« 都会の珍風景 | トップページ | ライブ鑑賞と新調衣装 »

自分の音楽を思考する

楽譜のコピーをした。

課題曲を選曲してはまとめてコピーをするもの、

書いた楽譜の複数部コピーするもの。

面倒で半年くらい、放っておいた。(笑)

コピーが1cmになった。

溜めすぎた、、、アハハ。

15日(土)のライブで何をやろうか?とあれこれ考えては、プランがまとまらず、ちょっとイライラしたりして。。。

でも何となく形が見えてきました。ほっ。

ライブにはコンセプトが必要です。より具体的であったり、伝えたいものがはっきりしていると、やはり伝わるものが違います。

そんな事をより深く考えて、来年への抱負を詰めていました。

「内観」ってやつですね。

「私が私らしく」という事が大切ですが、「私って何?」って事がまず起こって、「それって何?」って事が出てきて、「どうしたいの?」って事が引き出され、「何をする」ってとこへ導くわけですが、、、それを音楽で歌で表現するんですが、より個性的でなければ人との違いは見えません。奇抜という事ではなくてね。

このところ、集中して思考続けていました。

私の中のものがつながり、ちょっとだけ見えてきました。

多分、間違ってなく、その表現方法を選択する必要があるでしょう。

でも、何となくその発見は「充実した内観」だった気がします。

こんな事やれないか?と試していたら、感動して泣けてきました。(笑)

でも、自分が感動するものはダメなんですよ。

って変な言い方ですが、自分が先に泣く感動は、視聴者には感動レベルにはいかないんですよ。自分が先に悦に入るのはダメなんです。歌う人はどこか冷静な部分が必要なんです。だから、高い集中力を持って表現する事の方が、聴いてる人が深い部分で感じ、感動する、というの表現が正しい気がします。

感情的な事を歌手が感情的のみでは、視聴者に感動してはもらえない気がします。

そんな事が出来るのは、美空ひばりの「悲しい酒」くらいなもんです。(笑)なんで、泣きながら声質が変わらず、歌えるんだっ。おそるべし・・・。

まあ、勝手に感動して泣きながら歌って(笑)、人前では冷静に歌い、思いを伝えたいですね。そんな曲、、、実は結構あるんですよ。

| |

« 都会の珍風景 | トップページ | ライブ鑑賞と新調衣装 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の音楽を思考する:

« 都会の珍風景 | トップページ | ライブ鑑賞と新調衣装 »