« 【復興支援】その後の経過 | トップページ | 今週の小言 »

国産の飛行機

数ヶ月前に、報道ステーションだったかな?

特集をやっていたのが、とても気になっております。

今、噂のボーイング機は、機体の3~4割は、

実は、日本企業の生産によるものです。

尾翼とか、いろんな部分を作っているらしい。ね。(笑)

ここにきて、日本の国産飛行機製造が始まったというニュースだった。

色んな、機械メーカー、重工業会社など参入して、

機体のパーツは、数千だか、万単位の部品になるので、

パーツを中小企業も含めて製造していくこととなれば、

新たな、技術者の仕事となるのでは?という明るいニュース。

それでも、追いつかず、パーツを東南アジアで製造依頼してると言っていた。

新幹線は数十年も前から事業展開していたのに、、、

なぜ、飛行機事業が遅れているのか?

ニュースでは、戦後の時に規制がかかり、武力装備とならないようにと、その名残りを今もひきづってるという話だった。こんな所にも、まだ戦後を背負っているのか。。。と深い印象を残したんです。

私の中で、沖縄にしても、政治にしても、憲法においても、戦後の日本の処理が終わってない気がしてならないから、、、こういう事業にも影響してるのか、、、という気持ちになったんだな。

優秀な日本の技術にして、新たな飛行機事業は、、、

中小企業も含めて、内需拡大して欲しいと願うし、

明るい話になれば、、、と強く思ったのです。

でも、結構ネットニュースで検索しても出てこないんだよね、、、

ちょっと特集で見るには、いい話だったんです。

頑張れ、日本の技術者たち!(o^-^o)

|

« 【復興支援】その後の経過 | トップページ | 今週の小言 »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【復興支援】その後の経過 | トップページ | 今週の小言 »