辛子めがけてフライパンで200℃まで熱したサラダ油を大さじ3杯かけたら完成です。 お好みで山椒、パクチーを添えてお召し上がりください。

●ポイント

高温で熱した油が唐辛子の辛さをマイルドにしてくれるので、風味だけが
残ります。高温にすると油っこさも感じないそうです。

ネットで掲載されていたものを転載させて頂きました。
http://ameblo.jp/sugartv/entry-11787894097.html

写真が無いのが残念。(笑)
私も簡単に作って、もやし有るのに入れるの忘れた・・・
記憶を辿って作ったから撮りませんでした。
でも新しい味わいで、野菜もしっかり取れますし、
おススメです。

半分、備忘録として・・・

| |

« 3月の大事業は、、、 | トップページ | 震災から3年 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3月の大事業は、、、 | トップページ | 震災から3年 »