« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

NHK)「RUN」~B’z20年の軌跡~

深夜にNHKでドキュメンタリーを放送してた。

90年代に入って、私は全くj-popもロックも聴かなくなりましたが、B'zは実は好きでした。(笑)ええ、稲葉さんのファンです。アハハ。

いい男ですものね。

B’zはアメリカのロックの殿堂入りもしてますからね、、、二人のバランスのいい素晴らしいバンドです。

でも、この特番を見て、

まずギターの松本さんが言っていた。

作曲が自分で、作詞が稲葉さん。経済的にも50/50である事、色んな事が分業してる事、バランスが取れている、と。

経済的余裕が、今の音楽制作の上での充実を作ったと、明言した。いつでも制作出来る録音スタジオがあるのは大きい。音楽への更なる投資が違うと。

稲葉さんは、やっぱり現在の体の作り方を見て、納得しました。'04年初めに喉を痛めたらしい。声帯に水ぶくれ(ポリープではないらしい)が出来て、声が出なくなり手術したそうだ。

やはり、ステージ後は喉が嗄れているらしい。ドクターからのアドバイス。そんなものも映していた。そこから、ケアが始まって、常にリハ室にも大量の加湿器。医療用の吸入機も常備。マラソンに個人トレーナーのマッサージ。酒は飲まず、飲み物には氷は入れない。スタジオでも喉にいいハーブティーを常備。夏でも温野菜の食事。体を冷やさないようにしてるらしい。

甲斐バンドの甲斐よしひろさんも、朝の生演奏の日、一泳ぎしてきたって言ってた。日課らしいけど、やっぱり心構えが違うな、と思うし、ちゃんとやってるな、と声や歌で分かる。

話戻って・・・(笑)

私もサラダなど冷野菜は食べない。365日首にはスカーフ、寝る時はタオルを巻く。最近はうがいの頻度を増やした。寝る前、寝起きに重点を置いている。寝てる間に乾燥するのが良くないのと、口内に細菌を増やすらしい。寝起き一番は効果あるらしい。アナウンサーもやる方法とも聞いてる。

そして、今だから書くと、夜店の仕事を去年で辞めた。酒漬けの日々はシンガーの体を完全に壊す。そう思った。そして、不毛だな、と思い始めた。色んな世界を、社会を見た事は大変勉強になったけど、この先この様なシステムの中で歌っていくことに疑問があった。そこにも音楽があり、生きる世界がある。でも、私は疑問があったし、どんどん大きくなっていた。一番は、体がもたなくなっていた・・・。

酒も嫌いになっていってた。

辞めてよかった、と思っている。生活は大変になったけど。

本当の意味で、歌で生きていくという事を考えたし、一つの答えは見えてる。それを実行し結果を出す事に集中したいと決断したのだ。

稲葉さんはインタビューで言っていた。「自分が納得する事をすること。結果はその後についてくるんじゃないかな。」みんな、そうみんなそう思ってやってるのだ。

だから、今の私の「結果」とは、「自分が納得するまで練習して、納得いくパフォーマンスをする」という事だ。そこに集中したいし、それが伴奏者との信頼やコミュニケーションを生むのだ。

そのハーモニックが、聴衆へ伝わるのだ。

また、話を番組に戻して・・・

一見、稲葉さん、ストイックに見えるが、やっぱりシンガーは体力勝負だ。そして、あれだけのステージを3時間のステージをドーム2階席の奥のお客様まで楽しませるための、プロの仕事なのかもしれない。

インタビューで「稲葉さんは、アーティストですかミュージシャンですか?」という問いに、「どちらでもないですね。そういう感覚ではないですね。B'zのシンガーです。」だった。

カッコよすぎる。(笑)

私は、こうしてblogで書くなり、何かを発信したいと思ってるから、やはり表現者でありたいし、歌いたいと思ってるからシンガーだし。と思ってる。

実に、2人のインタビューやリハの映像や楽屋の姿など、NHKという事もあって落ち着いた感じですが、それだけでなく大人な二人だと思った。

課せられたB'zというバンドの使命に、焦らずともプレッシャーも感じつつも向き合ってるって感じ。

改めて、ファンになりますね。刺激を受けました。

私も、次のステージで、そんな心意気を自覚して立ちたいと思います。

頑張るよっ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの刺激、、、っくす。(ダジャレ)

ついにタイトルまで、オヤジギャグになった、

しなぞう。です。

でも、今日の内容は、グチャグチャ、グルグル、グデグデです。

。。。。

え~。。。久しぶりに、inspireされました、

jazz vocalist Charon Clark

やっぱり、私は無いものねだり。(笑)

