« 久しぶりの刺激、、、っくす。(ダジャレ) | トップページ | 3月に入りましたね。 »

NHK)「RUN」~B’z20年の軌跡~

深夜にNHKでドキュメンタリーを放送してた。

90年代に入って、私は全くj-popもロックも聴かなくなりましたが、B'zは実は好きでした。(笑)ええ、稲葉さんのファンです。アハハ。

いい男ですものね。

B’zはアメリカのロックの殿堂入りもしてますからね、、、二人のバランスのいい素晴らしいバンドです。

でも、この特番を見て、

まずギターの松本さんが言っていた。

作曲が自分で、作詞が稲葉さん。経済的にも50/50である事、色んな事が分業してる事、バランスが取れている、と。

経済的余裕が、今の音楽制作の上での充実を作ったと、明言した。いつでも制作出来る録音スタジオがあるのは大きい。音楽への更なる投資が違うと。

稲葉さんは、やっぱり現在の体の作り方を見て、納得しました。'04年初めに喉を痛めたらしい。声帯に水ぶくれ(ポリープではないらしい)が出来て、声が出なくなり手術したそうだ。

やはり、ステージ後は喉が嗄れているらしい。ドクターからのアドバイス。そんなものも映していた。そこから、ケアが始まって、常にリハ室にも大量の加湿器。医療用の吸入機も常備。マラソンに個人トレーナーのマッサージ。酒は飲まず、飲み物には氷は入れない。スタジオでも喉にいいハーブティーを常備。夏でも温野菜の食事。体を冷やさないようにしてるらしい。

甲斐バンドの甲斐よしひろさんも、朝の生演奏の日、一泳ぎしてきたって言ってた。日課らしいけど、やっぱり心構えが違うな、と思うし、ちゃんとやってるな、と声や歌で分かる。

話戻って・・・(笑)

私もサラダなど冷野菜は食べない。365日首にはスカーフ、寝る時はタオルを巻く。最近はうがいの頻度を増やした。寝る前、寝起きに重点を置いている。寝てる間に乾燥するのが良くないのと、口内に細菌を増やすらしい。寝起き一番は効果あるらしい。アナウンサーもやる方法とも聞いてる。

そして、今だから書くと、夜店の仕事を去年で辞めた。酒漬けの日々はシンガーの体を完全に壊す。そう思った。そして、不毛だな、と思い始めた。色んな世界を、社会を見た事は大変勉強になったけど、この先この様なシステムの中で歌っていくことに疑問があった。そこにも音楽があり、生きる世界がある。でも、私は疑問があったし、どんどん大きくなっていた。一番は、体がもたなくなっていた・・・。

酒も嫌いになっていってた。

辞めてよかった、と思っている。生活は大変になったけど。

本当の意味で、歌で生きていくという事を考えたし、一つの答えは見えてる。それを実行し結果を出す事に集中したいと決断したのだ。

稲葉さんはインタビューで言っていた。「自分が納得する事をすること。結果はその後についてくるんじゃないかな。」みんな、そうみんなそう思ってやってるのだ。

だから、今の私の「結果」とは、「自分が納得するまで練習して、納得いくパフォーマンスをする」という事だ。そこに集中したいし、それが伴奏者との信頼やコミュニケーションを生むのだ。

そのハーモニックが、聴衆へ伝わるのだ。

また、話を番組に戻して・・・

一見、稲葉さん、ストイックに見えるが、やっぱりシンガーは体力勝負だ。そして、あれだけのステージを3時間のステージをドーム2階席の奥のお客様まで楽しませるための、プロの仕事なのかもしれない。

インタビューで「稲葉さんは、アーティストですかミュージシャンですか?」という問いに、「どちらでもないですね。そういう感覚ではないですね。B'zのシンガーです。」だった。

カッコよすぎる。(笑)

私は、こうしてblogで書くなり、何かを発信したいと思ってるから、やはり表現者でありたいし、歌いたいと思ってるからシンガーだし。と思ってる。

実に、2人のインタビューやリハの映像や楽屋の姿など、NHKという事もあって落ち着いた感じですが、それだけでなく大人な二人だと思った。

課せられたB'zというバンドの使命に、焦らずともプレッシャーも感じつつも向き合ってるって感じ。

改めて、ファンになりますね。刺激を受けました。

私も、次のステージで、そんな心意気を自覚して立ちたいと思います。

頑張るよっ。

| |

« 久しぶりの刺激、、、っくす。(ダジャレ) | トップページ | 3月に入りましたね。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK)「RUN」~B’z20年の軌跡~:

« 久しぶりの刺激、、、っくす。(ダジャレ) | トップページ | 3月に入りましたね。 »