« 連ドラ「カーネーション」 | トップページ | おせち料理 »

TPPで騒ぐ「本当のお化け」は・・・

なんか、また国際会議に「お土産」持って行こうと、
安直な総理の発想で、急ぎ足に「TPP参加表明」を
固めようとしている。

民主党は、外交の場でパフォーマンス好きだ。
しかも、それは全てアメリカへのアピールだ。

TPPがいいのか悪いのか?
よくわからない。
メリットもデメリットももっと出さないとダメだ。
それ以上に、国内の政策、指針が明確でないのに、
農業、医療関係の不安、既得権益の関係者は躍起になるさ。

TPPの根本を問う前に、
私は民主党に外交能力がゼロなところに
最大の重大な問題があると思う。
TPPは正に、踏ん張り、粘りの、国益に見合う
ネゴシエーションが必要なんじゃないの?

簡単に、攻撃した中国漁船の船長を交渉なしに引き渡したり、
普天間基地の決断を迫られ、「Trust me」とわけ分かんない事しか
言えない政府に、どうして外交能力があると言えるのか?
テーブルにつく前に、基本的外交センス、手腕、思考を持ってない。
怖い。
この政府の無能さに
怖い。

今、野党に、国会の座席で後部に官僚の座席を
増やして欲しいと提案してんでしょ?
民主党って国会議員主体の政府作りをしたかったんじゃないの?
官僚の作った作文を丸読みする答弁にも、程がある。
無能ですって言ってる。
こんな議員を選んだ国民の責任の重さを私は最近痛感する。

TPPそのものの精査も必要だけど、
一番はリスクを追いながら、内需への起爆にするか、
外交への創造になるか、まさに外交手腕が有るか無いかでしょ。
今の政府で、TPPは、、、無理だ。
海外と渡り歩く能力がないと思う。
国際ルールやビジネス上のマインドで考えれば、
前原さんの「参加して違うと思ったら、辞めればいい」と言った。
子供がゲームに参加するんじゃないんだから。
前原さんは時に国民の耳に聞こえのいいことを言うときがあるけど、
段々つじつまが合わないことがある。
これは、民主党得意技になっている。

今回もどじょうが外交の場で、変な宣言するから、
次の国際会議までに「お土産」作りたいんでしょ?
そういうことは、総理の政府の実績にはならない。
アホすぎる。

かつて、吉田茂氏が敗戦後の日本に必要な「自立・独立」した国家を、
と必死に願った思いや、そのそばで孤高の側近だった白州次郎氏など、
優秀な人材がおりましたね。
そんな時代を踏まえると、今の政治家は何がやりたいのか、
私には全く分かりません。

目先のお金足りないから、増税です。
お金使いたいから、国債です。
そんなことしか出来ない政府は、無能です。

なんで、こんなに動けない政府なんだろう。
官僚が問題なのか?
少なからず、実態のない与党「民主党」が、
私には「お化け」に見えます。

そういえば・・・明日から、
三谷幸喜作の映画ね、西田敏行さんの落ち武者が見たいわ~。(笑)
久しぶりに邦画を見に行こうかしらん。

|

« 連ドラ「カーネーション」 | トップページ | おせち料理 »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 連ドラ「カーネーション」 | トップページ | おせち料理 »