骨格も肉体も声帯も全く180度違います。

でも、とてつもなく、こっち系(どっち?)に惹かれます。

真似ても仕方ありませんが、出来る事ややりたい事を取り入れてみたいと思います。単純にフェイクを真似るという事ではなく、もっと深い部分で理解したいものです。

それにはやはり、愚図な私は時間がかかります。

何事も理解(許容・享受)するには、2パターンあると思います。

●好きだから、受け入れる

●好きじゃないけど、理解出来るから、受け入れる

「好き」という直感が鋭い分、その部分で嘘がつけません。但し、自分の力量で理解し得ないものを「嫌い」としてしまうのは、危険だと思っています。でも、理解出来なければ、今の自分ではいずれにせよ耳には入らず、習得出来ないという事です。

時が経ち、あの演奏があの歌が細分化されるごとく、理解出来ることや感動する事もあります。決して、自分の解像度が増しただけでなく、人は常に変化をしてる中で出会っていくものもあるのだ、と歳を取ると物分りだけはよくなります。(笑)

ふふっ。

でも、理解し得ないと判断した時、、、

ちょっと悔しいですね、自分に。苦い思いがします。

嫌いでもわかんなくても、理屈であろうと理解したいと思う事が沢山あります。そうすれば世の中、もっと人に優しく、社会は変わる。自分も色々と吸収出来ると思う時がある。

でも、そこに悔やみすぎたり、固執するのは逆に自分を狭めると、最近の私はニュートラル。

いつしか、最近悔し涙を流した事ないな、、、

とちょっと思った。

何かに怯え、自身で作ったハードルがある様な気がしてる。

「何か」、、、うん分かっているんです。私。(笑)

怯え、、、なのかな、やっぱり・・・。

・・・・・・・・・・

先日、あっちの方とこっちの方と(笑)なんて打合せをして、色々思ったんですよ。(笑)久しぶりにあった関係者の方と話してて、もう10年来の方で、でもその方の別の私的な活動なんか聞いて、人に歴史ありだな、、、とかね。

その方が言ってた。

「今の自分に出来る範囲で、社会へ還元を」って。

なんか、あの「夢をかなえるゾウ」の話に似てんな~とか思いつつ。(笑)

自分一人では何も出来ないな、と思いつつ、

いい大人の男たちを動かしながら、なんか創造してみる。

前にもそうやって人のビジネスの手伝いをしたけど、

今度は自分がその中心でなくてはならない。

一体、自分に何が出来るというのだろうか?

そんな事を自問自答する。

他力本願ではいけない。と再び自分の甘さを感じる。

本当に求める、現実の本当の実態へ、、、

私は挑むしかない。

その為に、眠れないほどの悔し涙を私は泣かないと。

それより、今の実生活の中で、眠れないほど、現実の方が

実はシリアスだった。(笑)

でも、、、こっちが片付いたら、、、とかそういう事でないという事が分かってきた。やはり現実も色んな社会も複合してるのだ。それに、その現実でも泣かなくなった。(笑)だから、やっぱり次へ進まないと。

・・・・・・・・

そう思ったら??(笑)、無償に「おしるこ」が食べたくなり、

コンビニで小豆を大量に購入し、餅を買い、

半日水に浸し、1時間煮て、たらふく食った。

太るな、、、(笑)それも腹だけ。けけけ。

「おはぎ」も主食に出来るほど、私は小豆が大好き。

母の作るおはぎは、デカかった。(笑)

よく、「甘くないおはぎ、作って」と甘さ控えめなのを

いい大人になっても、実家へ帰る時わがままを言った。

最近、母の事をよく考える。

親へ、いくつ感謝を言えるかな、、、とか数えてる。

あの時、お母さんがしてくれた事、

内緒ね、ってお願いして約束守ってくれた事、

自分の為にしてくれた、あの事、、、

そんな風に数えてる自分がいます。

母の終末が近いのかな、、、よくわかんないけど。

親に感謝出来て、一人前な気がしてきてね、最近。

今日は、実は母の誕生日。

・・・・・・・・

もう一つ、ダラダラとゴシップネタを書こうかな。(笑)

芸能ニュースなんてどうでもいいんだけど、

「スピード婚」ニュースに若干驚き、

DVだったという関係性が、打破された新しい関係である事を願ってる。

このニュースを見ながら、

私は「How do you keep the music playing?」の曲が思い出された。

ミッシェル・ルグランの歌詞の深い、素敵な曲です。

「色んな事を乗り越えて、互いに育むことができれば、共に分かつ音楽は不滅である」という歌詞でね、、、なんかリフレインしてるの。(笑)

あなたは、

20年越しの愛は存在すると思いますか?

