« やっと来た、給付金通知。 | トップページ | セッションという名の罠 »

初心

「もっと練習しないと」、と思った時、

「これじゃダメだ」、とネガティブに思うか、

「もっと歌いたい」、とポジティブに思うか、

大きな違いがある。

どちらの感情も体験しながら、

やはり後者の感情が沸いた時が、一番心地よい。

そして、前向きになれる。

『初心を忘れずに。』

とよく言うが、どんな気持ちが初心というのか。(笑)

人それぞれ違うけど、

「歌いたい」と思った気持ちなのか、

人前で歌った時の感動なのか、

人が感動してくれた時の感動なのか、

はたまた、ジャズが楽しいと思った気持ちなのか・・・。

謙虚に「練習しないと」と明確な「練習すべき事」が見えてる時、

実は私はとても幸せを感じる。

私だけではないと思うけど、私は安易に練習の慣れに陥る。

いや、慣れが多いのではないか?と思わされる。

練習の中でのモチベーションを上げて、質を上げるのは難しい。

よく先人は言ったものです。

「百回の練習より、一回の本番」

でもね、百回の練習があってその一回の本番の真価が問われるんですけどね。(笑)

やはりそれには常に歌うこと、歌って感じた事を大切にする事。

そこに私の「初心」がある気がしてる。

謙虚に「発見」していくこと、音楽も自分も全て。

って、ふと思いながら、

こんな事をいつも言ってていいのか?

これって初心なのか?なんて苦笑しちゃうんですけど。^^;

ま、いいっか。(笑)

| |

« やっと来た、給付金通知。 | トップページ | セッションという名の罠 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
世阿弥、10年位前に読んだ事があります。「芸事
」をされる方には大変読み応えのある本でした。人生で言ったら「悟り」のような感じもします。(笑)

常に「その時」に感じたものが芸の肥やしと言うことでしょうね。
ま、私の自問は世阿弥様で言えば、全て「初心」であり、全てが「初心不可忘」なのでしょうね。(笑)

音楽と向き合いながら、時に落とし所のない、感情というものがあります。
ま、そんな事を吐露したんですけどね。(笑)
それは、修行僧の「悟り」に辿りつく過渡期のような、苦行にも似ています。アハハ。

また、世阿弥が読みたくなりました。
ありがとうございます。

投稿: しなぞう。 | 2009年11月 8日 (日) 06時23分

こんばんわ。初心忘れるべからずという世阿弥(能の)の言葉を調べようと検索していてこのブログにたどり着きました。世阿弥が花鏡という著作に書いた初心の意味は、現在使われている意味とは少し違うようです。でも芸事のすべてに通じる解説がなされているように思います。
検索して調べた芸術文化振興財団のWEBに世阿弥の言葉の解説がありました。どうお感じになるでしょうか?
http://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/edc9/zeami/gyouseki/kakyou_details.html
それでは歌、がんばってくださいね!

投稿: mori | 2009年11月 8日 (日) 00時25分

北海道に行ってらっしゃったんですか!
陽気はいかがでしたか?
朝晩はまだ寒いですかね?
これからが桜で、つつじですね。

投稿: しなぞう。 | 2009年4月21日 (火) 12時04分

今日、北海道から帰ってきました。
ブログを見ていて「帰りたい」との一言に心打たれるものが・・・。
小学校が建てかえになり見てきましたが、校舎だけでなく体育館も変わり、プールはなくなり、自分が通っていた頃のものは・・・。
街中もシャッター通りになり、人口も若者のは少なくこのまま街が消えそうな気がします。
そんな街でも帰るとほっとするのは、故郷だからでしょうね。
柄に合わないですねヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
じゃがポックル、ゲットしたのでお楽しみに

投稿: ARA高橋 | 2009年4月20日 (月) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初心:

« やっと来た、給付金通知。 | トップページ | セッションという名の罠 »