« 携帯へダウンロード | トップページ | トンネルを抜けると、、、 »

台風と音楽と訃報

いや~、、、台風ですね。(汗)

9/5、6@代ナルで、jammin'Zebのライブで、バンドメンバーと某所常連さん達(笑)と共に楽しんで来ました。

それぞれにヴィジョンを膨らまし、次につなげてもらえればと願いつつ、私は単純にライブを楽しみました。

歌ものを聴くとき、案外落ち着かないものなのですが(笑)、歌いたくなったり自分もシンガー目線に多分になってしまうのですが、コーラスになると、やはり自分のフィールドと違うのでしっかりライブ鑑賞モード。しかも、バンドメンバーが出演して、、、という感じでもなかったので気楽でした。アハハ。

台風なのに、両日満席の盛況で素晴らしい。お客様も素晴らしい。(笑)楽しかった。

さて連日訃報続き。

①パバロッティ氏

3大テノールのお一人。「King Of High ”C”」の異名を取った方。

ま、それ以上の膨らみがないんですが。アハハ。

結局日本での公演も聴けておりませんしね、、、71歳だったのですね。

ご冥福をお祈ります。

②ナンシー梅木さん

同郷小樽市出身の、唯一オスカー受賞者のナンシー梅木さん。

前月8/28にお亡くなりになっていたようです。

元ジャズシンガー、渡米し、映画出演し、オスカー受賞。その後引退し、LA近郊で住んでいたようです。

半世紀前の雄姿を称え、、、、ご冥福をお祈り致します。

③瀬島龍三氏

元伊藤忠商事会長。老衰で先日お亡くなりになりました。

第二次大戦時、軍人として軍本部中枢にその身を置き、11年のシベリア抑留時代があり、その後伊藤忠勤務、会長就任という経歴。

以前もう何年も前に、トーク番組でその戦時中の軍の政策やらの話をされていたのを覚えています。

それは、渦中の人間が思う、負った重いものだったと記憶します。

また一人、第二次大戦の生き字引が亡くなりました。

「大東亜戦争の実相」(瀬島龍三著)という著書を先日図書館で借りました。

2年前、戦後60年の節目にどうしても靖国神社へ行きたくなり、見てきました。

何か個人で何が出来る訳でもありませんが、改憲高まる中、自分なりの見識を求めたくなったのです。学校での歴史の勉強など、皆無になっていますから・・・。

その時の私の思いは、第二次大戦の発端はパールハーバーからではなく、大東亜戦争が始まり、英国が深く関わっているのだ、という事実認識でした。

だから、何かそんな事を理解出来る本があれば、、、と何気に思っていたら、この訃報から著書にぶち当たりました。

借りてきたばかりなので、本はこれから読んでみます。

瀬島様のご冥福をお祈りして、、、、

さて明日は錦糸町「Lady Bird」(アーリー・バードの姉妹店)で歌います。

こじんまりとした店内にて、洋装でございます。

ピアノとDuo。何やろうか、、、(笑)台風の余韻はあるのか??(笑)

頑張りまする。是非週末の夜を、お越し下さい。

| |

« 携帯へダウンロード | トップページ | トンネルを抜けると、、、 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風と音楽と訃報:

« 携帯へダウンロード | トップページ | トンネルを抜けると、、、 »