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

音感トレーニング(2)

さて、音感トレーニングの続きですが、

案外、母音の発音って難しいという事だ。

予定調和でない音階へ移動してるうちに、

「あ」は、「は」

「い」は、「ひ」に聞こえる。

ってことは、母音の強さを出してない事になる。

要するに、空気が漏れてるんですね。

腹筋の使い方という言い方が正しいか・・・

体の使い方もありそうです。

教本は、ドイツ語・イタリア語の音名で練習ですが、

私は、日本語の母音と、

英語で使う音(言葉の音っていうか)を使用するのが

ベターと考えています。

la:舌を上あごにつける動き

ma:唇の開閉による発音

なども基本中の基本。

実は、発声、基本練習って本当に大切ですね。

さ、頑張りましょ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

音感トレーニング

久しぶりにシンガーらしいblogに戻ろうかしら。(笑)

最近、再び「コールユーブンゲン」をやっている。

音大生や声楽の人は、ピアノのハノンのごとく、練習する初歩的教本。ミュンヘン音楽学校の練習書として19世紀からある練習法らしいんだがね。(笑)

改めて前書きを読んで、納得するやら、まだ体に馴染まない理論もあるやらで、疑問を感じつつも、なんか楽しんでやっている。

<序章>(要約・抜粋)

●合唱は、生徒として音楽的に考えさすこと、旋律的進行、節奏(リズム)、音程、和音、等を楽器の力を借りずに表現させる練習となるべき。

●耳と耳とを発達させればそれでよい。

●リズムと音程との力を、同時に平行して発達させる。多くの人には、節奏を力強く表現することを学ぶよりも、四度と三度を区別することを学ぶ方が遥かに速やかに容易である。節奏上の心持に欠点を有しながら、よい耳を持っている人よりも、調子に欠点があっても、よい節奏上の観念を持っている方がよい。

●だから、その節奏の根本的訓練に注意を払うべき。

●「歌う練習を歌わせる」前に、「歌う練習を節奏的に読ませる」こと。

●そうすれば、歌う練習を始める前に、既に節奏的に確かであり、的確な音程をとるために全注意を集中し得るからである。

●音程練習や和音の練習は、すべて楽器の助けなしに行うべきである。

(1875年著)

・・・・・・・・・・

なんか、分かりにくいのですが(笑)、

唱(うた)は、やはり自分の発した、他者が発した音に対して、耳での認識が大切なのだ、と感じる。

だから、その音を出すという作業は、楽器では有り得ない作業で、押せば吹けばその音程が出るというものでは無い為、重要な機能なのだ。

先日TVで、以前にも書籍で読んだ事あるのですが、音楽が普及した背景にはピアノという楽器に共通言語の如く、今の音階(平均律)をいうものに統一した事にある。

日本の雅楽や三味線のように平均律にない音程がある。小唄とか長唄もそうですが、耳で歌うものは、正に音階の世界ではない。

話を戻して、、、

次に注目したのは、節奏(リズム)が確かである事が前提に、歌う時音程(ピッチ)に集中すべし。という事と解釈するならば、これは非常に同感するものであり、事実、自分が歌いながら実感する部分でもあります。

この節奏上の同調が他のメンバーと成しえないと、音楽が成立しないと言ってもいい。私もそこを重要視している。

よりシンガーに必要な資質と言えます。

改めて、読みながら、苦笑しました。勉強になるね~。

今自分が行ってるトレーニング方法や、感じてる事は、いい方向性であると思っている。

・・・・・・・

で、実際に練習をするのですが、これが結構ボロボロで、練習で既に喉がいい感じに疲労してしまって、、、あらら、危ない、危ない。

ランダムに動く音階への認識度の甘さが出ます。(言ってる事、分かるかしら?(笑))

でも、「強い喉」へのヒントがあります。

声帯は筋肉ではないので、痛めてしまうと二度と回復しません。

弁の様になっていて、その弁がふさがりが悪いとガサガサの声になります。それを補うには、声帯の周りの筋肉を使うのですが、より軟らかくその筋肉を使う事がヒントかもしれないとも思っています。

強い喉というよりも、これは音程に対するアプローチをどこまで技術的にこなせるか、という物理的な事、肉体的な事とも連動してると思っていて、、、、

コールユーブンゲンで改めて、可能性を見つめたのでした。

・・・・・・・

そんな「強い喉」のエラ・フィッツジェラルドの映像。

「It don't mean a thing」のレコーディング風景。

このまんまの音源を聴いてましたが、映像があるとは感動。

この高低音を自在に、微動だしない体のこなし方、、、

絶対、名前だけに、エラ呼吸してまんねん、きっと。(笑)

なんだ、そのオチ・・・・(沈)

どうぞ、ご覧下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=rG71yD8UUbE

たまには、真面目に音楽を語らないと。なんつって。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

モっくんから、本木、そして・・・Mr. Motoki

一昨日のアカデミー賞、連日のトップニュースでした。

「おくりびと」おめでとうございます。

テーマがテーマだけに劇場へまだ足を運んでおりません。

映画「お葬式」のような、ちょっとシュール、ちょっとコミカル、そんな想像もされますが、モっくんの「シコふんじゃった」も最高の映画で、きっとモっくんはいい演技してるんだろうな、と想像されます。

モっくんは、いい男。(笑)

1991年、世の中はバブル崩壊なのに、まだまだアゲアゲな時代。

雑誌「anan」で、モっくんの全裸が載りました。

特集は、「H」できれいになる。・・・・いやぁ~90年ですね。

当時、社会現象で(笑)、店頭から完売店続出。

「見た~~い」「売ってな~~~い」と騒ぎ、

私も親友が買っといてくれた程でした。けけけ。

そして、私は今だその雑誌を保存しています。

しかも、今と顔が変わってないの!

