« 久々の(2) | トップページ | 土曜の夜長に、 »

【今日の一冊】天下の幸之助さま

「道をひらく」 松下幸之助著 PHP研究所

本当は、松下幸之助氏の経済学みたいな本を探してたのですが、

まずは王道のこの一冊から読もうと思いまして、、、

すごいよね、、、この本。

私、生まれてませんもの。おほほ。

古典と化してるか?(笑)

いや、今尚、その言葉は色褪せる事なく、

多くの現代人のバイブルとなっているんですから。

そして、何がすごいって、

この本の書き方が、なんか聖書みたいな、

スピリチュアルブックみたいな感じがして・・・・。

先日、読んでいた、吉田茂の本は、

吉田茂の政治活動を添ったものだったので、

その理念的なものの咀嚼も少なく、

筆者からも伺い知る事が出来ませんでした。ガックシ。

改めて、時代が必要とした政治家、って感じしますね。

果たして、真紀子議員が言うように、

小沢議員が稀有な政治家なのか?

そうやって担ぎ上げて、

結局、その後は互いの手を返しあって、、、

かつて見た光景のようで、、、

今となっては、真紀子議員の言葉も信憑性がない、と

国民に思われても仕方ないかも。

さて、どうなるんでしょうかね、代表選は。。。

私は、小沢議員の言ってる事は、

野党みたいで全く現実味がなく、具体性がないと思ってる。

とても幹事長をやって、党幹部でも内閣には関与してなかった、

なんて言わせない。

今、出る時期じゃなかったんだ、と思う。

菅首相に引き続き、と思っている。

ただし、自民党時代より劣悪な意味の分かんない、

天下り廃止したつもりの法案は、最悪です。

全く公務員制度改革をするつもりのない、

骨抜きにされてる与党に怒ってますけど。

それでも、私は前原大臣は色々改革しながら

善し悪しあれど健闘してると思うし、

離党の意味を問う気にもなれませんが、

社民党だった辻本議員の副大臣離職の涙は、

本当に充実した政務だったんだと感じたのです。

また、岡田大臣はニュースで顔も出てきませんが、

それだけ本来の外交で海外を奔走されてるんだと、

首相が出来ない分を補って、

その力量を発揮してるのでは?と思う。

ま、日本のそもそもの外交戦略の問題はさておき。。。(笑)

それは、今すぐに外務大臣がどうこう出来る事でなし。

ここらへんは、現行を見守りたいと思ってる私です。

今、この過渡期こそ、現代政治を見るには

本当に勉強になる時期だと、つくづく思います。

ただ、日本の破綻は加速してると、本当に思っています。

| |

« 久々の(2) | トップページ | 土曜の夜長に、 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久々の(2) | トップページ | 土曜の夜長に、 »