« 異臭の原因 | トップページ | 高校の体罰について »

柔道界の闇、ヤミ、病み

柔道女子代表選手の15名もの連盟の告訴。

それにおける柔道連盟の続投の意向。

有り得ない。

1名2名で、その選手へのコーチをスイッチするとかそういう話じゃないのに、連盟側の甘さを感じた。

柔道の一連を見てて、真っ先に相撲界を彷彿させた。

そっくりじゃん。

閉鎖的な中で、国技と言われ、勝つことを絶対とされる中で、組織そのものが歪んで行ってるんじゃないだろうか。

去年のオリンピック惨敗後の男子コーチの会見も物議をかもした時、コーチの姿勢に疑問があった。選手の時は立派だったんだけど、指導者として必要要素を身につけているのか?という印象だった。

そんな時期に、なんというタイミングなのかという、、元金メダリストの実刑確定。

この実刑は、個人の問題の要素が高いとは思いつつも、

コーチという立場の何か間違ったマインドがあるとしか言えない。

柔道が強くなるには、「道」を指導者に説く必要があるのではないか。

皮肉だよね、全く。

オリンピックにおいて、経済的にも沢山の援助を受けてる柔道の在り方が問われてるんだと思う。

連日の報道に辟易なんですけどね。

| |

« 異臭の原因 | トップページ | 高校の体罰について »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 異臭の原因 | トップページ | 高校の体罰について »