(今がすごいってことですね。)

本当に美しい肉体で、過剰に鍛えた感じではなく、程よく締まった肉体。上半身と下半身のバランスがよく、絵になるのです。Gactさんも美しいですが、そういった造形美とは違って、健康的で健全美って感じですかね。

ギリギリの露出度に姉と「これはリアルなのか?」(・・・何が?)と激論になった次第です。あっはっは。

アイドルからの見事な転身。

噂では、最近は世俗からかけ離れ、家に引きこもってるって聞きますが・・・・

今だ、男っぷりは健在で、若くいい男ですね。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

越智順子さんのライブ音源

昨年7月お亡くなりになりましたが、

越智順子さんのSometime@吉祥寺・東京(2007年)でのライブがCD化されることになったようです。イエ~イ

「Live at Sometime」(2009/3/6リリース)

ちょっとだけ試聴出来ます。

pf)ユキアリマサさんってのも、最高な組み合わせ。

聴きたい曲も多く、早速予約しました。

後悔なんてしない私も、彼女に関しては、

もっと聴いておけばよかった、、、強く思います。

いつかもっと聴ける、そう思っていたから。

後悔しないように、

「やるか、やらないか」と悩んだら、

「やる」こと。

ですね。

今朝のワイドショーでそんな事言ってたな。(笑)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の、、、最後のぉ~。。。この部位(笑)

体のぜい肉は、心のぜい肉。

部屋の汚れ、心の汚れ。

とは、よく言ったもので、

本当にそう思う。

でもですね、、、

このあと一歩のその微妙な、でも気になる「お肉ちゃん」は、

取れない。

取れなくていい部分はどんどん落ちる。

違うだろっ、そこやない。

と言っても、この最後のこの微量が落ちないのだ。

でもってウエストなんてもんを計測してみると、

数値では全く落ちてないの。

くびれない、、、、

今更ながら、、、コアリズムなら効果あるかしらん

そういえば、知人からもらったブートキャンプは、、、

遠い昔ですね。アハハ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

全てはお見通し。

出来るだけ、現状が快適である様に、

気持ちでも、環境面においても前向きにいるのですが、

それでも、どうにもままならぬ事もあるもので、

本当に上げれぬ根を上げそうになります。

でも、そんな時は必ずその裏には、好機が潜んでいる。

視点を変えれば、世界は180度変わる。

充電と思って巡った環境も、

神はそうは私には与えていないようだった。(笑)

おみくじで、「学は、多きにあらず」と書かれていた。

そうなのだ。

今の環境に甘んじてはいかんと言われているようだ。

現状でなんか横並びに模索してたのですが、

どうもそうではないみたいな空気は感じてた。

うん、

やっぱり違うんだな。

ちょっと甘えがあったな。

って、読んでる方には漠然と抽象的ですね。アハハ。

向上に向かって、立ち向かっていかねばね。

やっぱり、気付いてる事は誤魔化せないんですね。

そろそろ、春の開花がやってくる。。。。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

強い声

ポータブルプレーヤーで歌を聴くと、

より細かい部分の発音や音程などが分かる。

エラ・フィッツジェラルドをいつものごとく聴いていたけど、

やっぱりあの高音の出し方、、、、

改めて、喉強いな、、、なんて思ってしまう。

R&Bシンガーが多い昨今、

エラの様な、歌唱法のシンガーは聴かないな、、、と思った。

上手いシンガーは沢山いるけれど、

ビヨンセとかグラミー賞のジェニファー・ハドソンとか、

でも、エラの様な感じのジャズシンガーは

昨今聞きませんね。

しいて言うなら、ダイアン・リーブスとかでしょうかね、、、

なんか、そんな時代の流れみたいなものも、

ちょっと寂しい気もします。

聴く度にあの高音のアタック、フェイクのアプローチ、

スウィングのリズム感、魅了されますね。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

知人の病気

知人の、3ヶ月前にmixiで、

突然「今病院です」なんて書き込みから始まりました。

多分、脳梗塞か脳血栓か、、、

明け方に体調おかしく、救急車でそのまま入院になったようでした。

かける言葉を失い、

暫く、更新される日記を読みながら、

現在もリハビリの毎日で、会社へ社会復帰出来ないようです。

元々、高血圧だったのは聞いていましたし、

ある飲料水(2ℓ 6000円)とかいうのも

私、以前に頂いた事ありました。

なんかミネラルだったかが多く含まれてて、

確かに、飲料水と違って、硬質な濃縮した水で、

薄めても苦かった。(笑)

