リンク他

  • Youtube「りんご追分」
  • Youtube 「Moondance」
  • ポチッと
    ポチッとよろしく!

お気に入りサイト

音楽関係リンク

« 切ない珍事 | トップページ | ラー油遠きにあり・・・ »

今週の英語

今週目に付いたフレーズ。

英語で「着る」=wear、put onですが、

wearは、状態を表し、

put onは、その動作を表しています。

put on ahat

put on a glasses

ですが、

日本語は、

洋服は、着る

帽子は、かぶる

眼鏡は、付ける。

と、物によって動詞、表現が違います。

これは、昔、身分のよって身に付けるものが違うという、

かつての日本文化から来てるのではないか?と解説してました。

へ~、、、面白いな、と思いました。

こうして、外国語から日本を知る事もあるのかもしれません。

トラッド・ジャパンより)

3ヶ月トピック英会話で、ジュリアード音楽院長のインタビュー。

テキストを購入し、大変興味深い事が多かったです。

色んな指導者が、同じ事を言ってるな、といつも思うのですが、

芸術家は、その専門分野を通して、人に伝え、感動を与えることである。

何かを伝えなければ、それは芸術家ではなく、技巧家でしかない。と。

「あなたは、何をそれで伝えたいの?」と聞きたくなるようなarts、artistsが多いという事でしょうか?

常に、そのバランスを客観的に判断する力を持つ事も、artistには必要という事でしょうか、、、

There's no thing as the status quo in the arts. You either move forward, or you go backwards. And we don't want to go backwards, we want to move forward.

芸術には現状維持などはありえません。前進、あるいは後退のいずれかです。後戻りはせずに、前に進みたいのです。

(by ジョゼフ・ポリシ氏)

« 切ない珍事 | トップページ | ラー油遠きにあり・・・ »

語学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 切ない珍事 | トップページ | ラー油遠きにあり・・・ »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