リンク他

  • Youtube「りんご追分」
  • Youtube 「Moondance」
  • ポチッと
    ポチッとよろしく!

お気に入りサイト

音楽関係リンク

« 体は戻りつつ・・・ | トップページ | 式年遷宮のお裾分け »

【書籍】「オレたち花のバブル組」出向の真相は!?

2日で、、、読んじゃった。

もっと味わって読むつもりだったが、、、無理だった。アハハ。

Img_20131007_005148

TVドラマの方は、多少前後して出演をさせるためのものがあった事が分かる。

しかし、本筋は何もブレてない。そこまで忠実にするのは珍しい。

が、先日番組内で原作・池井戸氏、監督・福沢氏(福沢諭吉の玄孫)、堺雅人氏と顔を合わせて、回想するなんて原作者も喜んでいたことの表れだと思った。

ドラマは、半沢vs大和田の対抗軸を強調する事と、土下座が強調しまくったわけですが、原作は、もっとサラリとしている。でも面白い。

組織の不条理は余計リアルだし、半沢の「正義」が不気味すら感じた。

そこまでして正した先に、半沢は何を求めるのか・・・・?

半沢は、組織に媚を売ることに興味はなく、正しいと思うことにトコトン突き進む、、、それだけなのだ。非常に珍しい人種(笑)で、組織で行きにくい人種。

ドラマでは、出向になって終わるが、その頭取の動機が見えないね。

原作は、部長クラスがなだめつつ、、、のくだりがある。

今回の物申すことへの物議、合併ゆえの建前があり、トカゲの尻尾切り、された、、、という部分が明確に描かれている。

ま、次回シリーズはその下りからだろう。(笑)と予測。

本著の最後の下りである。

『人生は一度しかない
 たとえどんな理由で組織に振り回されようと、人生は一度しかない。
 ふて腐れているだけで、時間の無駄だ。前を見よう。歩き出せ。
 どこかに解決策があるはずだ。
 それを信じて進め。それが、人生だ。』

強い男である。

« 体は戻りつつ・・・ | トップページ | 式年遷宮のお裾分け »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 体は戻りつつ・・・ | トップページ | 式年遷宮のお裾分け »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