気をつけていたのに、外食や酒、不規則な生活と

色んな事が重なったのだと思います。

皆様も、十分ご留意下さいませ。

そして、知人が病室で迎えた誕生日を

小さくお祝いしたいと思います。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

絶対、脳回路がおかしい。

改札を出ようと、

ちょっと焦ったら、

鍵を出そうとした。

。。。。

初めてじゃないんだよね。

オホホ。

玄関を開けようと、

無意識に、

Suicaを出してしまった。

半年前。

・・・・

冗談ではありません。

酔ってもいません。

あかーーーーーーーーーーーっん。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

何か、足りない。。。

最近、忘れるんですよ。

結構気付かないで一日過ぎてたりして。。。

何って、

女性なら分かると思うのですが、

メイクって、なんか決まった順序があって、

顔が仕上がっていくのですが(笑)、

最近、メイクの段取りを変えたんですよ。

アハハ、

何のこっちゃ、って感じですが、

その方が、顔の色味の具合・バランスが自然になる感じがして、

TVでプロのメイクの仕方を見て、

真似たのですが、、、、

これが、、、

忘れる結果となって、、、、

何がって、、、、

まゆ毛ですよ、まゆを描くのを忘れるんですよ。

あ、

でも、私のまゆは自分のまゆがかなりありましから、

描かなくても大丈夫なんですが、

アイシャドーや口紅バッチリでは

まゆが薄い感じでね、、、変では、、、あります。

そのまま、、、

忘れて外出しちゃうんですよ。。。

結構恥ずかしい話ではあります。あ~あ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2/14@ロイヤルパークホテル

なんかバタバタしておりました。

今夜は、バレンタインデー。

男性は結構嫌な日みたいですね。(笑)最近は「逆チョコ」ってのもあるらしくて、、、

ありだと思います!

私、チョコ好きですからね、、、ホワイトデーでお返しがクッキーとかよりも遥かにチョコの方が嬉しかったりします。今、女性が自分へ買う人が多いのは、その証明です。

男性諸君、お返しはチョコでええんですよ!アハハ。

さて、巷は、、、、

バレンタインデー・キッス♪って国生さゆりの曲が流れすぎ。(笑)頭の中でリフレインしてる。アカンって。

Jazzなら、ベタに「My Funny Valentine」でしょ。

なんか時期ものソングになりつつありますな。アハハ。

思いっきり不幸な曲を歌っても分らないだろうに、、、なんつって。

Happyな曲ばかり揃えてお送りしました。

でも、今夜は泥酔者が多く、目の前のお席のお客様が大変な事になって、、、なんとも週末な感じでした。

今夜は久しぶりのpf)出口誠氏、バレンタインですから、地元の美味しいケーキ屋のを持って、賄賂に(笑)弾いて頂きました。おいおい。

今のスタンツでの、パフォーマンスで色々実験的ではありました。

今夜のマイクコンディション、高音が響いて、私の声は高音を抑えて丁度良いのですが、上手く調整出来ず、、、いつもは、音量が小さいのに今夜は大きくて、それが逆に高音をキンキンさせてる感があり、、、私の内心は落ち着かないものでありました。

最近の練習で、高音の音色も変わり、今まで結構声張って最後の盛り上がりを歌ってたある曲が、余裕持って歌える状態になったりしてね、、、高音が短時間でまた伸びております。

だから、過剰に高音がキンキンするのは好まないんですね。Jazzの本来ある中低音が粋に音響となる方が落ち着きます。特にラウンジは。

音響はほんと難しいですね。集中力さえも変えますから。

なんて事を反省しながら、岐路につき・・・

今日は、初夏みたいな陽気でしたね。

ああ、練習もいいけど、ドライブには最高だな、、、高尾山も気持ちいいだろうな、、、とか誘惑満載でしたね。

これから、あと1ヶ月もすると桜が咲き、いい季節になりますね。

2月前半は、音楽のペースダウンしてましたので、後半盛り上げていかなくちゃです。

<今日のカレー>

ビーフカレー。圧力鍋が牛肉をホロホロに。最高っす!!

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーの効果、、、、あると思いますっ。

カレーは脳を活性化する。

そう聞いて3週間、毎日カレーを食しています。

昨年、曲を覚えても、歌詞を覚えても、記憶にとどまらない、、、歌いなれた曲でさえ、歌詞を忘れてる、、、抜け落ちてる。。。とか。

それも記憶の回路が、寸断、分断してる、なんかそんな感覚で、記憶を辿っていかない感じがありました。そうすると、思考する以前なので、思考を止めてしまうんですよ。

これは、恐怖でありました。

あ、頭が悪くなってるな、という感じです。

これはあかん、と本気で思い、暗記、暗算などを日々の中に取り入れ、このカレー食を続けてみたのです。

何となく、記憶回路への通路(シナプス)が活動してるんじゃないでしょうか?(笑)そんな感じです。昨年感じた、全く出てこないって事はなく、手繰り寄せてでも脳が活動して、記憶が出てくる、、、脳の活動が戻ってきた気がします。

これは、カレーだけでなく、複合的ではありますが、意図としては正しいのでは?と中間発表であります。(笑)エヘヘ。

脳は使え、

体は動かせ、

心は感じろ。

そんな原始的な事の本当の意味を感じるこの頃です。

この話の続きは、明日。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

しなぞう。も、、、ゾウ?

