« ソプラノってみました。 | トップページ | 朋ちゃんの復活 »

【今月の映画】「恋のゆくえ」

ご紹介頂いて、ずっと見れず、GW中に見ようと思い借りていたものの、やはり時間が取れず、後手後手ですがやっと見ました。(笑)

Photo

「恋のゆくえ」(1989年)

2台のピアノで演奏するしがない(笑)ピアニストの兄弟に、シンガーを向かえ起死回生となるか??

面白かったです。

アメリカのナイトクラブシーンやジャズクラブ、本物の演奏は、ちょっとシビれます。

最後のエンドロールで、「Solitude」 performed by Tonny Bennetになっていたが、どこでかかっていたのか、、、分からなかった。ええええっ。結構、いい曲も流れたようだが、全く記憶にないっていう・・・アハハ。何を見てたのか?いや、耳は聴いていたのか??

Photo_2

シンガーは、ミッシェル・ファイファー。

シンガー目線で見ると、???と言いたい部分もありますが(笑)知ってるジャズナンバーになれば余計に気になっていくのですが、、、そこに引っかかっていると映画が面白くないので、兄弟のピアニストとしての成長や恋のゆくえ(笑)を楽しみました。

才能ないが、仕事を作る兄。営業が下手だが腕はある弟。(笑)よくあるパターンです。アハハ。

才能だけでは成功しない、でも挫折した心では前に進めない。

でも自分の中で音楽の大切にする部分の「核」が何なのか、、、見つめなおす事って必要なんですね。。。。

一人の女性が、覚醒させた、、、いい話なのだ。(笑)

また、何か面白い映画がございまいたら、ご紹介下さい。

| |

« ソプラノってみました。 | トップページ | 朋ちゃんの復活 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソプラノってみました。 | トップページ | 朋ちゃんの復活 »