« 楽天vsアマソン | トップページ | タヒチ←ハイチ »

真実を見極める力

「This Is It」の2枚のDVDを見ました。

まだまだ、私の中では続いておりまする。(笑)

1枚目は、映画本編と関係者のインタビュー。

2枚目は、ダンサー、ミュージシャンのインタビュー。

1枚目の関係者のコメントを聞いて、

歪まれた、想像の域を超えない

メディアのコメント、報道なのか?と思った事が、

MJはこのコンサートを心から楽しみにしていたし、

このコンサートはツアーとして各国を回りたかった、と

分かります。

だから、50公演!と驚き、商業色か?と懸念もしたけど、

それ以上にそれだけのファンがいて、集客が足りなかった。

それによるマイケルからの要望は、

○ホテルから一軒家の住まいの提供(子供達の生活も含め)、

○そして、ギネスに載せよう!というものだったことは、

DVDで語られています。

そして、スキャンダルなどで復活の時期を待っていたのか?と

想像してましたが、関係者の話から、

子供に恵まれ子育てやまたそれ以上に

音楽的に自分がinspireされるものを

十分機が熟すまで待った、というのが事実。

活動しないととかく人は「辞めた」「消えた」と口にする。

あの体やダンスを見たら、休んでたとは思えない。

どの関係者もMJを「完全主義者」という。

このDVDで何度見た言葉か。。。(笑)

それゆえに自身に課せたものの重圧ゆえのことと、

彼の冥福を祈るしかありません。

亡くなって、こんなに騒がれるなんて皮肉であり、

人の愚かさを感じますね。

MJがどこまでも謙虚であった真意が、このDVDでも聞ける。

「謙虚さは大切だ。

神は、傲慢な人間の宝物を奪うんだ。

だから謙虚でいたい」

君は謙虚だから大丈夫よ、と言われると、MJが

「僕らは一緒に、与えられた力を生かして

他の人が宝物を探す手助けをすべきだ」と言った、とある。

2枚目のダンサーについての中で、

印象的だったのは、11人のダンサーの中に

恵まれない環境の中から、ダンスを続け、

そしてこのMJとの共演のチケットを手にした人がいたの。

ま、私は、このメンバーの中のコーラスに

アル・ジャロウに似てる人がいて、大笑いしたんですけど。(笑)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

改めて、余り知られていない名曲があります。

ファンなら周知でしょうけど。(笑)

有り難いもので、色々編集頂いてるファンがいて、

和訳が付いています。

ファンは言います。MJは音楽でメッセージを伝えてる。と。

だから、言葉や注釈なんて要らないのさ、裁判の真実がどうだ、とかそんな事意味がないのさ、って。

そうかもしれません。

でもそれを死後このようなリハという裏の仕事を見て、知らなければ、理解出来ないという結果。自身も含めてね。苦笑。

そんなスキャンダルで、埋もれそうになったメッセージを今、向き合おうとしてる人々が増えたことが、少しでも彼の安らぎとなれば、、、と感じたりもします。

「History」

http://www.youtube.com/watch?v=aCapVphWWLQ

♪人々は毎日、自分の歴史を作っている。

どの道に進んでも、この世に何かを残している♪

「On The Line」

http://www.youtube.com/watch?v=TqDnWb0AfcE&feature=related

♪良い事は、そう簡単にやってこないけど、

その時期がくれば、必ずやってくる。♪

♪過去にとらわれて、無駄な時間を過ごしちゃいけないよ。

未来に目を向ける時だ。♪

♪自分を信じて、試してごらん。♪

| |

« 楽天vsアマソン | トップページ | タヒチ←ハイチ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。演劇公演のことですが、私も一つの情報をご提供いたします。心が癒される、エネルギーいっぱいで元気がもらえる公演を観たことがありますか。神韻公演はこのようなものです!
米国神韻芸術団は2010年3月に4度目来日公演、詳細はホームページをご参考ください。http://www.ticket-online.jp/home/
2010年日本公演スケジュールはこちら:http://www.ticket-online.jp/home/index.php?main_page=page&id=3
有名人から2009年日本公演への評価:
http://www.epochtimes.jp/jp/spcl_shenyun_1.html
作詞家・東海林良氏(日本音楽著作権協会会員)の絶賛
世界的チェロ奏者で作曲家でもある平井丈一朗氏の称賛
演技派俳優・村田雄浩氏の評価
日本映画ビジュアルエフェクト(VFX)クリエーターの第一人者・柳川瀬雅英氏の評価
人間国宝の善竹十郎氏の評価
デヴィ夫人の評価
等など

投稿: tyou | 2010年1月29日 (金) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 楽天vsアマソン | トップページ | タヒチ←ハイチ »