TV番組内のコーナーにアニメ「夢をかなえるゾウ」がある。

http://www.tbs.co.jp/anime/yumezou/

以前、ドラマをやってたみたいで、本のベストセラーですが、それ以上にこのゾウの神様の吹き替え声が鶴瓶さんで、最高に胡散臭く(笑)、ええ加減な感じがたまりませんっ。

前回は、

運が悪いと思っても、運がいいと思え

エジソンさんを引っ張り出してきましたがな、、、くくっ。

結構、これはここ半年くらい、そんな思考でおります。なんか不況で仕事が、、、とか思ったらこれは自分の転換期と思って、新しい事に取り組んでみたり、視点を変える事が次の道を切り開くきっかけになったり、「ピンチがチャンス」と思えるとええですよね。

そうやって所謂世間でいう「成功」した人は多いかと思います。

今回は、

寄付をする

あのNYのロックフェラーセンターの名前になった、ロックフェラーさんの名前が出てきましたが、「On the sunny side of the street」の歌詞にも、1ドルしか無くても、ロックフェラー氏の如く富豪気分で~♪とジャズにも出てきます。

そのロックフェラー氏が富豪になる前から、給与の1割を寄付してた、というエピソードの引用でした。これが、鶴瓶さんの語りが、ゆるいんですわっ。

気負ったらあかんで、自分の幸せよりも人の幸せに思う気持ちやって、ね。でも、そんな教えを説くから、はいワシに!って貯金箱出すんだけどね。アハハ。

この本を読もうかとも思いましたが、私も色々自己啓発とかハウツー本と言われるものを読みましたが、直感的にそれ以上に実践だと思ったので、きっと今後はそうやって実践で結果を出す時期ですね。

社会への還元は、歳を重ねるほどに感じることではあります。

しかし、、、、

なんでゾウだったんでしょうね?(笑)

私もよく「なんで、しなぞう。なんですか?」と聞かれますが、

なんて事はありません、

OL時代に職場のおネエさんが、

誰にでも「ぞう」を付けて呼んでいただけです。ぷぷっ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

90歳の聡明感

先日、TV出演された中曽根元総理を見た。

御歳、90歳だって。

今の政治について、語っておられました。

実に、明朗、闊達。

びっくりした。

聡明であり、弁が立つ。

ああ、政治家らしい政治家だったのだな、、、、と

バリバリ活躍されていた時代をしっかり見ていればと思った。

総理を、選挙で国民が選びたい・・・。

混沌とした時代こそ、本物のリーダー、ヒーローが必要で、そして出てくるはずなのだが、、、

ノッチじゃなくて、日本のオバマ氏はいないのか!?

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2月8日は、

誕生日でした。

1年ってほんと早いですね。

mixiのマイミクさんはじめ、友人・知人から多くのお祝いメールを頂きました。ありがとうございました。

誕生日は、自分にとって大切な記念日。

母と自分が共同体験した、不思議な日。

母の認知症や色んな病状が出て以来、母からの誕生日の電話はなくなりました。

そして、また一つ思うんです。

親って、大きい存在だって。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

注目の一人

先日、やはり朝のワイドショー番組で、

最近朝から生で歌われることが多いですね。

シャンソン歌手・佐々木秀実さん。

実は、男性です。

でもドレスを着てメイクし、見た目は女性。

オネエではないと思うのですが、

雰囲気はまるっきり女性。

そして、28歳とは思えない威風堂々。

渡仏経験もあり、キャリアからも、その実力はお済付き。

阿久悠さんから曲の提供を頂き、それが再リリースしてるみたいだ。

小澤事務所所属のようです。へ~、、、なんてね。(笑)

私、小澤征爾さん好きですから。

TVでは「愛の賛歌」を歌っていました。

多くの歌手が歌ってるし、越路吹雪のイメージも強いところですが、私は幾多のシャンソン歌手のこの歌を聴きましたが、佐々木秀実さんの歌唱・表現好きですね。(笑)強い癖がないからかもしれません。媚びた表現がないからかもしれません。

年齢を超えた、包容力みたいなものも感じます。

その歌の世界観を単に情熱的にとかそういう事ではなくて、ほんと説得力があって、見事であります。ちょっと感動したんですよ。

なんでそんな世界観をしっかり咀嚼し、表現出来るのか?そして人の心に伝えられるのか。。。。と感心しました。ご興味ある方は聴いてみて下さいね。Youtubeにも映像ありましたが、好きじゃない曲だったので、紹介は控えます。(笑)

あ、この人本物だ、、、みたいな。

コメント一つ一つにも歌手としてそれを感じたし、私は何とも言えぬ魅力を感じました。人としても好感を持ちました。

iTunesでは、「聴かせてよ愛の言葉を」が試聴出来ます。

上手いです。(笑)

