« 再放送あれこれ | トップページ | 輪廻転生 »

時代を傾倒する歌詞

ふと、CMの福山雅治さんの歌が耳についた。

♪愛さなくていいから

遠くで見守ってて

強がってるんだよ

でも繋がってたいんだよ

あなたがまだ好きだから♪

・・・・

40年前、

「愛の奴隷」なんて、歌が流行り、

♪だから~いつもそばにおいてね~♪

「女のみち」なんて、ぴんからトリオさんが直球で、

♪私がささげた その人に

あなただけよと、すがって泣いた♪

と、女が男にすがった、、、(笑)

30年前、

「関白宣言」なんてさだまさしさんが、

♪お前を嫁にもらう前に

言っておきたい ことがある♪

とホントには言えない事を歌に乗せ(笑)

時代はかわり。。。

なんか、福山さんの歌声に乗せて、

なんか、、、こう、、、草食男子?(笑)みたいな、、、

匂いがしたのよね。

時代は変わったのね、、、ってなんか思っちゃった。

20年前の恋心を歌った歌詞は、

もうちょっと違う気がする。

今でも好きなラブソングの一つに、

中西保志の「最後の雨」がある。

旋律と歌詞との盛り上がりと、

中西さんの歌唱力と声質が、恋心をせつなく駆り立てる感じ。

♪本気で忘れるくらいなら

泣けるほど愛したりしない

誰かに盗られるくらいなら

強く抱いて 君を壊したい♪

と、相手に言えないけど、

気持ちを歌で直球で攻める感じ、、、だったのにね。

歌詞から世相が・・・・見える。

| |

« 再放送あれこれ | トップページ | 輪廻転生 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再放送あれこれ | トップページ | 輪廻転生 »