« 毎日のカレー | トップページ | ロケってました@荒川遊園 »

2月5日の命日

今日、お昼のみのもんたさんの番組を見てました。

号泣してしまったのですが、心揺さぶられてしまいました。

津軽三味線の高橋竹山氏。知りませんでした。

ライブ映像に、、、その演奏に本当に感銘を受けました。

ホロホロと大粒の涙がこぼれてきました。

衝撃に近いです。

竹山さんは、1910年生まれ。

その時代背景を思うと想像を超えますが、「門付け」という言葉を知りませんでした。個々のお宅の前で演奏して(門付け)、ほどこしを受ける。それが生業。生きる為の三味線。勿論、水を掛けられたり、門前払いのシーンもありました。

何とも言えない感情が沸き起こります。

私は、人の人生や何かを比較して、「この人に比べれば、、、」という発想が好きではありません。だって、その人が悩んでる事は、その人にとって今一番辛い事なのに、他人と比較しても解決にはならない、まして、そんな事を言うのは無神経だと思うから。

時に贅沢な悩みと言いたくなるものもありますが、比較はその人やその原因の解明にはなりませんね。でも贅沢な悩みを言う人は大概、本質に気付いてなかったりもしますが。。。(笑)

ただ、人生も音楽も他人の真似など出来ないという事です。その人唯一のものであるはずなんです。どんなに真似たとて、その人にはなれないという事です。だからこそ、自身そのものを磨く必要があるんだと思います。

そして、修行、練習する事。練習なくして手に入らない境地があるんだ、と弟子の高橋竹大さんのサイトでも竹山さんのお言葉を聞く事が出来ました。

あ、いやいや話を戻して、、、

でも、やっぱり竹山さんの演奏を聴いて、その人生を、背景を思わずにはいられないものを感じてしまったのです。いや、演奏からそれが壮絶なものとなって、放たれるという言葉が近いかもしれません。

どんだけ壮絶だったのか、しかも40代で評価されて、更に海外で演奏するのは70代になってからです。そう思ったら、その志は簡単には表現出来ないと感じています。

と、、、感動しまくっておりますが、、、

このウィキュペディアによると、映画もあるみたいで、、、レンタルはしてないだろうな、、、(笑)でも、演奏も映画も機会をみて探してみようと思います。

Youtubeより

喉頭がんで、お声がかすれていますが、貴重な映像が。

http://www.youtube.com/watch?v=XYH1MkzmQA8&feature=related

そう、竹山さんは11年前、1998年2月5日87歳で天命を全うされました。

偉大なる先人に、ご冥福をお祈りします。

| |

« 毎日のカレー | トップページ | ロケってました@荒川遊園 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月5日の命日:

« 毎日のカレー | トップページ | ロケってました@荒川遊園 »