« NTTの対応にプチ切れた日。 | トップページ | 【Live後記】「音を楽しむ」瞬間 »

「相棒」(season11)の考察

「相棒」シーズン11が始まりましたね。

( ̄▽ ̄)//

俳優・成宮さんは、どうでしょうか?(笑)

どうも、肉体派「亀山」と頭脳型「神部」の折衷型でしょうか??

アハハ。

成宮くんと相棒が若くなり、、、、

3代目にして、右京さんも体力勝負??

ウケる~~~っ。

視聴者も目が肥えて(笑)、次はどんな展開に??と

期待してしまう。。。。(* ̄ー ̄*)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

1980年代に「飛んでる警視」というベストセラーがあった。

著胡桃沢耕史の小説。

翔んでる警視 ベストセレクション (広済堂文庫)

私は当時すっかりハマってしまったのだ。

超エリートの主人公が鳴り物入りで警視庁へ。

仕事もせずパソコンに向かうって設定ですが、

スーパーデータを作っていたって展開で、

結局、色んな何事件を解決する。

しかし、夜の世界でも有名なのだが、

決して女遊びはしない。。。(笑)

部下の婦人警官をコケ落とす割には、

実はこの美人警官と結婚するわけ。アハハ。

それが、郷ひろみ主演で実写版があった。

これも面白かった。

婦人警官に、志穂美悦子!(長渕つよしの奥さん(笑))ってのが、

これまた良かったわけ。。。。

なんか、、、思い出しだな。(笑)

翔んでる警視2 [VHS]

| |

« NTTの対応にプチ切れた日。 | トップページ | 【Live後記】「音を楽しむ」瞬間 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NTTの対応にプチ切れた日。 | トップページ | 【Live後記】「音を楽しむ」瞬間 »