« 年が明けると、申告準備が始まる、、、(^-^; | トップページ | 音の聴こえ方(2):反響音の可能性 »

音の聴こえ方

新しい試みと言いますか、今後の課題なのか分かりませんが、

いつも歌う時、私は外の放たれた音、自分の声を、

その空間に響いてる音で感知しています。

だから、返しのモニターがあっても、結構聴いてない事に気付きます。

返しが必ずある訳ではないので、

自然に身に付いたことではありますが、

しかし、

空間の音で取るという方法だけでは、限界があります。

放たれた音で感じる事が歌っていて、私は一番気持ち良いのですが、

場所によっては、空間の壁にも反響しない、とか

観客へ向けてるスピーカーの音さえ吸収してしまう、とか実に色々ございます。

なので、ずっと感じていたのですが、

やはり、自分の中での音と対話をしてみようと思います。

してない訳ではないのですが、

常にその共鳴が全音階、常時感知してる感覚である事。

油断して無意識に空間音で歌ってると思われるんです。

が、、、

どうやって、どんな感じで?みたいな、全く未知な感覚なので、

簡単ではないと思います。

高音は特にボディーに共鳴させたり、頭蓋骨へ共鳴させたり、、、

とボイストレーニングでもする事なので、

そこにヒントがありますが、実際もってですね、

中低音でどこまでそれが感知出来るのか?

色んな楽器との演奏の中で感知出来るのか?

となると話は違うんですよ。理屈どおりでないとこか難題なんです。

一体、自分の体に何が必要なのか?と模索する事も多い様な気がします。

しかしながら、

これをマスターすると、、、(笑)(笑)(笑)

笑いが止まらない事が起こる事でしょう。

と、一つ暴露してしまった。アハハ。

| |

« 年が明けると、申告準備が始まる、、、(^-^; | トップページ | 音の聴こえ方(2):反響音の可能性 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年が明けると、申告準備が始まる、、、(^-^; | トップページ | 音の聴こえ方(2):反響音の可能性 »