« 徒然に、、、 | トップページ | 【お笑い】待ってました、この動画! »

スーパーオペラレッスン(3)

1/21(金) 第三回目 「ボエーム」第4幕 コルリーネ役(バス・バリトン)

・アリアを歌いながら、声を転がす練習

唇とあごを柔らかく使い、歯をカチカチ鳴らす。するとあごと腎臓の力が抜けて恐怖心が減ると言われています。腎臓は恐怖心で固まるのです。また、恐怖心を抱くとあごも硬くなるのです。

あごを緩めれば、声は息に乗り自然に流れ出ます。柔らかくなった唇の間からふわっと浮いた声を出しましょう。なるべく早いビブラートで。

巻き舌の「ルルル」でアリアを歌う。

あごでコントロールをせず、空気や音を出します。

・呼吸の練習

大きく息を吸って、最後まで全部吐き出す。そうすると、息は自然に入っていきます。(胃の上に手を置いて)私の手に寄りかかる感じで押し返して。全部吐き出しましょう。空気が背中にも脇腹の腹筋にも流れ込んでいきますね。

背中と肋骨は緩めておくこと。そうすると、胸は自然に上がっています。これで全身に空気が流れ込みます。目は輝かせて歌うこと。

歌う時は、おなかを引っ込めずふくらませましょう。腹壁で私の手を押し返す感じで吸った息で私の手を押す。吸って、押す。

低音ほど金属音が必要です。明るい倍音のオーケストラに輝きの足りない声では勝てません。鋼(はがね)の声が必要です。(steeling voiceと言ってますね。)

内側の空気を全て使い声を保つ腹膜を押し下げる感じで、声を支えます。お腹を引っ込めると、詰まります。下へ外へ声を広げます。こうすれば、声が空気の流れに乗り明るくなって、遠くへ届きます。

・練習法

有酸素運動は必要です。空気の流れに関わる事はしなくれはいけません。

犬の呼吸のように、細かいブレス。過呼吸にならないように、30分間。(レクチャー生からどよめき)

胸部を緩める練習も30分。管楽器の演奏のように息を循環させる練習。鼻から吸った息を喉頭で支え息継ぎなしで吹き続けるのです。

体を意識的に緩めれば、歌い続けようと頑張るのではなく緩める。緩めればエネルギーが生まれ放出できるようになる。

息は人間の一部、音楽の一部です。それほど重要です。(ここは、歌の中で息をしなかった事に対する指摘。)息を吸うことも流れの一つと説いています。

息は鼻を通さないこと。内側の共鳴が全て失われるから。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今回は、レクチャー内容、若干前後しています。

分かりやすく、似た内容はまとめています。

最初、見た時、腹の使い方がよく理解出来ず、何度も字幕を読み直していました。(笑)

かつてボイストレーニングで、いくつかやり方があると聞いた事があります。

吸って腹を膨らまし、吐いてしぼむ。

その逆もあると聞いた事があります。

私は普通に、吸ったら腹が膨らみ、吐きながらしぼむ。

ただ、TVを見て、自身の呼吸法で問題はないと感じましたが、吐き出し方の時、腹の使い方があるようなので、今一度、チェック、メンテナンスが必要かな、と感じます。勉強になるね~~。(笑)

声量のためにも、声楽は特に、番組内でも、パワーは体の重みからくるものもありますと言っています。

以前に、声楽の歌友に太ることについて聞いた事がありますが、「今はそんなデブはいない。時代が違うよ」と言ってたことがあります。

しかし、痩せすぎはやはりパワーが出ないんですね。

ジャズに限りませんが、ボーカルは歌詞だフレーズだという部分が先行して、鼻にかけた歌い方、正しくない発声、しっかりブレスしない、反対に汚いブレスなど、正しくない呼吸のまま歌ってる方も少なくないですね。

私は最初にそこが気になります。どんなに、スウィング感やリズム感、発音・スキャットが上手くても、発声、声量などの基礎的な事が気になります。

話は違いますが、先日、石川遼選手の番組「RESPECT」を見てて、コーチであるお父さんについて言っていました。お父さんはプロのコーチではないから、指摘するポイントが人と違うと言っていました。ボールのキレとかそういう事ではなく、いいボールが打てていても、スイングの手の高さの位置が違うと、そこだけ指摘するそうです。

これは、基礎の基礎の部分だけは絶対崩さなければ、OKという絶対論のような感じがします。これは、実に理に適ってる気がします。ゲストの杉山愛元テニスプロも、石川選手同様にお母さんがコーチであり、プロコーチではないから、同じような指導法だったと言っていました。興味深い、面白い話でした。

そこに同様の理論があるように感じます。

ま、その基礎をどう歌に乗せるか、更に時間と労力がかかるわけですが、、、、

歌うとは、なんと長い道のりか。(笑)

| |

« 徒然に、、、 | トップページ | 【お笑い】待ってました、この動画! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徒然に、、、 | トップページ | 【お笑い】待ってました、この動画! »