演者という言葉がぴったり。

ドレスを着るのも、その歌の表現としてフィットしたから、と言ってました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ロケってました@荒川遊園

Photo朝から荒川遊園でした。

初めて、都電荒川線に乗りました。

発進ごとに「チンチン!」って。(笑)

ほのぼの~ぉ。。。

が、しかし、、、今日は、

さ、寒かった。

風が強かった。

今日は、実は親子連れシーンで、主役だったの。(笑)

旦那役は、顔なじみの同じ事務所の方でね、上手な方なので気が楽でした。

私、、、、女優してました。アハハ。

なんだかな、、、しっかり演技あんじゃん。

(聞いてないよ、って事務所からもらう時に日時が可能だと受けちゃうんですけどね。ここまでメインだったんかよ!みたいな、、、)

もう、強風で髪は、バシバシ顔ソバ状態。

子役の子は小学生で、学校より仕事かよっ、と驚きました。

後半は、私の演技数パターン撮りになり、まあ、見事に「こんな感じの動きで、こんな気持ちで、こんな風に、、、」と沢山注文あんじゃん!

と、驚いた。(笑)

「エチカの鏡」、2/22か3/8かと思います。

小芝居してまっせ。あわわ。

どんな感じで放映でしょうか?探してみてください。

さ、歌の練習しよ~っと。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2月5日の命日

今日、お昼のみのもんたさんの番組を見てました。

号泣してしまったのですが、心揺さぶられてしまいました。

津軽三味線の高橋竹山氏。知りませんでした。

ライブ映像に、、、その演奏に本当に感銘を受けました。

ホロホロと大粒の涙がこぼれてきました。

衝撃に近いです。

竹山さんは、1910年生まれ。

その時代背景を思うと想像を超えますが、「門付け」という言葉を知りませんでした。個々のお宅の前で演奏して(門付け)、ほどこしを受ける。それが生業。生きる為の三味線。勿論、水を掛けられたり、門前払いのシーンもありました。

何とも言えない感情が沸き起こります。

私は、人の人生や何かを比較して、「この人に比べれば、、、」という発想が好きではありません。だって、その人が悩んでる事は、その人にとって今一番辛い事なのに、他人と比較しても解決にはならない、まして、そんな事を言うのは無神経だと思うから。

時に贅沢な悩みと言いたくなるものもありますが、比較はその人やその原因の解明にはなりませんね。でも贅沢な悩みを言う人は大概、本質に気付いてなかったりもしますが。。。(笑)

ただ、人生も音楽も他人の真似など出来ないという事です。その人唯一のものであるはずなんです。どんなに真似たとて、その人にはなれないという事です。だからこそ、自身そのものを磨く必要があるんだと思います。

そして、修行、練習する事。練習なくして手に入らない境地があるんだ、と弟子の高橋竹大さんのサイトでも竹山さんのお言葉を聞く事が出来ました。

あ、いやいや話を戻して、、、

でも、やっぱり竹山さんの演奏を聴いて、その人生を、背景を思わずにはいられないものを感じてしまったのです。いや、演奏からそれが壮絶なものとなって、放たれるという言葉が近いかもしれません。

どんだけ壮絶だったのか、しかも40代で評価されて、更に海外で演奏するのは70代になってからです。そう思ったら、その志は簡単には表現出来ないと感じています。

と、、、感動しまくっておりますが、、、

このウィキュペディアによると、映画もあるみたいで、、、レンタルはしてないだろうな、、、(笑)でも、演奏も映画も機会をみて探してみようと思います。

Youtubeより

喉頭がんで、お声がかすれていますが、貴重な映像が。

http://www.youtube.com/watch?v=XYH1MkzmQA8&feature=related

そう、竹山さんは11年前、1998年2月5日87歳で天命を全うされました。

偉大なる先人に、ご冥福をお祈りします。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日のカレー

毎日カレーを食しています。

脳の活性化に良いと聞いて頑張ってます。

ま、効果の程はまだわかりません。アハハ。

さて、私は簡単なチキンカレーが定番なのですが、

この圧力鍋を使うと骨付きモモ肉がオススメです。

ホロホロと肉が取れ食べやすく、ジャガイモも玉ねぎも形状がなくなる程溶け込みます。ほんと美味しいです。

で、今回は、豚肉カレーを作りました。

でも圧力鍋では仕込まず、焼いて後入れです。ジャガイモの代わりにサツマイモ。これ、絶品です。サツマイモの食感と甘さが辛めのカレーとマッチします。

イチローは、毎日同じカレーと聞きますが、私はダメだ。(笑)飽きるというより他のバリエーションを楽しみたくなります。ほほほ。

インド人のびっくり、よく食べてます。( ̄▽ ̄)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

私の意志は固かった・・・。

今日は節分ですね。

某神社も警視庁の警官、婦警さんが豆まきしてました。

実は、初めて見ました。

そして、どこでも恵方巻を売ってましたね。

道産子の私は、この恵方巻を知りませんでした。

我が家がその習慣が無かったのか?

