« ライブ後記 | トップページ | 日テレ:ドッキリ仕込み »

テレ東:再現VTR

タイミングが合うと、TVの仕事も続くのですが、今日はTV東京の番組内の再現VTRの出演でした。(笑)

ええ、演じるんですよ。(≧∇≦)

ただ、今回のテーマがディープで「幼児虐待」。そう、虐待シーンや夫婦ゲンカのシーンを撮ったんです。

きゃ~~、怖いわ~~~。(@Д@;

意図的にグチャグチャな部屋やテーブルの上を作るのですが、こんなもんじゃない事が現実だと思うと、いざ芝居と分かっていても「なんじゃ、この机、、、部屋、、、」と、テンションが一瞬にして落ちていくのが分かりました。

虐待の現実は、、、もっと凄まじく、言葉では表せないほどかもしれません。内容を聞けば聞くほど、言葉を失っていきました。

今回は、本当の自宅をお借りしての撮影だったので、物が揃っていて良かったですよ。アハハ。なので、ちょっとご自宅のおつまみまで食したりしてね、、、和気藹々!!( ̄▽ ̄)//

あたし、自分でもホント感心するんだけど(笑)、「喧嘩をしてる所を撮りますので」とか言われると、私は「じゃあ、こうして、こうして、ここでこんな感じにします?」と、まあ、相手役に勝手にどんどん進めてしまいます。(笑)よく、アイデアを出せること!

と言うものの、実はすごく大切な事で、流れを作らず共演者と進める事は不可能で、現場によっては、かっちりした役者を起用しないので、余り共演者の方でアイデアを出せる方って少ないんですね。

カメラの動きによっては、5~6秒後にアップです、とか言われるから、時に細かいです。舞台と違う、TV芝居ですよね~、、、と感じる事もあります。

大掛かりな芝居になると役者さんには適いませんが、こういうスポット撮りは時間をかけるものではないので、サクサクっと段取るのが上手と、自画自賛です。アハハ。

かつて、ミュージカルや芝居の勉強をした事が役に立ってる気がします。しかし、演じるは余り好きではないと、どこかで思ってはいるので、私は役者向きではないですね。

子供たちが現場にいると、スタッフさんは必死に盛り上げて、具体的に動きを指示していきます。飽きないように、適切な表情・表現をしてもらうために。

モニターを見てると、やっぱり子役の子たちは、上手です。それなりに、あれこれ動きを付けれるのですから、、、

こういう現場にいると業界用語が沢山あるんですが、時々仕事すると結構忘れてる言葉もあって、「身切れる」とかは、想像出来るんですけど、「わらう」とか「幽霊」とかあるんですよね。幽霊だっけ?お化けだっけ?(笑)頭が身切れた状態なんですけど、思わず今日は聞いちゃった。おほほ。

いつも思いますが、テレビ東京のスタッフさんは本当にいい方が多いです。(笑)関係制作スタッフさんにしても、過去嫌な思いをした事がありません。

最後に挨拶も丁寧にして頂きますし、本当にいい方ばかりです。

どれくらい映るか、わかりませんが、とまで言って頂いて、そんな事は承知だし、余りそんなことも気にしてないんですけど、そう言って頂いて、と逆に思います。

今回のは、今週土曜「田勢康弘の週間ニュース新書」(11:00~11:55)内でのトピックスの一つで放送予定です。既に、予定として議題も出てるので、出して問題ないと思いますので、お知らせします。

http://www.tv-tokyo.co.jp/shinsho/

私は自身でその日は見れないのですが、ご覧くださいませ。

実は、明日もロケなの。珍しく続くな、、、、

| |

« ライブ後記 | トップページ | 日テレ:ドッキリ仕込み »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ライブ後記 | トップページ | 日テレ:ドッキリ仕込み »