« 2007年総評(1) | トップページ | 年末のご挨拶 »

2007年総評(2)

前記に、2005年に設定した目標を、今年クリアしたと書いたが、改めて「具体的数値目標」について考えさせられるものでありました。

ただ、音楽など芸術的な事は数字では計れない部分が往々にしてありますから、目標として設定する場合も、十分留意したい所ではあります。

今年を踏まえて、来年は仕事量や経済面については、より具体的数値設定をしてみるつもりです。頑張ればクリア出来るものをと考えています。ただし、あくまでも仕事量は質も関係してきますから、数ばかりが多くても意味がありません。何を留意すべきか自覚していれば、いい目標設定だと感じています。

そういう意味では、2007年はこの成功例が自信につながり、その目標設定の価値を実感しました。この成功イメージは数年前に読んだ「カリスマ体育教師の常勝教育」(2003年日経BP社・原田 隆史著)の体感といった感じです。この本も私には学びの一冊でした。

成功例は、人生において必要です。(笑)

| |

« 2007年総評(1) | トップページ | 年末のご挨拶 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2007年総評(2):

« 2007年総評(1) | トップページ | 年末のご挨拶 »