北海道にその文化が無かったのか?不明です。

でも、学校でもそんな話聞いた事ないな、、、、

面白いと思う事、未だ色々あります。

あ、因みに、、、

ウィキペディアで調べてみた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%B5%E6%96%B9%E5%B7%BB

やっぱり、関西方面なのですね。

それに、大阪で復活もここ30年余りの話なのですね、、、

そうか、やっぱり北海道にはない文化という事で、

私的には、すっきり。(笑)アハハ。

さて、今夜久しぶりに音楽関係者某氏と打合せ。

そうしたら、話に出てきた某シンガーが、

ガラス張りの店の壁を覗いてるではないかっ!

世の中、ほんと摩訶不思議。

余り体調良くなかったみたいなのに、

見つけて足を止めたみたい。いい人だ。(笑)

某氏は相変わらず、酔っ払い。(笑)

でも、私は、決めた事なので、節制しました。

ええ、酒をっ!!!

なんか、自分がシラフってつまんな~~~いっ。(笑)

仕方ない、、、、全ては音楽のため。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

やって参りましたっ、この時期が!

と言えば、色々あるんですが、、、(笑)

確定申告っすよ。

が、しかーーーーーーーっし、

今年の私は、少しずつ1年溜まったレシートを整理して帳簿作成始めました。ちょっと気が楽になっています。アハハ。

ほんとね、2月末まで延ばすと大変な事になります。きっちり経費を計上すべく、今年はいつもグデグデな私も気合の取り組みです。偉い偉い、嗚呼、自画自賛。

さて、

今頃になって、参拝しておみくじを引いてきました。

今年のお言葉を頂きに。

ここ2年、実は大吉だったんです。気分的にはいいんですが、でも、大切なのはそこに書かれたアドバイスが問題なので、どこまでその言葉を糧にして頑張ったか、、、と思ったりします。

で、今年はそんな良いくじではありませんでした。

でも、書かれた言葉が実に正しく、自分次第だと感じたので、より実感出来るのでは?と期待しています。

所謂、占術的に言えば1年は節分から始まるらしいものね。

さ、インフルエンザにかからないように気をつけて、最後の冬の寒さをしのぎましょ!

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

(炊飯学)土鍋vs圧力鍋

やっぱり、色々やってみて美味しいご飯は、

土鍋という結論でした。(笑)

圧力鍋は、もちもち感はありますが、ホクホク感が出にくいです。ただ、雑穀を混ぜある程度の合数を炊いたら、旨かったです。

でも。。。。

やっぱり、私は土鍋の何とも自分の勘のような、感覚で炊く感じが性に合っています。沸騰具合、水分の抜け具合など。正に、さじ加減ってやつです。調理とはその加減がその人のセンスが出ると思ってるんですが。

何よりも、、、ホクホク感、最後の蒸らしは土鍋に限ります。

で、近所の瀬戸物屋?(いまどき言いませんか・・・。)なんか売ってる店があって、そこで炊飯専用土鍋が可愛く、手頃な価格でありました。

でも、、、

ネットで調べたら、伊賀焼きの「かまどさん」がちょっとブームで有名だってんですよ。TVでも紹介してて、なんてタイムリーなっ!

で、やっぱり土鍋は何個も買うものではないから、「かまどさん」を買おうか、と思ってはいるのですが、、、

土鍋に1万円です。(笑)

誰か、買ってっ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出の一曲

最近ふと耳にした曲で、

「もうひとつの土曜日」浜田省吾がかかって、

思わず、昔の思い出が蘇り、トリップしてしまいました。

http://jp.youtube.com/watch?v=XRt54MlAMR8&feature=related

20代前半、高校の同級生とよくカラオケしてまして、

その同級生と実は同級生のお兄さんとお兄さんの同級生と

よく4人でカラオケしてました。

そう、よく遊んでいました。

そして、このお兄さんがこの浜田省吾をよく歌っていたの。(笑)

それも、よく似てたの歌声が。

歌ってるお兄さんの横顔を見ながら、なんかそんな恋愛してんのかな~?とか思いながらね、面白かったんだよね。

そのお兄さん、デザインの仕事してて、某歌手のアルバムのジャケットで毛筆での文字が欲しいって書いた事ありました。でも、結局私の欲の出た文字より、スタッフが書いた字が収まりよく(笑)、ボツになりました。

あぁ、そんな事も思い出したわっ。

この頃の歌詞って、小田和正さんの曲もそうだけど、

シンプルで、なんか切なさがあって曲も聴き心地良くてね、、、

あの頃沢山感じてた「思い」みたいなものを彷彿させて、

懐かしくもあり、恥ずかしくもあり、ですね。

なんか、時々思い出す事をこれから回想録として、

書いてみようかと思っています。

と、去年から考えていたのですが、でも赤裸々なのもいかがとも思うので、家族の事とか書きたいけど、変な迷惑がかかるのも問題あるのでね、、、言葉や内容を選んでしまいますが、、、

気がむいたら、、、ね。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »