« 月光浴 | トップページ | 紙一重のヤクザ »

求める女優像

ここ数年、5~10年ですかね、、、

モデルはハーフ、顔は目がきつい系、

皆、同じ顔に見える。

口の口角を上げていても、目が笑ってない。

そんなイメージ。

某女優さん、最近、ヤクザだ、特殊警察だ、と

和製アンジョリーナジョリーにさせたいのか?と

意図的なものを最近感じてならない。(笑)

20~30年前の象徴的スターとして、

なんとなく私の中で、名を上げるなら、

夏目雅子さんと山口百恵さんになる。

どちらも似た系統の顔ですね。

山口百恵さんは21歳で引退してる。

あの成熟度で、21?みたいな。(笑)

夏目雅子さんも亡くなった時が27~8歳だから、

あの極道、鬼龍院花子の生涯は24~5歳頃だと思う。

色っぽさ、艶っぽさを感じる。

今の女優さんに感じないもの。

今のタレントさんに感じないもの。

それが、艶っぽさなのだ。

みんな色気がない。なんかしぐさで出ると勘違いしてる。

あひる口で色っぽくなるわけないじゃん。

今、そういう女優さんのニーズが無いのかもしれないけど、

皆同じで、もっと面白くない。

演技力もあって、素晴らしい俳優さんや女優さん沢山いるんだけど、

艶っぽい女優さん、、、、見たいです。

不謹慎ですけど、喪服の万田久子さん、色っぽいと思いました。

それ以上に、今のタレントさん、品がなく見えてることに

問題があるような気もする。

気取ってるわけじゃなくても、品性を保つことに尊厳がないとね。

社会にもメディアにもその意識を持たないと。

なんか「汚い」んだよね~。ブツブツ・・・。

|

« 月光浴 | トップページ | 紙一重のヤクザ »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 月光浴 | トップページ | 紙一重のヤクザ »