« やっと行ってきた健康診断 | トップページ | 旬のとうもろこし! »

霞ヶ関前、脱原発デモ

6.22霞ヶ関にて脱原発デモがあった。

メディアではほとんど放送されず、報道ステーションでは45000人規模のデモだったと報道した。それが、まあネット上で賛辞の声が多く、全く放送しなかったNHKは揶揄されている。

ま、私はその賛辞も滑稽だと思え、コメントもする気になれない。

そんな中、facebookなどでも「デモなんてしたって変わらないし、しても仕方ない。45000人いるなら、どうしたらいいか話した方がいい、その政策を考えたらいい。」って書いていた。

・・・・そうだろうか?

国民ははっきり意志表示をしているよ。

自然エネルギーへ方向転換を望んでいるのだ。減原発→脱原発への国のシフトを望んでいるのだ。

そう動かない国に、デモで意思表示なのだ。

政策は、国民が作るのではない。やはり国会議員なのだ。その運用を官僚がやってるのだ。その政策に国民が負託するのである。

専門家とか研究機関とか関係者なら提言も出来るだろうが、それだって専門家が作れるわけじゃない。

デモは、意味を成さないのだろうか?

日本でかつて大きなデモがありましたね。「安保!」って。

あれは海外並みの暴動になり、形や意味が変わり収束したと思っていますが、デモそのものの意義を持たなくなれば、法治国家の日本では意義を持たないけれど、私たちはしっかり意志を示すことであり、デモが10万規模になれば話は変わるはず。

沖縄で頻繁に起こるデモをするエネルギー、あれは日常の死活問題であり、長い歴史に立った意思表示だ。私たちは見習うべきだ。

他人事じゃない。

私は、いつも野菜を食べながら、本当に安全なのか?と思っている。

魚を食べながら、体に何か蓄積し続けているのでは?と思っている。

日本を離れる事が出来る人はいいですよ。逃げれば。

でも、そんなことで解決する話じゃない。

日本という国土、風土、全てを失う勢いだ。それでいいのか?

何のための電力エネルギーだろうか?

中長期の展望を示さない、今の政府にしっかり怒りをぶつけなきゃダメだ。

何が、増税だ。

出血した所の止血だけではもうダメなんですよ。

その出血した傷の大きさや状態をしっかり根本的に見極めなければ、

出血多量で、その先は国の崩壊になるんですよ。

あたしは、きれいな言葉しか並べなかった前総理に怒り、

全く将来を語らない現総理に、うんざりです。

こういう総理に、日本の未来を託せないでしょ?

国民は今動かなくて、いつ動くのでしょう。

私も仕事がなければ、霞ヶ関に向かいたい。

ただ、一つ。

原発を誘致をした小さな町はその恩恵も受け、

今更、空転する発電所建設に困ってる所もあります。

しかし、もう一度、その依存体質、町の存続をかけたあり方を考えねばなりません。

ほんとに原子力関係に関わる企業は大手から中小、あらゆる方面に多岐に渡ってます。それが無くなることも市場に影響するとも思います。

でも、、、こんな危険なものを作ること、処理場もない半永久的核の廃棄物を生み出し続けることで、、、

本当に、本当に、本当に、いいのでしょうか?

(心から?みたい。。。。(笑)皮肉です。)

6.29もデモを呼びかけています。

あなたは、原発をどう思いますか?

|

« やっと行ってきた健康診断 | トップページ | 旬のとうもろこし! »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっと行ってきた健康診断 | トップページ | 旬のとうもろこし! »