« ★ミーティング&セミナー★ | トップページ | ●夏の昆虫と一緒● »

●ご飯へのこだわり●

今の私の炊飯方法は、徐々に極みに近づいております。(笑)ほんとか?

どうもご飯はおいしくないと食欲が沸きません。

元々大食ではないので、ご飯の食感はキーなのです。

だから、実は玄米や五穀米なども実は美味しいと思えず、自宅ではやりません。

(磨ぎ方)

まず最初に浸かるお水が一番吸収しますので、おいしいお水で磨ぐのがポイント。磨ぎ水は観葉植物へ。無駄にはしません。

今は精米技術もしっかりしてるので、汚れを簡単に取るくらいで、水はむしろ白いまま吸水時間に入ります。

(吸水)

30分は置く、とは言いますが、米の旨味を最大に出すには2時間ですって。(笑)それ以上でも数値としては出ないそうです。可能な限り、私は吸水させるべく、時間を置いております。自宅でトレーニングの合間に洗米だけ、、、なんてよくやります。(笑)

(炊飯)

いよいよ炊飯ですが、前は吸水時にはちみつとお酒を入れていたのですが、今は炊飯時お水を代えて新しいお水で炊いています。つい先日、TVでお水を代えるといい、と言っていて実行しました。そして、古米などを新米の様にもちもち感を出すにははちみつを入れるのですが、私は好んでいつもはちみつを入れています。

お酒を加えて、臭みが消えます。

土鍋へ。。。。

土鍋は「面倒でしょ?」って聞かれるのですが、火力の調整は調理時に同時に行っているので、気になりませんし、むしろ炊飯器より早く仕上がります。

蓋がカタカタといい始めたら、火力を小火に変えます。そうすると、蓋が余熱で沸騰しガタガタいいます。そのまま、水分がなくなり、蓋がカタカタ言わなくなったら、火を消します。

私は、どちらかと言うと余熱で水分を取りたいので、消火は早いです。土鍋は余熱ですぐ焦げます。

(むらし)

5分くらいは置いて、混ぜてみると、香りいいホクホクなお米が出来ています。お水が命のお米ですね。

日本のお米文化でんな~。。。

| |

« ★ミーティング&セミナー★ | トップページ | ●夏の昆虫と一緒● »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●ご飯へのこだわり●:

« ★ミーティング&セミナー★ | トップページ | ●夏の昆虫と一緒● »