« ジュラ紀、氷河期、・・・バブル期? | トップページ | Christmas Day »

燃焼ライブ

今年最後のライブ、@錦糸町「EARLY BIRD」

pf)楠 直孝氏、bs)磯部ヒデキ氏、ds)三科 武史氏

最高でした。(笑)

trioと言えば、私の十八番は「Afro Blue」。ほんと、最高でした。

リハで進行や決めの確認、リズムの確認などして、それだって楽しかったのに化けました。(笑)やっぱり、くっきーはすごかった。この人引き出しが一杯。(笑)そう来るか、、、って気持ちいい裏切りが満載。そこに呼応するベースとドラムのフィット感が抜群でした。

Have Yourself・・・のクリスマスソングで、bs)磯部さんが弓を使っていつにないテイストに酔いしれて始まったセカンドセット。磯部さんのベースは実にアカデミック。エレベも持ってきてくれて、色んなサウンドを演奏下さいました。

ダイアナ・ロスのIf We Hold・・・は、popsだけどオリジナルまんまでは面白くないし、でもそのギリギリのラインを出さないとテイストが崩れる。popsを歌うのは案外難しいと思ってる私ですが、その意味合いを十分に理解してるくっきーは、素晴らしいドラマラスなサウンドをくれました。リハと違う展開になり(笑)、どの曲も4人がその展開を味わい、楽しみ、理解し合い、、、本当に感動しました。

彼の持ってくるドラマラスなものは、実に音楽的で理に適っており、その情緒感に私も知らず知らず感応させられる感じです。だから、自分も出した事のない事、happenningが起こります。すごい事です。

この曲は宗教的なので、普段歌わない「Amazing Grace」。実はリハの流れでくっきーに出だしはアカペラにしましょうって事になって、ノーマイクという初めての試みをしました。でも素晴らしい音楽となり、私もこれならライブで歌ってもいいかな?と思ってしまいました。

歌っているうちに、私の方が感動してMCでそう言いながら、ちょっと泣きそうになりました。最高のメンバーでした。

最後の「Love For Sale」は、常識を覆し、スタート1コーラスをオーナーの小形さんにサックスを吹いてもらい、大いに盛り上がって終わりました。

自分の成長を少し実感し、

素晴らしい音楽にしてくれ、歌わせてくれたメンバーに感謝し、

そんな場所をいつも提供してくれるオーナーに感謝し、

まずはここまで頑張らさせてくれた神に感謝した一夜です。

本当にいい1年の締めくくりが出来たと、次の問題や課題を感じながら熱い闘志を胸に置き、終える事が出来ました。

1st
What Is Thing Called Love
The Chrismas Song
Dindi
Close To You
Afro Blue

2nd
Have Yourself A Little Merry Christmas
My Heart Belongs To Daddy
If We Hold On Together
Moondance
Amazing Grace
Love For Sale

くっきーは相撲好きなので、相撲談義をしてたのだが、私そういえば昔一度だけ相撲部屋へ行った事がある、、、と思い出したのだ、その時扇子にサインを頂き未だ持ってる事も思い出し。。。。。先日も夜店のお客さまがちゃんこを食べに行ってストラップをもらったとかで、私も頂いたんだ、玉海力さんのお店だったんだ。

で、今朝その扇子を見たら、、、玉海力ってサインだった。衝撃の偶然。一人テンション上がってます。(笑)

そして、久しぶりだったので、地元ジャズバーへ立ち寄った。

そうしたら、5年くらい前に某所のジャムセッションで会ったH氏がいるではないか。どうもこの界隈に引っ越してきたらしく、私の事も覚えていてくれたみたいだ。なんという偶然。久しぶりの再会でした。

そして常連ばっかだったので、先日のボディコンの話をしたら皆に失笑を買い(笑)、久しぶりの再会のH氏にも、「何やってるんですか」と言われ。。。(笑)

そうだよな、、、ほんとに私もそう思うよ。アハハ。

クリスマスは少し休暇を頂き掃除もして(笑)、大晦日までみっちり仕事です。

仮締めですが、ライブに足を運んで下さいました皆様本年本当にありがとうございました。本当に幸せな1年、充実した1年でした。来年もより昇華した音楽を歌を歌える様、精進したいと思います。

| |

« ジュラ紀、氷河期、・・・バブル期? | トップページ | Christmas Day »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燃焼ライブ:

« ジュラ紀、氷河期、・・・バブル期? | トップページ | Christmas Day »